ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します




ニコモバで動画をミル!
掲示板をミル!
2カキコ!

『‌』(※タイトルは表示されない)あるいは『------』とは、niconicoユーザー名「ゲスト[動]」(別名義:「x0o0x_」など)による楽曲/動画である。


概要


合成ソフトUTAU」に歌唱させた自作曲に、ドット絵でのPVを付けた動画作品。2019年11月2日に『‌』の題名でニコニコ動画投稿された。

UTAUボイスデータを切り替え可だが、色やドット絵の内容などから、おそらくメインで歌唱しているのは「UTAUデフォルト」(「デフォ子」「唄音ウタ」とも通称される)かと思われる。

ハモりでは自作UTAUも使用しており、動画投稿と同日に配布している。このUTAUの「character.txt」では「name=x0o0x_」と記されており、音名称は投稿者のTwitterスクリーンネームと同じ「x0o0x_」であるようだ。

動画中ではドット絵キャラクターとして、「帽子をかぶった紫色キャラクター」と「リボンを付けたキャラクター」の2名が登場する。「UTAUデフォルト」がキャラクター化された姿としての「デフォ子」(唄音ウタ)は前者のような「帽子をかぶった紫色少女」として描写されることが多い。そのため、前者のキャラクターメイン歌唱の「UTAUデフォルト」を表しているものかもしれない(明言されているわけではないが)。であれば、後者キャラクターハモり音x0o0x_」を表しているのかもしれない。

この楽曲は、投稿者自身もかつて「歌ってみた」を投稿した[動]ヤツメ穴』など、先行する楽曲へのオマージュ/リスペクトとして制作されたもののようである。それら先行作品のファンからの注も集めた。


ニコニコ動画以外での投稿・配信


また、このニコニコ動画への投稿とほぼ同時期の2019年11月1日から2日にかけて、「YouTube」や中国動画サイトbilibili」にも同一の楽曲『』が投稿された。

この楽曲には歌唱者が異なる2つの版があり、自らが歌唱しているバージョンと、歌合成ソフトUTAU」が歌唱しているバージョンが存在する。

YouTubeのメインチャンネル「‌」(※チャンネル名は表示されない)では本人歌唱版が投稿された[外部]

一方、YouTubeのサブチャンネル「x0o0x_」にはニコニコ動画版と同じUTAU版が投稿された[外部]

bilibiliには本人版[外部]UTAU版[外部]の双方が投稿された。

2019年12月2日には、音楽配信流通サービスTuneCore Japan」を介して、多数の音楽サイトでの配信が開始された[外部]。その際には、曲名は『‌』ではなく『------』として配信された。おそらく『‌』という曲名が使用できないサイト/サービスがあったものか。

この『------』の読みについては、「キョク」と設定されているサイトがあったx0o0x_(ワカメ)のおすすめ配信曲一覧 | 音楽配信サイト「着信★うた♪」[外部]。ただし「曲」の読みでしかないという個性を消した読みでもあるため、「読みを設定しないと登録できなかったために入されただけの仮の読みでしかなく、実際には特に読みい」という可性も否定できない。

また、2020年12月19日からカラオケ「JOYSOUND」より[外部]、および2021年4月6日からカラオケ「DAM」より[外部]、やはり『------』とのタイトルで配信された。これらカラオケ配信においては『------』の読みは「キョクメイナシ」とされているようだJOYSOUND公式からの配信開始告知ツイート[外部]DAM公式楽曲情報ページ[外部]のヨミガナより。上記の読み「キョク」と異なることから、やはり実際には特に読みいのかもしれない。


YouTube


YouTube版のふたつのうち、特にメインチャンネル「‌」から投稿された本人歌唱版[外部]YouTubeの「あなたへのおすすめ」(Recommended for you)機でおすすめされることがあるらしい。コメント欄には3万件以上(2019年12月9日現在)のコメントが寄せられているがその内容を読んでいくと、偶然「おすすめ」されて奇妙なタイトルチャンネル名に戸惑いつつ視聴してみたところ楽曲を気に入った、というユーザーが多いようだ。

そういったユーザーの多くが「高く評価」したために「さらにおすすめに挙がりやすくなっていく」という循環に入ったのか、2019年11月16日頃に10万再生えたあたりから再生数の伸びが加速。11月21日頃に50万再生え、11月23日頃にYouTube100万再生を、12月2日200万再生を、2020年3月末ごろには300万再生を突破してしまった。

コメント欄には英語、スぺインロシア語韓国語など様々な言が入り混じっており日本語コメント較的少ない。そしてコメントしたユーザーの大多数は、上記『ヤツメ穴』等の先行作品を踏まえた作品であるという点については把握できていないようだ。

「おすすめ」以外からの視聴

YouTubeの「おすすめ」機以外のきっかけでこの動画を視聴した人も居るようだ。

例えば、都市伝説/オカルトなどを扱うメキシコYouTubeチャンネルgRUNgerOFICIAL[外部]」(当時のチャンネル登録者数が約292万人)が2019年11月22日投稿した動画EL Extraño VIDEO sin Título que Apareció en las Recomendaciones de YouTube[外部]」(和訳:「YouTubeの「おすすめ」に現れる、奇怪な無題動画」)や、同じくメキシコホラーYouTubeチャンネルelmundoDKBza[外部]」(当時のチャンネル登録者数が約491万人)が2019年12月13日投稿した動画El misterioso canal que está apareciendo en YouTube[外部]」(和訳:「YouTubeに現れるミステリアスチャンネル」)などからたどり着いたスペイン語話者も少なくないらしい。どちらもダークな雰囲気のチャンネルということもあって、これらの紹介動画ではほとんど怪奇現のように扱われてしまっているが。

また、2019年12月7日Twitterこの動画について触れた韓国語のツイート[外部]投稿され、そのツイートが数千件の「リツイート」や「いいね」を集めるなどTwitter韓国語話者の間で少し拡散。それ以後、動画韓国語コメント明らかに増えているので、このツイート経由で多くの韓国語話者が視聴したものと思われる。

投稿者についての情報の錯綜

YouTube視聴者、特に非日本語話者の人々の間では、投稿者についての情報混乱しているようだ。

例えば女性に聞こえる人がコメント中で「her」(彼女の)と言及しているかと思えば、男性に聞こえた人が「his」(彼の)とコメントしていたりもする。

大胆な意見としてはTwitter上で「The artist’s name is Susumu Hirasawa.」(「このアーティストの名前は平沢進やぞ」)とっているユーザーすら居た。すぐに他のユーザーから「His not Hirasawa checked their music styles and they are quite different」(この兄貴平沢とは違うだろ……作が全然違うやんけ)と突っ込まれていたが。おそらく、投稿者が過去に制作した核P-MODEL(平沢進)の『Big Brother』のカバー[外部]において、元アーティストを示す意味で説明文に「平沢進」の名前と平沢進公式サイトURLを掲載していたのを勘違いしたのだろう。

上記の「gRUNgerOFICIAL」の紹介動画では、投稿者「x0o0x_」氏のTwitter自己紹介コメントの中にねこちゃんがいます」を「Hay un gato en estomago」(和訳:の中にがいます)と機械翻訳して紹介してしまった。そのせいでその紹介動画に寄せられたスペイン語コメントでは「投稿者はを食べる人なんやな」と解釈してしまっている人も居るようだ。多分そういう意味じゃないと思うよ。

投稿者についての詳細は「x0o0x_」の記事も参照。


bilibili


一方、中国動画サイトであるbilibiliでは「鲜味」(鮮味)というコメントが多く寄せられているようだ。中国語圏では『ヤツメ穴』等の楽曲を「海鲜市场」(海鮮市場)と総称するため、それを踏まえたコメントである。

つまりYouTubeコメントして、bilibiliでの中国語話者の視聴者コメントには、本作の背景としての『ヤツメ穴』等の存在を理解した上でのものが多いようだ。

ちなみにこちらでも、本人歌唱版[外部]に「男声」というタグが付いていたり、そのことについてコメントで「男声??」と疑念を示しているユーザーが居たりと、性別について混乱している節がある。


関連動画



■sm36158722[ニコ動]

■sm36440133[ニコ動]
■sm37470177[ニコ動]


関連商品


■azB08284J3RQ


関連項目



関連リンク



最終更新日: 21/04/18 04:16
パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ