夜襲について語るスレ

1-

1ななしのよっしん :2010/09/01(水) 15:12:57 ID: BfWZqY8neD
チカラダケのオマケに用はい、帰るんだな

2ななしのよっしん :2010/09/10(金) 00:58:09 ID: thPudaX+d3
最近じわじわと大百科にも勢を広げつつあるレジスタンス

3ななしのよっしん :2011/04/15(金) 15:18:39 ID: J97bQ7uf2U
デュ・ゲクランって何かの小説主人公だった気がするが・・・思い出せない
知ってる人がいたらこっそり関連商品にでも貼っておいてくれ

4ななしのよっしん :2012/05/18(金) 20:11:17 ID: V0qSAySSLN
夜襲で有名なのは、やはり日露戦争の第二師団だろうか。

ちなみに、夜襲の意図が諜報や索敵により暴露していると、夜襲はむしろ防御側に有利に働くとされる。
奇襲をした側が逆に奇襲を受けると、時代・戦場・部隊を問わず悲惨な結果を迎える事が多い。

5ななしのよっしん :2012/05/18(金) 20:32:08 ID: h0/kFdKG2o
夜襲ってのは言い換えれば充分な事前撃等による制圧を行わない攻撃だから、
意図読まれて迎撃体制整えられてたらそりゃあフルボッコにされるのも必然、と。

6ななしのよっしん :2012/05/20(日) 17:39:35 ID: pIKYVFn8Fa
関ヶ原の戦いの前に島津義弘夜襲を提案したが石田三成は却下してしまったという話が有るけど
夜襲に絶好の条件だから東軍も警していて却下して正解という説もあるし
そもそも島津義弘がそれを理解していないはずはないので創作であるという説もある

7ななしのよっしん :2012/05/26(土) 23:31:54 ID: Yl2+4q3Lhu
夜襲っていうのはどうかな?

8ななしのよっしん :2013/03/17(日) 09:39:43 ID: qm5XIDyBU9
…………

9ななしのよっしん :2013/05/19(日) 22:20:43 ID: z6pfZhCxpC
なかなかいいレスはねーな・・・

10ななしのよっしん :2013/11/06(水) 20:08:07 ID: BIF/ojifm2
類義夜這い

11ななしのよっしん :2014/01/16(木) 19:12:31 ID: QBlZrP8WZY
夜襲といえばヴラド3世

12ななしのよっしん :2016/05/02(月) 03:29:49 ID: 7E2nb7bWyM
閃光のナイトレイド

13ななしのよっしん :2016/08/09(火) 10:51:21 ID: Qubagm8VkX
>>3
佐藤賢一の『双頭の鷲』?

まぁ、歴史上の人物だから
他にもいろんな人が小説化してるのかも知れんが。

14ななしのよっしん :2020/07/20(月) 20:05:27 ID: c+ft4xRO0/
ゼロダーク・サーティーみたいな装備も連度も選りすぐりの特殊部隊による夜襲システマチック不気味カッコいい、暗視装置元が隠れているからか「淡々と始末すする機械」感がすごい

中世戦国時代夜襲は現代戦よりかにハードル高かったのだろうな、まず職業軍人が将校しか居なかったから小規模な部隊でまとまって動くのが難しかっただろうし、徴用兵は戦列組んで将校がらせてないとすぐ逃げ出す。暗視も通信ももちろんし、敵味方識別の手段は軍旗や甲冑だけ。そんな条件下でゲリラ戦を成功させた指揮官だからこそり継がれるんだろうな

1-
#


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ