ばりさん生放送

バリサン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

概要

ばりさんとは、雑談、及び、ゲーム実況プレイ生放送主である。

 (おも)に凸待ち雑談放送(ざつだんほうそう)を行っているが、本人のトークスキルコメに対しての読解(どくかいりょく)が著(いちじる)しく低く、結果として凸者量(りきりょう)に全てが背負わされる格好となり、によって放送の出来が甚(はなはだ)しく異なる。

 //途中までは、ばりさんの漢字読みスキルに合わせ読みを入れていたが、面倒なのでここまでにして続きをろう//

 ばりさんの、凸者める笑いのレベルは、身の程知らずにも結構高く、これにより一層難易度が増しているにも関わらず、日によってムラはあるものの意外と凸者が後を絶たないのは、本人の人柄、相手の量を見定めるの確かさがある。

 それにも増して、最大の理由は、ばりさん本人の「ものまね」「声真似」あるいは「ぎゃぐ」を聞かされたリスナーが、「あぁ、こんなもんでいいのか」と、油断してしまうところにある。

 どの程度かというと、基本的に「人のモノマネ真似をしようとまねている」レベルと書けば、すべてをつくしたことになるが、少し寂しいので、モノマネに関するエピソードを幾つか挙げておこう。

○「最初の【カ】しか似ていない」

 同級生女子から、ベジータ真似を要され、渾身ので 「かぁかろっとぉぉぉっ!」と、叫んだが、その彼に対し、冷めた口調で帰ってきた言葉がこれである。しかし、そのエピソードを、なぜか嬉しそうにる事で、好感度を上げるという、姑息テクニックを駆使、、、するスキルは、彼にはい。

〇「参加させたければ、向こうから迎えに来い」

 とある日に、ベジータモノマネ大会というものに誘われた彼は、当日まで彼なりにネタを模索していたのだが、直前になっても催者から何も連絡がなく、当日その催者のコミュを覗いてみると、まったく違う企画を行っていた。

 かなり落胆した彼は、日程の段取り等の不満を口にし、挙句の果てに出た台詞が上記のものだが、実は日程そのものを、ばりさんが勘違いしていたというオチが付いたことは言うまでもない。

 視聴者の中にも、未だにコミュ名であるところの、くばり・聞くばり・心くばりさん」の3つの言葉の語尾であるところの「ばり」が三個で「ばりさん」だという事に気づいているリスナーは、なぜか少ない。

 まぁ、大半のリスナーには、だからどうしたレベルの話だからであろうし、コレが由来とするならば、を呼ぶとき「ばりさんさん」と、呼ぶのが正しいこととなり、誰得の感は否めない、どうでもいい拘りである。

 しかし、ある程度の年齢のリスナーは、「見ごろ、食べごろ、笑いごろ」を、思い出すことは必至であり、本人が自慢するほどの凝ったタイトルもなかったりする。

※※ばりさんの、放送における周辺事情※※

 こんな(?)ではあるが、一応は常識人であり、ニコプレミアム登録、並びに、生放送をする事に関しては、ちゃんと両親に許可めた上で初めている。

 が、両親に許可を得たとは言え、彼の放送の最大の障は、実は隣の部屋のであったというオチがつく結果となった。

 放送の性質上、奇(?)を上げることが多いのだが、度をえると、隣の部屋のを蹴る音が聞こえることがある。このサインにより、ばりさんのテンションは著しく低下し、以降は抑えめのと、エコー頼りの放送となってしまう。

 とはいえ、フラどころか家族全員いない日の放送で、テンションが上がりまくった彼は、ペース配分等というものをまったく考えなかったため、あわれ3で撃沈した事もここに添えておく。

 父親には「お前、成績いいんだなぁ」と言われていると自慢する場面もあったが、大半のリスナーは「お前に成績悪いんだと思っていたが、まぁそれよりは)成績いいんだなぁ」と、父親の言外の意を受け取ったであろう。

 母親は、どうやら放送の事に理解があるらしく、たまたま夕食の時間が予定より遅くなりそうな時に「一やってきたら?」等と仰ったという、あっぱれ母さんである。

 放送に使用しているPCデスクトップの、201に、入学祝いとして貰ったものらしいが、購入の際一番いいのを頼む(キリッ)と、時代を先取りした台詞で決めたようだが、電及びPC系の店員から、一番やりづらい客になっていたことは否めない。

 結局、大手電系の、当時の最新最高モデルらしいが、本人にPC系のスキルがまったくい為、まさに「宝(i7CPU)の持ち腐れ」である。

 しかし、最近凸者の音を録音、再生、編集等に使いネタとすることに覚め、まぁ、あくまで初歩レベルではあるが、PCの性価が生かされているところもある。 (凸者の音が、かなりクリアだったり、ノイズ等も少ない)  が、おそらくは、当人は何も分かってないものと思われる。

 メイン凸待ち雑談放送以外に、深夜のまったり放送を行うこともある。  これは、さすがに深夜に大が出せないからという事からのの策だが、たまたまゆっくり話すと、なんだか優しいお兄さんに聞こえてしまう瓢箪から駒な結果を生み、結構多くの相談事を受ける事があったりするから、世の中、何を信じていいのか解らない

 もっとも、「そうか」「うーん」「むずかしいね」「なるほど」「みんなも一緒に考えてみてね」「(コメ見て)あぁ、そうだよね、うん」と、今ここに列挙した、彼の持てる言全てを駆使しての内容となるのだが、実際相談事っていうのは、聞いてくれる人がいるだけでありがたい訳で、重ねて、結局コメ者が見るに見かねて助け舟を出す展開となり、結果オーライとなる。

 一応のフォローとして、このにおける背景画像、及びBGMの選択のセンスは非常に良い事を記しておく。

※※ばりさんの、ゲーム実況放送における周辺事情※※

 全に放送が手詰まり(フラ、凸者がいない)な状況でも放送を続ける手として、2010年11月頃より、ゲーム実況も放送に取り入れている。

 今までに実況したゲームは、

 〇ゼルダの伝説 時のオカリナ

 〇サイレントヒル

 〇バイオハザード4

 〇青鬼

 ま、結局実況というよりは、の悲鳴と慌てぶりを楽しむ放送となっており、どんなホラーゲームでも笑える事をお約束しよう。

関連コミュニティ

関連項目

  • くばり・聞くばり・心くばりさん
  • ばりさん

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/l/%E3%81%B0%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ばりさん

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ばりさんについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!