白い巨塔について語るスレ

1-

1ななしのよっしん :2018/10/23(火) 19:17:30 ID: co0wtGRyG2
記事作成乙です

2ななしのよっしん :2018/10/25(木) 19:31:35 ID: 6h1FpG54K7
作成一週間足らずでオススメ記事に!おめでとう!!そして唐沢版を見ていた!!

3ななしのよっしん :2018/10/26(金) 23:13:15 ID: Df7u2asC9y
唐沢氏版はまさに『フジ全盛期』の徴みたいなもん
とはいえ自分はあんまり見てかったから、来年の岡田氏版はじっくり見るつもり

4ななしのよっしん :2019/05/24(金) 03:03:00 ID: 3VP8oXRm0q
田宮二郎ドラマ版がやっぱり一番しっくりくるかなぁ。
2003年のやつになるともう時代がずれすぎててちょっと。
今やってる新作はそもそも見てないので何とも言えんが。

5ななしのよっしん :2019/05/24(金) 23:15:18 ID: 0r/H+t9wjK
私は、原作小説の今教授が好き。

策謀がらみで大河内教授の所に行くときであっても、
・自身の臨床所見のみを過信せず、病理検も併用する謙虚さ
・検の結果、でないと分かったとき「一人の女性乳房を失くしてしまわずにすみました。患者もどんなに喜びますことか―」と、まず「患者の幸せを喜ぶ気持ち」が自然に出てくる人間性が好き。

欲得もあり閥争いも行うが、自分からは仕掛けず、えげつないこともしない。
動機も、自身を教授に推してくれた東教授への報恩というまっとうなもの。
メスの切れもいまいちで、地味立たないが、そこがいい。

普通の人が里見や大河内教授のように気高く生きることは難しい。
凡人なりにできることを着実に積み重ねていく、バランスの取れたその実さこそが、
逆説的に非尊い

6ななしのよっしん :2019/05/25(土) 13:35:27 ID: QtlXq3x2/8
いキャッホー

7ななしのよっしん :2019/05/25(土) 20:46:03 ID: TfHWQ/ZA+v
山崎豊子の作品の凄さは、色々と含みを残す人物描写なんだよな。
大河内教授を出してくれる当たり、すごい好き。
野心はあったにせよ最初はけっこう純なところがあったのに、財前五郎が徐々に人間味を失っていくところが怖い。医学界は腐敗し、権闘争に傾いているという・・・。

8ななしのよっしん :2019/05/25(土) 21:50:55 ID: vzKJKIHSWK
今のドラマ見るまで原作過去ドラマもまるで知らなかったけど、
財前がどんどん「人の心を持たぬ怪物」に成り果てていくのが怖すぎる。

9ななしのよっしん :2019/05/26(日) 02:23:52 ID: TfHWQ/ZA+v
原作者が関わらない初の映像化だから心配ではある2019年版。録画したけど、まだ見てない。
演出過剰、演技過剰の「半沢直樹」が視聴率取れちゃった影か、映像作品全体にそういう傾向が強く出過ぎてるし・・・。スカっとジャパンみたく、他人を悪者にして潮なのでなおさら心配。
十分に気を使ってると思うけど、原作の繊細な人物の機微を表現して欲しい。
ハリウッドアクション映画の予告みたいな雰囲気にして、大げさに喚くのは止めて欲しいw

10ななしのよっしん :2019/05/26(日) 15:04:12 ID: zoAexVsnOH
唐沢版は讃美歌やクラシックから成る命の尊厳を感じさせるような重厚感溢れるものだったのに対し今回のはそれにべるとどこか安っぽさを感じさせる軽いBGM
そして絶対お前日常でそんなしゃべり方してないだろうって突っ込みたくなるような仰々しい演技。
そしてなにより唐沢版は全21回、田宮版に至っては全31回なのに対し、今回はたったの5回。
これでうまくいったら奇跡だと思う。

11ななしのよっしん :2019/05/26(日) 19:43:10 ID: TfHWQ/ZA+v
少しでも意に沿わない人間を排斥する上の姿を見ていると、自分も同じことを始める。それが人間集団の中で上から下に伝播していき、忖度みたいなことが起き始める。
事態が進むと問題意識を持った人間は飛ばされていなくなるから自浄作用は働かなくなる。
腐敗の仕組みを03年版は上手く描いていたと思う。あと、高畑淳子の芝居がめちゃくちゃ面かった。あの人はすごい

12ななしのよっしん :2019/05/26(日) 23:29:10 ID: Dxcb/XV/GG
唐沢版しか見てないけどやっぱ前回のが圧倒的に良かったな
最終回の財前の最期だけでもそう
まあ5回だし仕方ないけど

13ななしのよっしん :2019/05/26(日) 23:34:13 ID: 8MSOzbKhCq
里見から相談を受けたの患者、佐々木の検・手術において、彼が中小企業社長であった事から横柄な態度で診療。更には致命的な医療ミスを犯し、結果佐々木死亡してしまったのだ。
遺族は佐々木が生前に受けた財前からの不実な扱いもあり、民事訴訟の提訴を決める。里見は欧州学会に参加している財前に何度も連絡を取ろうとしたが、財前はこれを視してしまった。

頭悪すぎる 横柄な態度をとっても医療技術はちゃんとするべきだしさんざん苦労して得た権が万が一崩される可性も視するなんてやっぱり駄だな

14ななしのよっしん :2019/05/27(月) 15:16:19 ID: 2ZicfALP1b
半世紀以上前の作品やぞ
当時の時代背景価値観倫理観等も考慮する必要もあるやろ

15ななしのよっしん :2019/05/27(月) 18:32:17 ID: vzKJKIHSWK
2019年最終回との電話以外では人でなしになってた財前が
死を前にして人間味(というより本音)が出てきたり、
野望も潰えて教授の事すらどうでもよくなっているあたりは
何とも皮だったけど、そんな状態になっても佐々木氏の事は最期までみなかったのか…

16ななしのよっしん :2019/05/28(火) 11:54:39 ID: RL/Aes0TPC
50年前の原作だからねー

ストックいのかね?

17ななしのよっしん :2019/05/29(水) 01:01:29 ID: Df7u2asC9y
思い付きで話すことはなく、常に自分の確固たる考えを持ち、それを淡々とる里見先生が最高だった
本当に将来はあんなお医者さんに診てもらいたい(そもそも診られないようにしなきゃダメだが)

あとツイッター上の考察なるほどと思ったのが、死因がん→肺がん→すい臓がんにそれぞれ変わってて、前の2つは治るか、少なくともそれなりの期間は延命できる時代になってるから病名が変わっているというのがあった
次のリメイクの時点では理でも、次の次のリメイク企画の段階で「よくよく考えたら財前教授を死なせるようなガンはもうないじゃん」となるのを願わずにはいられない

18ななしのよっしん :2019/05/30(木) 05:02:44 ID: p/INSAboxY
今回で感じたのはどの映像化も時代を反映してる
いわば記念碑みたいなもんだからやる価値あるなって
次のリメイクが楽しみ
そんでどの時代でも財前と里見二人の主人公が感情ぶつけ合うのはブレないからすごいな

19ななしのよっしん :2019/06/01(土) 08:25:58 ID: y6fn36Tdsm
なんか今回の財前は最初から小悪党カラー全開だった。
自信を裏づけるほどの実映像からは感じられなかったし。

20ななしのよっしん :2019/06/01(土) 09:15:57 ID: OkPKqqe2PS
>>17
現実から不治の病がなくなったらそれこそ交通事故にでもするしかないね

1-
#


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ