曹昂について語るスレ

1-

1ななしのよっしん :2011/02/17(木) 18:19:08 ID: 2bSF/dIleP
正史では鄒氏の名前が出てこないから
未亡人がなんたら~みたいな表現なの?

2ななしのよっしん :2011/11/24(木) 08:39:11 ID: oTv1rPOC2U
そう すばる

曹丕長男と思ってる人がおおそうだからカワイソス(´・ω・`)

3ななしのよっしん :2011/11/29(火) 23:16:06 ID: iKOHEUKdbT
とにかく曹操子供の中で、曹沖同様めに退場したのが悔やまれる武将だな。
ところで孝廉に推挙された曹操子供曹昂一人って聞いたけど本当?
ただ長子として期待されていただけかもしれないけど、
孝廉になっているのは大抵ある人間だから、彼もそれなりに才はあるはず。
だからもっと(せめて赤壁の戦いから定軍山の戦いの頃位まで)生きて欲しかった。
きだったけど、自分の中では気に入ってる武将の一人でいる。

4ななしのよっしん :2012/01/28(土) 09:17:03 ID: TTJzx1AgUW
生きてれば、官渡以前から曹操軍の戦を見てきた一の息子
になるわけか。
曹操の後継者として、の是非はあるだろうけど
武将として各戦け回る姿を見てみたかったな。

5ななしのよっしん :2012/02/03(金) 17:53:00 ID: cMgaX+LZGy
まさにを助けるために生まれてきたような生涯が皮だ…
もし、生きていたら後継者争いもなく曹昂も君に相応しく
育っていっただろうかと思わされる

6ななしのよっしん :2012/02/27(月) 22:39:35 ID: TKyF9r++X1
>>2
実際そうやって曹丕長男と表記されてる歴史書も多いからな

7ななしのよっしん :2012/03/09(金) 23:24:00 ID: TTJzx1AgUW
それなりに地味IF参戦

呂布戦:従軍を志願するが、許の守備を命じられる
官渡戦:兵卒降格時、蒼天航路夏侯惇ほどは理だが、他の3将よりは
    兵に染む
対袁烏丸曹操曹丕と轡を並べる。個人的には負傷パターン有りで
赤壁の戦い:負傷時…やっぱ許守備
      参戦時…撤退戦で曹操を渡す、本人もどうにか生き延びる

これ以降はどうなるかな。
歴戦の将には違いないんで、夏侯惇のように中央で曹操の補佐か、
長安、樊、合肥、どこかの守備になんて考えられるし。
後継の資質に関しても見通されるだろうし。

8ななしのよっしん :2012/05/28(月) 16:17:58 ID: JpTlSVb1Dz
毛利隆元思い出した。

9ななしのよっしん :2012/06/15(金) 23:02:44 ID: HVyDU0+g/r
>>3
曹丕が茂才に推挙されたって記録はあるけど(ただし行ってない)、孝廉は曹昂しかいなかったかな

兄貴が死んだ戦いで逃げ切って事に生き残った曹丕(11歳)強運すぎる

10ななしのよっしん :2012/07/17(火) 18:19:44 ID: KmqP2tjnHS
生き延びていたら後継になれたと思う
何らかの理由で曹操が迷ったとしても、
賈詡袁紹劉表のことを以下略

11ななしのよっしん :2013/04/02(火) 20:58:55 ID: /OqYTh61Pf
>>8
>>9
そうですね、もう少しだけ長く生きていたら毛利隆元みたいになってたかも。
その根拠は、まあ曹操長男って重み+孝廉推挙から来る希望的観測ですが、
実際のところは、生年すら不明(おそらく曹丕より10歳ほど上か?)で
人物像が全く見えてこない人なんですよね。
そうえば曹丕
「亡くなった曹昂)は生きていても限界があっただろうが…」
と述べていますが、11歳で死に別れた大人の、何を見てそう思ったのか?
もしかして、見たが既にアホの子だったのか曹昂は?!
まさかね。

12ななしのよっしん :2013/04/11(木) 00:32:21 ID: AOWtQ2Sz7R
>>11
曹丕の性格からして暗に「の方が上」と言いたかっただけかも。
どのみち曹丕自身後継に足る人物であったし
が生きていたら・・・」みたいなことは言わないだろう。

13ななしのよっしん :2013/09/11(水) 20:24:17 ID: IDlucmcswe
まぁ曹丕の「が生きてても々」は、曹昂がどうこうというより「曹沖は凄かった」っていうことが言いたいわけだしね

14ななしのよっしん :2014/02/08(土) 01:16:34 ID: mdQ9TTsaHa
長子が死ぬことによって後継者になった場合は、とにかく死んだ人と較されるものです。
そりゃ較される側にしてみれば気に入らんでしょうね。

15ななしのよっしん :2014/03/04(火) 17:29:18 ID: HVyDU0+g/r
曹昂を養育した丁夫人曹丕母親である卞夫人に辛く当たっていたって記録が残ってるけど、この異兄弟の関係はどんなものだったんだろうなぁ

16ななしのよっしん :2014/06/16(月) 03:29:22 ID: /OqYTh61Pf
>>14
それを思えば、実際の曹昂は優秀な長男坊だった可性が出てきますね。
あの曹操の長子なのに、実像がど掴めない正史の記述は、以下略

17ななしのよっしん :2014/11/07(金) 12:49:54 ID: 1tR3HVzZ5S
曹操は正室が3人おり、夫人死後に丁夫人丁夫人離婚後に卞夫人がなっており、通常王太子は正室との子供がなる訳でしてこの正室3人は別格な訳です。

丁夫人子供がいなかった為、夫人の子供を実の子同然に可がり曹昂は後継者として育てられてます。
曹昂が死に、曹鑠は死にしていた為、丁夫人離婚後は後継者は後に正室となった卞夫人の子供4人(曹丕曹彰曹植曹熊)に絞られ曹丕が後継者となりました。

曹丕違いのであり先の正室の子供であった曹昂、曹鑠兄弟に対する扱いはデリケートな問題で対応が難しいのです。曹丕位についた後、曹昂、曹鑠には王位を追贈し子である曹昂の養子、曹鑠の実子にも王位を継承させてます。他の兄弟王位を与えても子には位を与えるのが通常であった事から曹昂、曹鑠は特別な存在であった事がい知れます。

但し特別な存在は尊重はしても実権を与える事は内乱の要因となる為、曹丕が必要以上に持ち上げなかったのは当然でしょう。孫権孫堅に皇位を追贈しているが孫策には王位しか追贈していません。

亡き門が皇位に影を持つのは王にとって政治的にまずい事なのです。

18ななしのよっしん :2014/12/31(水) 15:10:25 ID: yTCuZpnEDM
子脩……

子脩ぅぅ~~~~~~!!!!!

19ななしのよっしん :2015/01/06(火) 06:36:47 ID: /OqYTh61Pf
>>17
>亡き門が皇位に影を持つのは王にとって政治的にまずい事なのです。

なるほど孫策の件に関しては裴松之クレームを付けていますが、
孫権サイドから見れば妥当な判断だったのですね。
違いがあるとするなら、曹昂の部将?だったのに対し、
孫策帝国本土を切り開いた事実上の初代だったって事でしょうか。
その血脈を皇帝と同等にすると、内乱の火種(結果は別)となってしまう…。

となると曹丕曹昂評も、実際はどうだったかは別にして、
自分を皇帝として大きく見せる為の方便だったのかも知れませんね。
もちろんメインは、曹沖熟の天才児だったって話題なんでしょうが、
これも謙譲の姿勢を示して自分を皇帝として大きく見せる方便だったのかも?

20ななしのよっしん :2015/01/10(土) 14:48:39 ID: SwoM5hY2fp
曹丕からはひどい言われようだけど、袁袁熙以外のボンクラ息子べれば全然マシ

21ななしのよっしん :2015/01/10(土) 14:53:10 ID: /T872wx7W9
曹丕が宛にいたら親父鄒氏に手を出すことはなかった」

22ななしのよっしん :2015/04/20(月) 18:34:24 ID: on31Xz8jgb
>>21
最悪だコイツ

23ななしのよっしん :2015/05/04(月) 19:02:37 ID: u5o9joxmZR
息子は死んだけど親父息子は守れたんやな

24ななしのよっしん :2017/08/14(月) 02:31:14 ID: FTDD7RmKTn
曹昂を失ったのは惜しい…曹操とその臣たちも彼の将来を期待していたはずだろうに…

25ななしのよっしん :2018/12/14(金) 01:05:42 ID: 1tR3HVzZ5S
>>21
お前は宛にいたんだよなぁ
曹昂など大人の武将は曹操の警護を勤めて代わりに亡くなったけど、曹丕などの子供達はとっとと先に逃げ出せだせたってだけで・・・

26ななしのよっしん :2019/02/01(金) 02:13:52 ID: pHJnvhJdlu
曹丕の言う曹昂の「限界」ってのは良いすぎて乱世の君に必要な非情さとか決断が足りなかったってところかね

27ななしのよっしん :2019/02/09(土) 06:18:58 ID: 1tR3HVzZ5S
曹昂が死んだ事による曹の損失は実は本人が死んだ事以上に重大な意味があるんだよね
曹操爺さん宦官父親は養子である事から曹操の一族っていうのは頼りになる親戚が少ない
が短命に終わった原因の一つに一族の不足がある(曹丕が一族に与えなかったってのもあるが)

史実で曹の覇業を助けたのは外戚の侯氏だったけど、曹昂が死ななければ丁氏の一族も外戚として助けになってくれてたはずなんだよね
曹操丁夫人離婚した事でこれが破綻、後に曹操が同じ丁氏の一族と思われる丁儀曹昂(曹丕違いの)を与えて血縁を強くしたいと考えてた事から丁氏の一族はかなりがあったの様子

忠孝に厚かったエピソードを残す曹昂が存命であれば一族にを与え、、丁を準一族として扱い司馬の専横を防ぎ史実以上に曹が続いたifも考えられる
逆に司馬八王の乱みたいに一族で争う事になったifも考えられるが

卞夫人や曹丕自体は優秀でそれぞれ皇后皇帝に耐えられる実を備えていたたのは確かだけど、卞夫人が歌の出身という事を考えれば卞夫人の実家は外戚として期待出来る程の一族ではかったと想像つくんだよね

28ななしのよっしん :2019/02/09(土) 08:18:34 ID: UsfOgHHNn4
外戚にを持たせる → 外戚の専横で滅亡
外戚にを持たせない → 室にを貸す勢がおらず滅亡

一族にを持たせる → 一族が内乱を起こして滅亡
一族にを持たせない → 室のく部下が反乱起こして滅亡

反乱起こさないよう内の軍事を削ぐ → 異民族に攻め込まれ滅亡
民族に備えて境線に兵を置く → 軍閥化して反乱起こして滅亡


中国史はこんなのばっかりで、
「前王の滅亡理由に対処したら、それが理由で滅亡しました」の繰り返し
いったいどうすりゃいいんだよと思えてくる

の滅亡理由に対処したところで、次は「回り回ってそれが理由で滅亡しました」にしかならんと思う……

29ななしのよっしん :2020/07/28(火) 11:42:45 ID: hRdbOqVk+v
>>28
極端にし過ぎるからじゃない?
曹丕時代までは曹氏・侯氏が軍事を独占してるが、曹叡時代に司馬懿に軍権が強化されて独占が崩されている。曹叡時代に軍功上げまくった司馬懿が軍権トップになっているけど、曹芳即位時に侯献(侯氏宗族)・曹爽曹真の子)・曹肇(曹休の子)・秦朗曹操の養子)と一族で固めようとしたところを閥争いで曹爽司馬懿の二党体制になっている(とはいえ曹爽若干)。

の滅亡の要因は曹爽アホだから曹一族の権駆逐されたからであって、一族外の臣にを与えすぎたとはちょっと違うんじゃないかと思う。

30ななしのよっしん :2020/07/28(火) 11:48:37 ID: JMW4Wbp7Ir
>>20
袁尚は曹丕並みの有能なんだよなあ
生まれたと時代が悪かった

1-
#


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ