ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


田口


ヨミ: タグチ
掲示板をミル!
45カキコ!
ネット配信者
田口
(たぐち)
基本情報
出身地 福岡県
生年 不明
配信情報
Twitter 不明
ツイキャス 不明
ユーザー 19832841[動]
コミュニティ co2746783[外部]
配信スタイル 顔出し雑談外配信
田口軍団
配信歴
ネット配信者テンプレート

田口(たぐち)とは、福岡県津市在住のニコニコ生放送戦場とする顔だし配信者の一人である。


田口について


◆本名:田口潤
◆年齢:不明
学歴通信制高校中退偏差値38以下の高校中退高等部(高卒認定コース)
職業新聞配達員
◆お気に入りの床屋近所のスーパー"マルシェ"前の「アームズ」
◆好きな食べ物:飯店の担々麺
◆持病:鼻炎(アラミスト使用)
◆好きな配信者アニメ声真似配信者を好み(みかりん、渦、さきごめとユタ)などを言していた。
ネトゲドラゴンネスト」での名前たぐちゃんやめへんで


概要


自らの放送をニコ生治安の悪い放送』としており、ほとんどの放送で何かにキレているが、その対は大抵凸者リスナーに向けられている。また、多くのリスナーは田口の放送中に起こる様々な出来事を"自演"であると考えているが、実際その通りである。

放送の最後には得意技のワキガビームを炸裂する。本人はワキガビームを流行らせたいらしいが、その兆しは全く見られていない。


来歴



≪誕生期(作成~3ヶ月)≫


極初期はヤンキーに扮したDQN放送、全裸でのダンス放送、などをメインに行い、
ある日突如、何を思ったか実の祖母コンビ漫才(ヒゲ男爵)放送を決行した。
この頃はPCに関する諸知識などに特に疎かった為、
リスナーウソ情報に振り回され弄ばれることで人気を博す。
尚、記念すべき第一回の放送は『緊のあまり30言放送(チャット放送)』という結果に終わった。

放送開始から一ヶほど経ち、放送に慣れ始めたあたりからスカイプを用いる事を覚えたが、
基本的には荒れる事を前提とした喧嘩凸に発展しやすい凸待ち逆凸というスタイルであった。
又、現在までも受け継がれるリスナー凸者に対する不条理なキレ芸』メインとした雑談スタイルは、
この頃に習得した模様である。

2010年5月31日

お茶(o--o)コミュニティにて突如のコミュジャック放送を開始。
多くのリスナーからブーイングを浴びる中放送したが、
現在ではお茶(o--o)やお茶(o--o)リスナーにも認知されている様子。
だが、これも自演に過ぎないと憶測されている。


≪成長期(4ヶ月~5ヶ月)≫


◆2010年6月22日

リスナーVS田口の親善試合 後半戦 (有り)」と題した放送で、リスナーウナちゃんマン電凸を促される。「田口いけ」、「うなはやめとけ」という賛否両論の中、放送中のウナちゃんマン電凸を決行するが見事玉砕。ちゃんまん放送から流れてきた大量のリスナー弾幕で放送が荒れる中、田口は自らのスカイプIDスカBAN余裕。何を得ることもなく田口放送終了。※コミュニティ動画

◆2010年7月24日

兼ねてより宣言していた予約コミュ解散総選挙配信を実行し、リスナーアンケート投票の結果田口は大敗、後日予約引退会見放送をする事を約束、及び約通りコミュニティの解散&ニコ生から引退することを表明した。※コミュニティ動画

◆2010年7月26日

解散総選挙大敗であったにも関わらず、予約引退会見を反故にした上で突如通常放送を開始。多数の抗議およびブーイングの中強引に放送を進め、アンケートにより「画伯喧嘩凸企画」が採用される。※コミュニティ動画

2010年8月現在も、田口は何事もなかったかの様に放送を続けており、
その後も放送中に度々リスナーから引退に関するコメントがあるが、
「その話は終わった事」としてキレてうやむやにするか、スルーして強引に配信を続けている

◆2010年7月31日

画伯喧嘩凸企画」を実行するが予想通り田口の余裕負け
りを見せるどころか開始数十で負けの気配が漂い始め、
何も言い返せなくなったところで画伯に媚を売り、その後画伯適当に弄ばれた挙句自ら終了。
コミュニティ動画

◆※バッカスコミュジャック放送

※後日加筆修正


≪躍進期(6ヶ月目~現在)≫


引退表明(2010年9月9日)

アルバイト先の先輩"ニコニコ生放送での活動及びニコニコ動画への動画出演を特定"され、リアル人間ネット上の活動がバレるという、言わば"逆特定による引退"を、予約引退しようと思います」により表明した。9月9日当日の放送中には「めちゃイケレギュラーメンバーオーディション」に応募することも表。

なお、本放送はちくわちゃんリアルタイムランキングにて1位を獲得し、来場者数4,155人、総コメント数14,671コメントコミュニティ人数が950人から1168人に増加したが、放送の内容はイエバスERBBackаssやコレコレ最強弾幕などで一面を覆われ、また「さっさと引退しろ」などと田口を煽るスカイプが次々に来る状態に陥った。そのため急遽、後日コミュニティ限定で引退放送をすることを終盤で表した。

引退撤回(2010年9月11日)

前回の引退宣言時と同様"何事もなかったかの様に"急遽放送を開始し、その放送中に引退撤回をめかす発言をした。引退撤回のきっかけは、引退会見放送日のリモーネ先生の配信を見た事によるものだといい、本人9月9日の配信は釣りではなく、"その時は本当に引退する意思があった"と苦しすぎる言い訳をした。

又、リスナーから放送を続けてほしいというが寄せられたこと(自演?)から、活動継続を決意するきっかけにもなった模様。※この時期に、偶然運営よりゴールドチケットが2枚来た(ゴルチケ通算4枚)為、"運営からも必要とされている存在である"と、勘違いしている模様。

これらに対してリスナーは「失望した」「引退しろ」「嘘つき」「開き直り」としい抗議をしたのはもちろんのこと、"応募する"と言していた「めちゃイケレギュラーメンバーオーディション」には、"眠かったので応募しなかった"という、あまりにもお粗末な結果に終わったことを表した。

尚、応募用の履歴書に使用する予定だった写真を抽選で2名にプレゼントすることを同放送にて明らかにしたが、
おそらく応募者は極少数に終わるであろうことや実際に当選プレゼントされた写真は、
当選者によって破り捨てられる事が安易に予測される。

◆2010年9月19日

田口第二夫妻であるティッシュ(生放送主)に画伯キッズ
ティッシュがそれを受け入れた事を知った田口が憤慨。
この件に関して田口が画伯キッズをし、ティッシュを巡る"田口 vs 画伯キッズ"の構図がのものとなる。
※その様子は画伯キッズによりニコニコ生放送にて放送された[外部]

田口は放送にてティッシュは田口のである」旨をした上で、
画伯キッズが横から出てくるのは筋違いである」と、強い憤りを示した。
これを受けて、画伯キッズは田口に対しえりんこをと言っておきながら別の女にうつつを抜かした」
「田口エンターテイメントの規則を理由にするのは言い訳である」と反論。
両者の言い分が入り乱れる荒れ模様となった。

また、田口はこれ以外に画伯キッズの放送スタイルについても言及し「暗キッズ真似にしか見えない」
ばくはげ画伯子入りを申し込んだのは画伯キッズよりも自分の方が先である」と発言。
画伯キッズ画伯さんとは別のスタイルの放送をする」という言葉に対しても、
画伯キッズは、画伯という名のキッズと、強な非難をした。

その後も怒りの収まらない田口は、画伯キッズへの抗議放送を行い、
画伯キッズに対し泣きながらの強い抗議を行ったが、
何を思ったか画伯キッズの放送を弾幕で荒らす事をリスナーしてしまう。
一部のリスナーは実際にそれを実行するが、画伯キッズが即座に弾幕荒らしを行うユーザー
NG登録したことで大きな混乱被害は出なかった。
これが後に"田口一人よがりの乱"として、大して後世にり継がれる事のない事件の相である。
コミュニティ動画

----(以下、大幅に編集中)

2011年2月

【ママチャリ崖下り配信】

の中、チャリンコで登場。近所のき地にある、盛土の頂上からママチャリで崖を下る挑戦モノだったが、恐怖のあまり、ヘタレぶりを露呈し、リスナーから煽られ、田口が旗を上げたため、gdgdに。暴動が起こりそうな雰囲気の中、配信は終了する。

【島流し配信】

アメリカに向かうとする田口。持参した空気ボートに乗り込み、の下流を流れるという、シュールな内容に、リスナーは困惑。福岡の一寸法師と化した田口を、コーポやひろがひたすら実況する展開で、日没しそのまま終了するが、なぜか田口本人、お気に入りの配信(注:本人談)だったことは、あまり知られていない。

2011年3月

【田口、「てんきゃとる」誕生までの流れ】

3月4日。6日に東京で行われるニコ生公式放送生主討論会2に、パネリストではなく「客席要員」として出演することが決まり、航空会社に搭乗チケット予約のため電凸

以下、生主討論会2で<<起こったとされる>>出来事。

このマイクアピールは、討論最大の<<大スベリ>>となるが、

当時出演者席にいたひろゆき(西村博之)から「かわいい」、横山から「これだから素人は面白い」と評価を受け、結果的に売名に成功。中堅生主として伸び悩んでいた田口の配信者人生180度変える一大転機となる。

3月7日外部配信中のBackass自宅を訪問(渋谷あらきも同席)。討論会での自分の不甲斐なさにより、ガチ泣き。その後、んだ田口を、2人が励ます。

【ガジ○ット通信を挑発】

泣かされて帰ってきた討論会での裏話と、報復の運営disを展開。「優しくしてくれたのは、伊予柑のりちゃん(石川典行)だけ」と発言。ところが、dis相手の百花繚乱が、まさかのツイートコメ降臨。念願のkonzamaミラーが立つ。その後、緊したのか、黙りこんでを途中で切り、配信は終了。

【被災地募金配信】

次へ»
最終更新日: 20/06/08 23:15
パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ