社会科学について語るスレ


121ななしのよっしん :2021/07/06(火) 19:12:59 ID: g7ikR1/5DR
ネットでよく見るこの手の「社会学にでも殺されたのか?」的な言説って何か発生とかあったりするん?
この手の人たちって社会学の発展や社会学の学問としての質の向上なんて別にどうでもいいと思ってるはずでしょう?なぜわざわざ社会学に執着するん?彼らの人生に何かあったのか?
これと似たようなタイプで、フランス関連トピック第二次世界大戦後のフランスの立ち回りに対して呪詛を吐きまくるコメントもよく見かけるのだが、実生活にほぼ関係な存在に対してネガティブな執着を持ち、そしてネット上でその意見表明を行うという、この一連の現社会学を用いてか解明してくれ笑(他力本願

122ななしのよっしん :2021/07/08(木) 13:02:38 ID: /pOZJezvqZ
キーボードウォリアー・Qアノン直球
界知(暴投)

123ななしのよっしん :2021/07/13(火) 01:00:03 ID: OVGfW8wLr/
>>121
ニューアカのセンセイ方がやったせいで叩きやすいというのはあるのかも。
あと扱う対が典的な複雑系なんで、例外を探してきやすいというのもある。

加えてラボで実験したり実測、実できないからどうしてもフワフワしたモデルになる。
「複雑怪奇な対人関係とその影を簡単なモデルで説明できる」ということは、ある程度教養があればその難しさを想像することができるけど、そういうセンスは中々難しいすからね…。

124ななしのよっしん :2021/07/19(月) 19:14:04 ID: iClvVq00oX
ツイッターにいる社会学者連中が特にアホばっかだからそら叩きの的になるわな

125ななしのよっしん :2021/08/04(水) 01:33:49 ID: 85Qdk2Ifuu
実際に本人の論文読んだこともないのにけると思っている方々がいるのは「あたまゲームスパークなの?」の件を思い出させるな。

126ななしのよっしん :2021/08/21(土) 16:15:19 ID: 22ZBpeOPoU
社会科学や人文科学だと、研究成果に対する読は回数的にも価値的にも少なかった
ある法学者いわく「法律学でも読というシステム較的最近までなかった」そうで
東大名誉教授の中には、データを意図的に出さないこともあると言した社会科学者(上野千鶴子)さえいる

特に日本ではこういう傾向が割りかし近年まで続いてきたので、日本社会科学ではたとえ論文を読んでもデータや実的知見がそもそも載っていないことがある

成城大学法学部教授 町村泰@matimura
https://twitter.com/matimura/status/1049279753318887424[外部]
>なんか、社会学の人が読付き論文がないことで大げさに取り上げられているようだけど、社会学のことは知らんけど、法律学でも読というシステム較的最近までなかったよ。 ここ15年くらいか20年くらいじゃないかな。 現在も、読があるからということで格が高いという扱いはない。

>理系文系とでは、例えば読、例えば博士号と、全く評価が異なるポイントがあって、認識が食い違う。いずれも際的には理系の方が一般的で、日本文系の学問慣習はひどくガラパゴスかもしれないけど、そういうものなのであって、読付き論文がないと言って大に騒ぎ立てるのは無知の露呈になる

127ななしのよっしん :2021/08/22(日) 13:01:24 ID: 1kWKv0TtXd
またtwitterか。

もちろんその方の論文には一通を通した上で貼ってるんだよね?
まさか一つも読んだことないとかないよね?

128ななしのよっしん :2021/08/23(月) 20:28:35 ID: /pOZJezvqZ
そこはせめて読とデータに基づく研究をやっているような社会科学者の論文を参考にしようや
データを隠したり読をあまり重視していないとしている社会科学者達のでなく

129ななしのよっしん :2021/08/26(木) 12:29:00 ID: /pOZJezvqZ
つうか、教授の発言であってもそれがtwitter表されたものだと参考にならないとか考えてるのか?
ツイートに学術論文並みの学術性があるわきゃないが、社会科学とかの学術論文が社会調のためにツイート参考文献にすることはしくないし
ましてやそのツイート法学部教授のものじゃないか

その教授ご本人が「法律学でも読というシステム較的最近までなかったよ」「現在も、読があるからということで格が高いという扱いはない」と言い、その発言を今でも撤回していないのだから、それは多かれ少なかれ学界の現実を述べているんだろうよ
上野千鶴子も自分がデータ隠しをしていると発言して訂正していない
できれば読済み論文の「格が高い」か否かについてデータ出してくれよとは思うが

130ななしのよっしん :2021/08/26(木) 19:58:45 ID: sxBTp3UuUT
>>121
知の欺瞞っていう本で真実(笑)覚めちゃったんでしょ

131ななしのよっしん :2021/09/02(木) 11:59:01 ID: JfV4jRKGAK
歴史学政治学、経済学だとほとんどのジャーナルに読があるし、哲学社会学(の一部)みたいな正解がない分野では読制度作ってもそこまでメリットないし、文系アンチアニキ文系解像度低すぎじゃない?

132ななしのよっしん :2021/09/04(土) 10:28:34 ID: hqjDPwDtoL
答えなんかないから読なんかいらんしwとか開き直り始めたよ
おかしいことをおかしいと思えないとこうなるんだな
青空教室で勝手にやってりゃいいのに

133ななしのよっしん :2021/09/04(土) 14:37:01 ID: /pOZJezvqZ
>>131
日本学術振会いわく、読は「あらゆる場面で評価の中核になるもの」であり「問題のある論文をチェックし,優れた論文を世に出すゲートキーパー」

科学の健全な発展のために -実な科学者の心得-」
https://www.jsps.go.jp/j-kousei/data/rinri.pdf#page=98[外部]
ピア・レビュー
科学研究の質を保し向上させる上で,重要な役割を担うのが「ピア・レビュー」です。…研究論文の学術誌への掲載や研究成金の採択,科学者の採用や昇進,大学研究機関の評価など,科学研究に関わるあらゆる場面で評価の中核になるものです。
ピア・レビューは,日本語では「読」とも呼ばれ,ピア・レビューを行う人を「読者」といいます。…論文を投稿する側からすると,ピア・レビューは論文掲載のために必要な手続きの一つに過ぎないと考えがちですが,実際には,問題のある論文をチェックし,優れた論文を世に出すゲートキーパーの役割を持ちます。

134ななしのよっしん :2021/09/05(日) 17:43:54 ID: 1kWKv0TtXd
>>129
それは>>126に言ってほしいな。
自分は単に>>126が「日本ではこういう傾向(社会科学や人文科学だと、研究成果に対する読は回数的にも価値的にも少なかった)が割りかし近年まで続いてきたので、日本社会科学ではたとえ論文を読んでもデータや実的知見がそもそも載っていないことがある」と発言しているけども、その根拠としているのがたかだか1人のtwitterでの発言だけだからおかしいと思ったまで。
別に全ての分野がそうだという保もないしましてや本当に法学ではそのようであるのかも不透明でしょ。

こういうときはTwitter切り抜きとかじゃなくてなにか論文雑誌とかジャーナルを挙げる方が適切だと思うのだけど、どうしてそうしないのだろうね?

135ななしのよっしん :2021/09/05(日) 18:56:30 ID: Wbg1N19Uiw
計量社会科学や計量法学でもない限り、人文社会科学データを使わないとか隠すというのはまあ普通にあり得る
だがデータ隠蔽は計量○○どころか統計学データ科学でも起きていてハゲタカジャーナルもあるので、結局は読を通すことが重要
分野によっては読通過しても格上げされんよメリットあまりないよと言うのはさすがにちょっと何どういうこと?って感じ

ひとまず「自分が日本学術振会を倒すんだ!」とか、または「革するんだ!」とか活動するのでなければ
日本学術振会に従えばいいんじゃないか
読はどの科学分野でも中核ですよという方針に従うことも込みで

136ななしのよっしん :2021/09/17(金) 23:59:58 ID: 22ZBpeOPoU
まぁ、何だろうね・・・読済みの計量法学の論文にべれば、読を重視していない法学者が書いた(従来的な)法学の論文はさほど読む気にならない、というのがとりあえず自分の意見だけど
読は必要か?みたいな議論がなんで今の時代に起きてるんだろうか

しかも学者が読やデータを軽く扱う発言をしているのは注すべきだと思う
文明開化の頃かよと
https://web.archive.org/web/20210811143719/https://pbs.twimg.com/media/DpICLUNWwAANWyj.jpg[外部]
>>az4334039472[Amazon]

自分は文学が多少絡む哲学専攻出身だけど、読付き論文は学界での肝心な実績であり、それが奨学金や科研費の申請でも研究職応募でもいかに重要かを口っぱく教えられていた身としては、町村泰>>131のような言い分は腑に落ちない

137ななしのよっしん :2021/09/18(土) 00:14:11 ID: EnINuQNQUA
まあ、読がほぼ意味をなさない場合はたまさかあるからな。扱ってる内容がニッチすぎる場合とかその分野の第一人者であるとかだと、評価できるのはプロセスの過誤がないかくらいで内容そのものを論じられない

読自体も50年ほど前からのカルチャーではあるし、まだ良の余地は多いだろうしな
論文の形式やプロセス不備、引用捏造などはある程度AIなりで検知可になる可性は高いし

138ななしのよっしん :2021/09/18(土) 12:36:14 ID: /pOZJezvqZ
世界的に読は約350年前のロンドン王立学会から続くシステム
当時は自然科学さえも、まだかなり人文社会科学哲学社会思想や自然哲学)と一体だった
日本学術振会が読を「科学研究に関わるあらゆる場面で評価の中核になるもの」と評しているのは当然かと

139ななしのよっしん :2021/10/01(金) 22:31:54 ID: zJxLhl/nrf
文系アレな分野の連中は読なんて読なんてと鳴いてるけど、
まさに文系らしく本質からを逸らし続けるような言い分よな…

読が大事なんじゃなくて「これ明らかプロセスがおかしいだろ!」って論文を排除する仕組みがあることが大事なんだよ
これを持ってれば別に読そのものがくてもまだ何とかなるのに、読なんて読なんてで自分らが代わりに何をしているかは決して話そうとしないのよね、何もしてないからだけど…

結局テメーらが適当にこじつけた言い訳を見破られるのが怖いから、21世紀にもなって「読は必要か?」なんて開き直ってる
本当に知りたいことがあって摯に学問に向き合ってるなら「読が使えないならそれ以外の質の担保の仕組みを作ろう」と考えないわけがない

#


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ