ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


三人称


ヨミ: サンニンショウ
掲示板をミル!
18カキコ!

概要


三人称とは、鉄塔ドンピシャ・ぺちゃんこの三名による、

雑談放送ならびゲーム配信用コミュニティである。

元々配信者であったドンピシャ、ぺちゃんこ両名と鉄塔が、配信者同士の交流で仲良くなり、

"ラジオ雑談放送"を企画したものが、三人称の発端のようである。

合言葉は、「三人って三人称、どうぞよろしく。」

ちなみにこのセリフは大抵、ドンピシャ一人によって発せられる。


どんな放送?


やりたい時にやりたいゲームをやるスタンスのようで、

各々の生活パターンから、ある程度の放送日放送時間の傾向はあるものの、

特に約束されているわけではなく、基本的に不定期放送となっている。

雑談放送企画として発足したコミュニティだが、現在ゲーム配信がとなっている。雑談もやれよ!

く、「ゲーム配信でも雑談してるからいいじゃん」とのこと。

ゲーム配信では、◯やPS3などのコンシューマからPCゲー、果てはブラウザゲーと様々なタイトルプレイする。

それ故、視聴者から「もう◯(orPS3)ではしないの?」「◯◯のゲームしないの?」といった不条理な質問がよく寄せられるが、

メンバーはこの手の質問に辟易しているらしく、放送の注意事項にも、

「(今やってないゲームも)やりますし、飽きてません。ただ時期じゃないだけです。」

とキレ気味に書いてあるので、あまり聞かないようにしよう。(用集参照)

一方、放送内で本気で怒ったりするようなことは滅多にない。

配信では棒読みちゃんを導入しており、通常では読まれない、NGスコアの高いユーザーコメント

あえて読み上げる設定にするなど、視聴者にはかなり寛容な姿勢を見せている。

しかし何を言ってもいいという訳ではなく(当たり前だが)、

配信者を貶める発言や迷惑行為、著しくモラルにかけた言動などについては

厳しく諌めることもあり、ある程度のマナーは守る必要がある。


メンバー


放送は特に三人ってやるわけでもなく、それぞれが好きな時にやっている。

暇であれば参加し、暇であっても参加しないこともある。とにかく自由である。

三人称のメンバーではないゲストを呼んで配信することもしばしば。三人ってなくても三人称どうぞよろしく。

ドンピシャとぺちゃんこに関しては、元同級生であり、旧知の仲のようだ。

なので、セインツロウなどの二人coopゲームは、彼らで行われることが多い。

鉄塔はそのことに対してノーコメントを貫いている。決して嫉妬しているわけでない。断じて。

メンバー三人のうち、二人が引き笑いである。

鉄塔

CoD4時代から動画投稿している、いわゆるうp主

投稿動画はかなりの再生回数を誇っており、ちょっとした有名人である。

それ故、他のメンバーからは客寄せパンダなどと呼ばれたりする(あくまでノリである)

何か思うことがあるようで、三人称ではあまり体となって生放送をしようとしない。やれよ!

マイクラシムシティでは、ハイセンスな一面を見せており、他のメンバーも認めているようである。

2013年9月頃より配信に使用するキャプボをぺちゃんこから譲り受けた画面が緑色に染まるキャプボへ変更した。そのため、ゲーム機による配信時は画面が緑色に染まる・・・ → その後、配信ソフトが不調に陥り現在生放送することができない模様。

詳細は大百科鉄塔の項を参照。

引き笑いである。

ドンピシャ(せいじ)

ニコニコ動画ではおもいッきりDON!というシリーズCoD動画投稿していた。今は熱が出ない模様。

他にもネタに走った歌ってみた動画などを投稿している。意外と美声

三人称では格ゲー担当で、意欲的に格ゲー配信を行なっている。

年に1度、24時間放送を行なっている。その過酷さから、放送後はもうやらないと宣言するが、

なんだかんだで毎年やっており、恒例行事となっている。

を2匹飼っており、放送中によく部屋に入れたり出したりしている。

食いであり、生放送中は放送を止めずに夕飯を食べる(食べる時は不在となる)場合があるが、ほとんど10分以内に食事を終え放送に戻ってくる。

詳細は大百科ドンピシャの項を参照。せいじについては、後述のエピソード"せいじ"を参照。

引き笑いである。

ぺちゃんこ

Ustreamドンピシャセインツロウなどのゲーム配信を行なっていた。

自称"ドンピシャサポート"であり、おもいッきりDON!シリーズへの出演、協を行なっている。

ニコニコ動画ではぺちゃんねるというコミュニティで、コンシューマ、PCゲー、レトロゲーの配信を行なっており、

生放送を編集した"よりぬき動画"も投稿していた。

三人称でも、単独で色々なゲームを配信していることが多い。FPSがわりとうまい。

を飼っており、まれに放送にの鳴きが入る。

なお、現在キャプチャーボードに問題を抱えており、ゲーム機による配信時は画面が緑色に染まる。(みんなって言わないでね)  → 2013年8月11日についに新キャプボを購入し配信を卒業した。しかも、新キャプボでの放送の画面はかなり綺麗と好評である。そして、旧キャプボはというとまさかの鉄塔宅へ。

詳細は大百科ぺちゃんこの項、またはぺちゃんねる[外部]を参照

メンバーの中で一、引き笑いではない。しかし、人のボケを鼻で笑い軽くあしらう癖がある。


エピソード


三人称にまつわる、わりとどうでもいいエピソード

三人の出会い

上記にもあるようにドンピシャとぺちゃんこは旧知の仲で、高校時代からの同級生である。

高校時代からゲームをよく一緒にプレイしていたようだ。

CoD投稿者と仲良くなりたいと思ったドンピシャは、CoD:MW2から動画投稿を開始。
(ぺちゃんこもその動画にお手伝いとして登場している)

CoD4から動画投稿をしていた鉄塔とは動画きっかけで知り合いになり

鉄塔Skypeを導入するやいなや、ドンピシャ 側から登録を依頼。

以降、お互いの動画製作に協したり、ゲームを一緒にプレイしていく中で仲良くなっていったようだ。

余談だが、鉄塔投稿している動画では今ほど仲良くなっていない三人の様子が見られる。


■sm11359192[ニコ動]

せいじ

せいじとは、どうやらドンピシャの本名のようである。

とある放送の中で、不意に父親に名前を呼ばれるというハプニングが発生した。

ドンピシャはその時、一旦はスルーし、かったことにしようとしたが、放送には

しっかり乗っていたようで、すぐに「せいじ」とコメントされ、あえなく本名バレすることとなった。

それから、ちょくちょく「せいじ」というコメントがされるようになり、タブーな感じが笑いを誘っていた。

現在では、歌ってみた動画タイトルを"人ぬせいじ"にしてみたり、またその動画の中で

「せいっ、せいっ、せいじっ」という合いの手が入っていたりと、自ら積極的にネタにしており、

ドンピシャ=せいじという認識が当たり前になりつつある。

また、ドンピシャブロマガの締めの言葉として、NiCoD界の重鎮、ハゲP氏のブログの締めの言葉である、

"そんな感じ"を一部借用した、"そんなせいじ"が使われている。(視聴者案である)

しばしばぺちゃんこドンピシャ父親モノマネをすることがあり、ドンピシャが「"しげる"のモノマネ似てねぇから」

摘したことで、父親の名前も明らかになっている。(意図的なものである)

また、それ以降に生放送母親の名前も何度か出しており

せいじで名前が判明していないのは、飼っている2匹ののみである。

ちなみにぺちゃんこの本名は"土井忠太"とされている。

視聴者が「なんかそれっぽい」という理由で挙げた名前である為、実名ではない可性もある。

鉄塔の本名に関しては一切不明である。顔は武者ガンダムに似てるらしい。

公式放送スルー事件

CoD Black Ops2発売当時、ニコニコ生放送において公式放送イベントが催された。

実は三人称、この公式放送にメールで招待されていたのだが、

メールに気づかずスルーしてしまったという事件。

今でもコミュ人数やコミュニティレベルの話になると、

「あん時公式でてりゃなー」

になっている。

クッキー事件

2013年9月クッキークリッカーWebアプリで大量にクッキーを作るだけのゲーム)が流行った際、ぺちゃんこの勧めもあってドンピシャクッキーを量産し始めていた。

そのゲーム内ではクッキーアイコンクリック連打することで生産量を増加させることができるため、どんぴしゃはハイパーオリンピックで鍛えた連打を見せようと勢いよくクリック連打を始めた所、何故かマウス操作を誤り、自身のFacebookページが配信画面に載ってしまった。

画面は数で消えたため、タイムシフトで確認されない限り情報はばれない状態であったが、ドンピシャは「タイムシフトの消し方がわからない、どうやるんだっけ」と焦っているにも関わらず、クリック連打を止めずにクッキーを焼き続けていた。また「あれ?焼いてたクッキーの数が減ってる」とクッキーゲームを心配し始め、個人情報ばれよりクッキーを焼くことに専念していたドンピシャリスナーの度肝を抜いた。

その後、配信を見ていたぺちゃんこからも「個人情報がばれる、やべー」と言いながらクリック連打を止めないドンピシャは面すぎたと言われた。(なお、その後タイムシフト削除できたため、個人情報ばれは防がれている)

公式デビュー

公式スルー事件から約一年後、CoD GHOST発売に伴い2013年11月9、10日に開催された「ニコニコゲームマスターpresents コール オブ デューテゴースト最新情報シリーズ28時間ぶっ通しゲーム実況」にて、ついに三人称が出演し公式デビューを果たした。(顔出しはしていない)

この出演依頼は鉄塔メールアドレスへ送られたが、今回はスルーすることなく出演する故の返答を行い、事出演している。

出演時間は深夜3時5時と遅い時間帯ではあったが、どんぴしゃのわざとゆっくり爆弾を設置する、鉄塔は幾度ボタン連打してもナイフで刺されゲームオーバーになる、ぺちゃんこはなぜか風邪を引き、自分のことをどんぴしゃと間違ったり、最後のコメントをぐだったりとある程度は三人称の面さをアピールすることができ、事放送を終えた。

鉄塔やらかし事件

公式デビューのすこし前に起こった事件。

公式からのオファーを受け取った三人は、を設けて、嬉々として公式出演とその時間帯を発表した。

そのマニアックな出演時間について面おかしく話していたメンバーだったが、

視聴者から、出演時間はまだ言ってはいけないのでは?との摘。

公式からのメールを受け取った本人である鉄塔が確認したところ、まったくその通りであった。つまり見落としである。

鉄塔はこのやらかしに対し、唐突に田村正和モノマネを始めるなど、とぼけた態度を見せていたが、

が進むに連れ、「お調子乗りだったかー...」「今日寝れないかも」「なんか手が軽い」

と徐々にテンションが下がっていき、放送終了後にはツイッターで、「今日は色々とすみませんでした」と謝罪した。

その様子があまりにも面かったため、鉄塔テンションとは裏に放送は大いに盛り上がり、

視聴者に「クッキー事件に次ぐ出来事」と言わしめたほどだった。

公式からのお咎めは特になかったらしい。


生放送に登場する用語集


鉄塔氏

リスナーが「鉄塔氏」をコメントをすると即座に鉄塔が「手塚氏」と返答する。(稀に返答しないが泣かないこと)どんぴしゃとぺちゃんこも氏を付けて呼ぶと返してくれる場合がある。
これは鉄塔COD Black Ops2において作成したエンブレムが『まんが主人公の満賀雄(または才野茂)であったため、リスナーが「鉄塔氏」とコメントしたところ鉄塔が「手塚氏」と返答したことが始まりとされる。

シャス

ちゃんこガンダムオンラインを放送している際、小隊に入隊した時の挨拶が「シャス」であったことから、わこつ等の挨拶代わりにリスナーコメントしたりしている。

後に本人がシャスの起についてTwitter上で訂正している。

く、「シャスはAVAの時にをいろいろ見せてあげるよと言ってくれたAVAベテラン初見の人に何も言わずいた時、視聴者からお礼ぐらい言いなよって囃し立てられた人見知りからでた最大級の感謝の言葉な!」

ぺちゃんねる抜けます

三人称のかが暴言を吐いた際、「ひどい人達ですね、ぺちゃんねる抜けます」とリスナーコメントされる場合がある。これは、ぺちゃんこが当時一人で生放送していたコミュニティ「ぺちゃんねる(co1069398)」をしており、現在は三人称コミュニティを使用しているため使われていないが、使われていないことを知っているリスナーが冷かす意味で「ぺちゃんねる抜けます」とコメントしている。

妖怪猫出しせいじ

次へ»
最終更新日: 16/03/31 16:22
パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ