ユリアン・ミンツについて語るスレ


31 ななしのよっしん :2016/01/09(土) 18:26:56 ID: zoHWH3xI+V
>>29
ラインハルトなんか見てると世間感覚大事だなと思うけど
ポプランアッテンボロシェーンコップという大物俗物三人組と
世のお父さん代表キャゼルヌに囲まれて一般的認識に欠けるということはないと思うけど

32ななしのよっしん :2016/01/09(土) 20:42:49 ID: fpJJFs9Cez
冷静に見たら、ユリアンがやったことってとてつもないにもほどがあるよな。
指揮官になるまでの、軍公式の功績もむちゃくちゃ。

そして指揮官として、指揮官教育も経験もなしで、寡兵でワーレンを破りラインハルトに…まあお情け試験といえばいえるが、合格してる。

帝国でも新領土でもバーラトでも、神様扱いだろ…

33ななしのよっしん :2016/01/12(火) 14:13:31 ID: ZgSlbla/a5
>>31
ユリアンが接してる人間って「自分やヤンと親しい人間」「自分やヤンを認めてくれる人間」「分かり合う必要のない人間」しかいないと言っても言い過ぎじゃない。
でも民主主義は「決して親しくない(むしろ批判的)けれど、分かって貰わなければならない人間」も大事で、その視点を知る経験がなかったってのは結構大きな欠点だと思う。
(ギリギリでカリンぐらいだけど、あれも結局カリンから歩み寄ったんでユリアンあんまり動いてない)


例えば、八月の新政府って露に世襲独裁制(軍トップの意向で、選挙もなしに、元最高官の家族が要職につく)になっちゃってるけど、あれはユリアン達が「自分達が民主主義してれば問題はないと思ってる」「それを他の人が見たらどう思うのかは考えてない」からなんじゃ、と思うんだよね。
一応非常事態だったから問題は出なかったけど、形だけでも選挙ぐらいしとくべきだったと思う。

34ななしのよっしん :2016/01/12(火) 17:04:46 ID: w900BENyG3
八月の新政府の場合は、緊急時だったのもあるけど
・人工の土地であり要塞内全員が故郷から離れている立場
・俸給代わりの物資、航路の安全保など離脱した場合のマイナスは基本的に
・幹部筆頭だったムライがあえて離脱者を率いる
って特殊条件で「残った人間フレデリカユリアン体制の支持者」って形を立ててるから、またちょっと違うと思うけどね

35ななしのよっしん :2016/01/12(火) 19:23:12 ID: S/4a2YtAmK
八月政府は、イゼルローン共和「政府」であって共和「」じゃないからね
要塞に残ったのは皆軍属(キャゼル一家も含めて)で、
その中でもフレデリカ運営面の、ユリアン軍事面の最高導者って解釈すれば良いんじゃないか

36ななしのよっしん :2016/01/14(木) 04:19:28 ID: AC6VpnMGH1
>>33
もっともだと思う。
政治は再配分だから、民主主義ではどっちも正しい、でも違う価値観の人と競争するっていうのは当然あるはずなんだよね。

銀英伝群像劇の体だけど善悪の二元論にははまってるところもあると思う

37ななしのよっしん :2016/01/15(金) 18:54:18 ID: 4p9Jt7TVvQ
非常事態が常態化したようなもんだけどユリアンが言ってた
「半世紀くらい覚悟しときましょうよ」ほどまでいかなくてもイゼルローンごもりが長期化するようなら選挙はやったと思う

…とは言ってもフレデリカ以外にやりたがるいるかというと…だし信任選挙になりそうだけど

ああでも90万人も人がいて、わざわざ残った連中はそれなりに理想も持ってるだろうし、長期化すれば違った意見持つ人間も出てくるだろうし自分の考えで政治やってみたい人も出てくるかもしれないが

結局イゼルローン体制があれでいいやになったのは特殊条件もさることながら短期間しか要塞に籠らなかったからでは

ゼルローンバーラトの自治政府では時の民主体制に戻していくと思う
それこそハイネセンは10億人も人住んでるんだし当然色んな考えのがいるだろうし


38ななしのよっしん :2016/01/15(金) 23:51:50 ID: 44Wqxdzn4w
共和政府時代のユリアンたちにとっての第一の課題は、同盟もエルファシル革命政府も滅んだ中で、「民主主義ってなんだっけ」というところから自問自答することだったと思う。
イゼルローン共和政府は確かに選挙はやってなかったけど、そこ以外は上位者への不不満に因縁つけも的処罰の対としない(ヤン提督への中傷聞いてミンチボールにしかけたのは、まあ私人としてキレただけとして)し、重要事項の決定に際しては、とにかく幹部や関係者の同意形成に務めるなど、可な限り民主主義を実践してたと言って良いんじゃないかな。

で、その自問自答の末にユリアンが達した「民主主義とはなにか」の答えこそが、あの「立ったままで御意を得ます。皇帝ラインハルト陛下」なんじゃ、って今は思ってます。

39ななしのよっしん :2016/02/24(水) 21:12:59 ID: 7E2BqjXdCx
流れ切って下世話な話になるけど

ヤンがフレデリカプロポーズの時はヤケ飲んだり、
地球帰還後にアッテンボローに合流した時は
「クロイツェル伍長の事を良くご存じなんですね」と
焦りにも似た探り入れたりと、妙に色ボケな部分があったな。

40ななしのよっしん :2016/02/29(月) 16:25:26 ID: ZgSlbla/a5
>>37
別に信任選挙でもええんよ。というか現実的に考えてあの状況でフレデリカ以外が導者になってもみんな困るだけなんで、結果自体は何の問題ない。>>34の言う通り、離脱するって言う選択肢も与えられてた訳だし、実務の上では瑕疵はない。

それでも、「形だけでも」選挙すべきだった、と言うのが言われる点で。とにかく、形式的にでも「民衆かがフレデリカを選んだ」って言う大義名分を持つのは、民主主義にとって大事な事だったと思う。
ヤンが「民主主義の美点は、どんな結果もそれを選んだ民衆に帰属する点」と何度も言ってるのに、その思想の模倣者たろうとしたユリアンがそれをあまり重視していないのは、ユリアン歪みだと読めると思う。

まあ、ヤン自身割と生前から軍閥重視してたって話もあるけれど。

41ななしのよっしん :2016/03/02(水) 20:47:00 ID: 3R4jy/nNp/
選挙を実施していないことに批判が出ているが、形式的にでも選ぶための公職選挙法などの法制度、法を支える憲法、そして行政組織が全く未整備の状態だから出来なかったというのが正しいと思う。

整えるには時間や人材がなさ過ぎた。エルファシル政府有能な専門がいれば良かったんだけどね。キャゼルヌも軍組織再編に忙殺されているだろうし。

組織自体を外敵から守るための、ヤン亡き後の軍組織再編成と防衛の体制強化が最優先だっただけ。

42ななしのよっしん :2016/03/09(水) 23:21:21 ID: fpJJFs9Cez
作者は初期の、展開の補として、「ラインハルトユリアン位を譲る」も考えていたんじゃないか?

ラインハルトは何度も、位をが子に継がせる気はない、有能な者が継ぐべきだと考えていた。

43ななしのよっしん :2016/03/11(金) 17:57:36 ID: 4p9Jt7TVvQ
継ぐというより奪うべきだから、円満な譲はそもそもラインハルトの思想にいんじゃないかな

44ななしのよっしん :2016/03/14(月) 15:47:12 ID: 44Wqxdzn4w
皇帝”ではないけど、ラインハルトの次に時代を徴する者がユリアンだった、という見方を最近するようになりました。あるいは、銀英伝本伝とは「皇帝ラインハルトユリアン・ミンツが出会うまでの時代の物語」だった、という言い方もできるかな

その場合、ユリアンの立場は特定の地域や組織に属する政治家職業軍人でなく、活動家とか思想とか、あるいは肩書きにとらわれず「自分がやるべきだと思ったことをやる」人になってくんだろうなあ。

45ななしのよっしん :2016/05/03(火) 20:49:38 ID: E8nUPiuYbw
伝説が終わり、歴史が始まる。
ユリアン・ミンツ著『銀河英雄伝説


という締めの可性もあったかな、と。まあ、作中でのユリアン(自分自身)の書き方が難しくなるとは思うが。

46ななしのよっしん :2016/05/15(日) 02:01:21 ID: 6oUDzSb/AH
(・∀・)「…ところでキャゼルヌのシェーンコップとどっちが好みなんだ?」
(*´ω`)「実はキャゼル中将さんの方が…」

もしこうなってたらどうなったんだろうな
色々と心配になる流れでもあるがw

47ななしのよっしん :2016/06/23(木) 15:32:18 ID: 68AM2Y6s/C
※5
「いずれ元帥にもなれる」だからね。
あくまで“いずれ”であって今すぐなれるという意味ではない。
それにユリアンは、メルカッツの協があったとはいえワーレンにも勝利してるから、
いずれ高い地位につけるだけの才は確かにあるんだと思うよ。

ラインハルトやヤンのような自で成長した天才タイプではなく、
一流教師達から英才教育を受けた秀才タイプの人材だよな。

48ななしのよっしん :2016/07/13(水) 00:36:39 ID: 1YluDYzK2G
>>39
期の子供だよ?w

49ななしのよっしん :2016/07/24(日) 21:53:31 ID: qtq7Siqn9R
>>39
年上の憧れの女性結婚に、ちょっとした傷心を見せたり、気になってる女の子について質問をしたり(しかも、もともとアッテンボローの方から持ち出した話題)した程度で、色ボケ呼ばわりは、いささか可哀想では……。

50ななしのよっしん :2016/09/06(火) 18:02:20 ID: 4p9Jt7TVvQ
ユリアンカリン夫妻は事炊事全部ユリアンがやってそうな気がする
カリンも手伝おうとくらいはするのだが「いいっていいって大丈夫」みたいに結局ユリアンがやりそう

51ななしのよっしん :2016/10/30(日) 20:18:51 ID: 9DKG3i/CSA
長い戦争歴史のせいで、戦争が当たり前の価値観になってる世界に生まれながら、ヤンの教育方針が良かったのかそれに飲み込まれず、ヤンの死後も自問自答を繰り返し、戦争と和バランスやら戦後について考えられるという意味ではこの世界ではなかなか得がたい稀な人材であった
ラインハルト戦争大好きだから余計に際立つ

52sage :2016/11/27(日) 23:56:13 ID: JJQB+v3Htb
日本のような平和ボケに生まれたならいざ知らず「戦争を名誉の在り処としない」価値観を持てただけ稀有な存在なんだよな

53ななしのよっしん :2017/01/09(月) 11:21:26 ID: z3mfoYg+J1
ヤンが亡くなった後に官になった時、
フジリュー版だと大幅な昇進はありえそう。
軍って基本的に偉い人じゃないと発言権はないわけだし。

54ななしのよっしん :2017/01/09(月) 15:21:51 ID: 4p9Jt7TVvQ
話のペース上がったとは思うけどそこまでやるんかな

55ななしのよっしん :2017/01/15(日) 14:09:15 ID: 44Wqxdzn4w
>>53
確かに階級と権限は正例しないとまともな軍隊としてのルールには反するし、戦時任官ってことで中尉から大将に階級爆上げって可性はあるかな。
一方で、「この状況で階級もクソもないだろ?」と開き直っちゃうのも、ヤン・ファミリー残党らしそうだけど。

あと、原作3巻開始時、または新王開闢から主人公ラインハルトからユリアンシフトするってのもアリなんじゃないかって思ってる。
ユリアンの献策で戦局が変わった例は色々あるし、フットワークも軽いし、主人公向きなんだよね。

56ななしのよっしん :2017/01/15(日) 14:46:11 ID: E8nUPiuYbw
>>53
任命できる人間がいないのがネックかな……イゼルローン共和政府の軍トップであるキャゼルヌにしたところで中将だし、フレデリカは任命権あるかもしれないけど、それでなくても身内贔屓の批判あるのに、そんな階級にいみがあるかどうか。
ユリアン自身、作戦揮時は「ヤン元帥の代行」であって「ユリアン元帥」って感覚はないだろうし、ラインハルトとの面会時に同盟軍中尉の正装で臨んでるあたり、「正式に」任命された中尉という階級に誇り持ってるっぽいし。

>>54
ゼルローン再奪取作戦の時点で、シェーンコップ中将ポプラ中佐差し置いてユリアンが降伏受諾の返答出してるし、ヤン艦隊が非正規軍となった時点で階級と命系統は別、というか「階級が低すぎ? それがどうした」となるんじゃないかな。

57ななしのよっしん :2017/05/13(土) 03:03:50 ID: ZgSlbla/a5
>>55
ユリアンは結局「ヤン・ウェンリーの模倣者」でしかない(作中でも地の文で「歴史にそう批判されるが、擁護するならユリアン自身が模倣者たろうとしていた」と書かれているので、作者は少なくともその意図で書いてる)。
ユリアンの作中での役割は「ヤンが死んだ後にヤンの代わりをする人間」が全てであり、他の行動はその役割に説得を持たせるためのものでしかない。

だから、主人公『代理』は出来ても主人公は出来ないキャラだと思う。

58ななしのよっしん :2017/05/13(土) 03:31:19 ID: w900BENyG3
>>56で挙げられている事例二つともそうなんだけど、
ゼルローン再奪還以降のユリアンの基本的な立場はあくまで「ヤン・ウェンリーの名代」なんだよね。
ゼルローン官なんてのは必要に応じてそれを形式化した程度のことにすぎない。

それに、エルファシル革命予備軍の発足以降、同盟軍での階級から変化した人間は出ている限り皆無で、
名前が出る中では一番下っ端のカリンでさえ最後まで伍長のままだった
(一応の例外は「中将待遇の客将」ではなく「上級大将」として扱われるメルカッツ)。

ただ、>>57の通りユリアンがヤンの模倣者たらんとしていたのは確かなんだけど、
それを「作中での役割」と同一視しちゃうのはちょっと計かと思う。
作品上での役割としてのユリアンは「ヤンが死んだ後にヤンの代わりをする人間」じゃなくて
「ヤンが死んだ後にヤンの代わりを『しようとする』人間」じゃないだろうか。
前者だと単なるヤンのコピーなのに対し、ユリアンはヤンをパスティーシュした一個の創作品という感じ。

59ななしのよっしん :2017/06/03(土) 13:56:14 ID: 9DKG3i/CSA
ユリアン
孫悟空が死んだまま復活しないで、一部Z戦士は戦死するものの、ビーデル等とは出会えて物語りが終わった孫悟飯
という感じがする

60ななしのよっしん :2017/06/13(火) 23:00:56 ID: 44Wqxdzn4w
OVA原版ではられなかったけど、性格悪い祖母との確執が落とした暗い影は、ユリアンの人柄を形成する上で不可欠な要素ではあるんだよね。
ゼルローン日記読んでると、ヤンやイゼルローンの一族への依存心が見え隠れするんだけど、見方を変えると「とにかく年上の人に嫌われちゃ生きていけないんだ」って考え方が染み付いてるようで痛ましさを覚える。

#


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ