城井鎮房について語るスレ

1-

1ななしのよっしん :2009/10/23(金) 12:13:27 ID: ns1A6gJIri
の代より周防の大友に属していた・・・


2ななしのよっしん :2010/04/28(水) 22:26:55 ID: HZbvQ5UCWq
戦国の「」ってなぜいつも薄幸なのか?
。゜。゜(ノД`)゜。゜。

戦国BASARAでまた有名になりそうな大三島
常山の女傑で毛利に滅ぼされた三村(上野)の

3連レスすまん :2010/05/01(土) 11:38:31 ID: HZbvQ5UCWq
あっちの記事でも書いたが、九戸政実遇がどこか似てる気がする。

4ななしのよっしん :2010/09/05(日) 22:39:40 ID: 4Q2ZpYelDp
>>2
安心するが良い!
は尼となって寿を全うした可性もあったはず。
そもそも、井氏滅亡についての史実はかなり怪しい。

しかし、名(迷)井兼の逸話が史実じゃないのはちょっと残念だw
酷い話だが…

5ななしのよっしん :2010/09/23(木) 00:34:28 ID: 8/oFxpbRpI
はこのエピソードで如嫌いになったな
あまりにもヒキョウすぐるでしょう?

6ななしのよっしん :2010/09/24(金) 21:54:14 ID: 4Q2ZpYelDp
>>5
だぁから滅亡の逸話は怪しいってww
実際は、黒田に降伏した城井鎮房を、秀吉の命を受けた黒田長政中津内で暗殺した程度だった可性がある。
秀吉
「いかにも若武者らしいやり方」
であるほど鮮やかな仕物(暗殺)だった。

残念ながら(むしろ幸いだが)、合元寺の大量惨殺はたぶん史実でい。
についても、黒田に保護された可性も高い(黒田の資料だが、それによると尼となって助かっていたはず)。

ただ、調べてみたが、後藤又兵衛ではなく、黒田長政自らが来の野村と協して鎮房を切ったという話もある。
不謹慎で悪いが、「井兼」の逸話については諸説あるにせよやっぱり史実みたい
井氏が地元民にされていたのは間違いなく、一連の惨劇の逸話は黒田氏への地元の恨から生まれた伝説なんだろう…

7ななしのよっしん :2010/12/18(土) 09:17:15 ID: 7A0XqEMmSP
>>6
念のため書き込むが、黒田氏が井氏に敗北したのは史実だぞ。
第一次は黒田氏の敗北で終わり、第二次は長期戦となった。吉川広家毛利氏の援軍を呼ぶことにまでなったが、最終的に井氏は広を通して降伏した。
そして、秀吉の命によって城井鎮房は暗殺された。

8ななしのよっしん :2011/02/15(火) 00:14:41 ID: tXmjmebELx
最近九州に行った時、近くに「きい」があると聞いたんだ。それでもしかしてこの大百科にある井氏のか?と思ったんだ。

そしたらあの基肄だったよ…
何が言いたいかって、紛らわしいんだよw
しかし場所は福岡から見て東西逆なんだな・・

奈良時代にももっと興味を持つことにしたよ。


しかしひとりよがりだよなこれスマソ

9ななしのよっしん :2012/01/12(木) 21:33:04 ID: kGcAtP7WV9
井さん、ノブヤボだと地味ハチマキな印だったけど、意外と凄い人だったんやね。

10ななしのよっしん :2012/11/28(水) 18:11:57 ID: O1MaA0QO7z
2014年大河ドラマはこのエピソードをしっかり書くかが評価を左右すると思う

11ななしのよっしん :2013/08/12(月) 10:25:44 ID: sGXJ9Z9OrB
しろいチンポ

12ななしのよっしん :2014/01/08(水) 11:34:14 ID: iRiAkhaIr9
通説的だった策略・謀略は史実じゃないぞと最近言われてる
兵衛のここはどうしようもないところだわな。
このエピソードは陰湿な策略イメージに反論
出来ないし、難しくする部分だわ。それほどかなり陰湿で
ビビ

13ななしのよっしん :2014/01/23(木) 03:25:01 ID: bjr/7EGlQf
>>10
亀レス過ぎるけどほんとこれ、ちゃんと官兵衛腹黒な部分を書いて欲しいね

14ななしのよっしん :2014/04/23(水) 08:04:36 ID: 96a4Eyz17o
今日のヒストリアで取り上げられるみたいだな
まさか城井鎮房のことNHKが扱う日が来るとは思わなかったぜ

15ななしのよっしん :2014/04/28(月) 04:20:01 ID: AVkLsQLRJo
黒田如水は、九州征伐の際に、あることないこと約束しまくって島津の武将を調略した。
戦後約束空手形だと知った九州人達が怒り狂って一を起こしたとき、如大阪から帰らず、中津の件は地元の息子にぶん投げた。
黒田如水ぐう畜

16ななしのよっしん :2015/08/12(水) 16:26:23 ID: yBBGF+SOLv
合元寺の逸話が怪しい言うなら、実際の合元寺の本堂の梁や柱などのあちこちに未だに残る傷はどうなるのか…。
に関しても生存説はあるらしいけど、大量の女を殺したのは事実だし、殺された霊が大蛇となって塚から出てきたという話まで残されているし、黒田井の民が集団で明治あたりまで呪っていたという話もある。
事実は書き換えられたり、過剰な逸話が盛られる事もあるかもしれない。でも、人に根付いた嗟は消えないし深い…やっぱりそれだけの事をしたんじゃないかな?

17ななしのよっしん :2016/09/16(金) 10:07:20 ID: HaZp1SNZ7K
しかし、城井鎮房もあほだろう。
秀吉から伊予を貰ったのに本領安堵に固執はまずい
秀吉はいままでの大名と次元が違うから素直に従ってれば滅びなかったよ。

18ななしのよっしん :2016/09/25(日) 01:12:29 ID: xtMEn2+fjM
ウチの中津出身だが「黒田官兵衛はまだいい。だがあの外道息子だけは絶対許さん」という口調だった。

19ななしのよっしん :2016/09/25(日) 19:40:47 ID: HaZp1SNZ7K
長政は忠と同じく生クズ野郎だからね。
しかし、一番悪いのは秀吉なんだけどね。
それでも、豊臣秀吉の恐ろしさを理解しなかった城井鎮房にも問題があるよ。

20ななしのよっしん :2016/12/20(火) 07:54:58 ID: 2VTs0uqTDL
移封の場合は高が増えるのはよくある事なので、
秀吉の謀略ではなかろう。
家康は倍に増えたし、信雄も倍に増える予定だった。
なお断った信雄は易くらったw
毛利九州への移動話あったけど、断った。
10石でもいいから本領から離れたくないという大名はわりと多いからね。

21ななしのよっしん :2017/08/16(水) 22:11:42 ID: f+q1FE41Gq
ちなみには何とか事に逃げ延びて島津臣になって
明治まで生き残ったらしいが結局井一族はに戻る事はできなかった・・・

22ななしのよっしん :2019/02/06(水) 18:05:23 ID: wE5kAkLeup
戦国時代から、を含む、福岡県北九州地方地方築豊前(けいちくぶぜん)地区は、「デマ文化」が盛んだった。
この宇都宮鎮房(の地元、宇都宮殿様を井の殿様なんて呼ぶ人はいない。)
宇都宮関しても、「宇都宮の釣天井(結城英康の逸話から)」、「寒田十勇士(さわだじゅうゆうし、宇都宮の最期の地、地、寒田の臣達から。言うまでもなく、真田十勇士のもじり」。
で酔わせてで討ち取られた、その時のが、あの日本号だ。だから、寒田の地で黒田節を歌ったら村八分。結婚式でも福岡市方面の上や親戚によくよく、クギをさすべし(まだ生きてる掟です)」
中津」←中津の戦を最後に九州での戦が終わったから、という意味が、なぜか「血塗られた」に。
「寒田十勇士」は確かに討ち死にしたし、黒田長政の引き起こした「崩れ=根切り=根絶やし」のはずが、地元寒田の農民は生き延びました。戦後、根来から移住してきた、根来忍者の一族でした。
地元では「魔王兵衛アホボン長政」と言い伝えられていました。
つまり、まとめると「反黒田・親徳」の根来衆(徳護下)による情報工作が今も生きているわけです。

23ななしのよっしん :2019/02/21(木) 20:10:37 ID: L3dSRD4qmU
黒田アホボン信長に誅殺されとけば良かったのにな。半兵衛いらん事しやがって

24ななしのよっしん :2019/06/25(火) 19:16:50 ID: x2z72dXw2s
九州征伐後なのに秀吉をなめてかかった城井鎮房にも責任ありありやぞ

1-
#


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ