masaya生放送

マサヤ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

masaya(生放送主)とは、ニコニコ生放送ピアノによる弾き語りを配信しているユーザー生放送である。
ニコニコミュニティ名は『ぴあの』  (co275597exit_nicocommunity)。masayaのプロフィールは以下の通り。

本   名 : 山口也(某ミステリー作家と同姓同名だが全く関係ない)
年   齢 : 全然隠していないが言もしていない。後述のご本人公式サイトを参照のこと。
出 身 地 : 宮城県仙台市
職   業 : 作詞作曲
装 備 品 : Rhodes MK-80
ち か ら : を振る程度の
す ば や さ : FMEだと放送開始がちょっと遅くなる。
たいりょく : 本放送3プラス飲み2~3くらいの体
か し こ さ : トークの噛み具合は減りつつあるが、予約したのに放送遅刻は前科2犯。
うんのよさ : 運が良いと思われる出来事がまだ見られない。
さいだいHP: 連続12くらいできるHPはある(但し、翌日はゲージHP極少)
さいだいMP: 未知数(に通称『飲み』にて発揮される)
こうげき : 瑞々しく透明感のある優しい歌視聴者を撃沈する。かなりの破壊あり。
し ゅ び : 視聴者からのリクエストに応えられないこと多々あり。おが弱く守備はやや低め。
経 験 値 : 2010年3月開設。1年で噛まなくなりました。たぶん。

山口公式サイト
http://www.yamaguchi-masaya.com/exit

 

概要

 

『春ぴあの』生放送の歴史

2010年3月14日
 『ぴあの』コミュ開設。ニコ生・第1回放送は開設直後の2:20開始。生放送第1曲は『ひこうき雲』だった。

2010年3月25日
 初のゲストを招いての放送。この顔出し放送だった。ゲストDJ木村園氏。

2010年3月29日
 深夜放送で近所迷惑になるため歌えず、DAWから自作曲を流すだけの放送。
 インターネットにあまり詳しくなかった生主3月gdgdと手探り状態で放送していた。

2010年4月3日
 4に渡って『マサヤオンガクサイ』開催。
 生主音楽に係わる歴史りながら、その時代の曲を弾きる。
 生主自己紹介を兼ねた放送だった。

2010年4月4日
 それまで余りにも適当すぎた生放送説明文が、この日から詳細になり「山口也」の名前を初めて表記する。
 コミュニティプロフィールはこれまで1行だったが2行に増量される。但し、いずれも改行かった。

2010年4月18日
 コミュニティ動画「【オリジナル曲山口也/君だったね」がアップされる。

2010年4月19日
 前日の本放送が終わり、日付が変わった0:14より予告く放送が始まった。Liveの後の打ち上げ放送ということだったが、これが後の『飲み』となる。残っていた少数のコミュニティメンバーは何事が始まったのかと騒然となった。この日は一切歌わず、みつつ雑談するだけの放送だった。
 「Skypeを使った生放送やってみたいが、その時はしてくれないか?」との生主の問いに、その場にいたコミュニティメンバー全員拒否するという悲しい事件が起きた。

2010年4月21日
 生放送説明文に初めて改行が施される。

2010年4月25日
 初めての予約放送。しかし放送履歴等の設定を消していたためにコミュニティに予約の表示が出なかった。
 この放送の前に、コミュニティサムネイルをこれまでのの木の写真からイラストに変更。絵は生主の知り合いのイラストレーターさんの作品である。

 2010年4月29日
 ゲストを招いての顔出し放送。この日は直前までDJ木村園氏のレコーディングを行っており、セッション雑談の放送となる。木村園氏より日本ラジオDJ歴史られる。

2010年5月1日
 コミュニティプロフィールに歌える曲のネタ集と、生放送説明文に「リク受付」の文字が追加される。
 やっと初見さんに優しいコミュニティへと整い始める。

2010年5月2日
 コミュニティ参加人数が100人突破。100人突破記念放送の企画が持ち上がる。

2010年5月8日
 生放送来場者数が初めて3桁となり、初めて歌詞職人が登場した。

2010年5月15日
 「ぴあの一時間スペシャル」放送。
  [1]ひこうき雲荒井由実)→(最初の放送で歌ったのがこの曲だった)
  [2]サクラ横丁(オリジナル曲
  [3]チェリースピッツ
  [4]君だったね(オリジナル曲
  [5]always声優入野自由さんへの提供曲) 作詞溝口作曲山口
  [6]full count声優神谷浩史さんへの提供曲) 作詞masaya 作曲masaya
    ※本来、「山口也」と表記されるべきなのだが、手違いがあり「masaya」になっている。
  [7]letter songボカロ曲)
  [8]奏 (スキマスイッチ)
  [9]優子オリジナル曲
  エンディング曲:FULL COUNT 

2010年5月16日
 21:00からの予約に24分の大遅刻をやらかすという事件勃発。
 この後、ニコニコ生放送サーバーが不安定になり、断続的に通信が途切れたり放送ができなかったり視聴できなくなる状況が深夜まで続く。

2010年5月23日
 この日の『飲み』にて、『ラップスター咲』と『Yello』についてる。
 余りにも熱くりすぎたため「生主、どんだけYelloのこと好きなんだよ!」と視聴者に突っ込まれまくる。

2010年5月29日
 伝説の2PCが故障のためネットカフェから放送を見ていた視聴者から「では今の気分の歌で^^」とのリクエストに、即で『曲作れないブルース』を歌う。
 この日は土曜日月曜日に提出する曲を書いていた生主は「曲はできたが歌詞が書けねぇ♪」と魂の叫びを歌い上げ、画面にwwが生える爆笑コメントとともに拍手采を浴びる。

2010年6月1日
 コミュニティ看板娘・はなちゃん(生主・メス)が1の放送後半にログインピアノ最低音部分に座り込み動かなくなる。
 丁寧で場所を移動するよう説得する生主だったが、はなちゃんは威嚇して噛みつこうとする。そのまま放送終了
 その後、ニコ生で不具合が発生。「座席が確保できませんでした」とエラーが続き、視聴者だけでなく生主も入れない状態が続く。そんな中で「風呂掃除のひとりよがりブルース」を即で歌う。
 深夜になり『飲み』が始まるとサーバーが正常化。生主昭和歌謡の師匠である先生生放送出演をオファーし、OK頂いたとの報告あり。
 その後、視聴者より作曲について質問があり、『飲み』なのにり続けるというしい放送となる。
 だがが進むにつれて深夜放送らしい内容になり、こちらもある意味正常化していった。 

2010年6月2日
 ゲスト放送。招かれたのはドラマーコロ助氏。ドラムパッド持参したもののペダルを忘れたため、セッションで苦戦する。セッションしたかと思うと、飲んで食って騒いで宇宙科学についてり始め、最後には生主が歌っているうちに寝るというフリーダムゲストだった。

2010年6月5日
 高画質配信(FME)に挑戦したがっ暗なまま。5分経過しても復旧せず、背景視聴者チャット大会開催。結局、この普通画質で配信開始。
 次こそは高画質で!と挑んだ2は6分後に画面から復帰し、事にFMEで放送開始。FME記念第1曲オリジナルの『サクラ横丁』(オケ版)だった。
 「耳が幸せ!」「音が全然違う!」「ヘッドホン、ヤバイ」と視聴者コメントは狂喜乱舞。これ以降、放送はヘッドホン推奨となる。

2010年6月12日
 コミュニティ参加人数が200人突破。200人突破記念放送のゲスト先生であると正式に発表される。 

2010年6月15日
 『ぴあのスペシャル先生LIVE』開催。1時間スペシャル放送で、プロ歌手ゲスト出演というな放送内容となった。
  [1]生主の「上を向いて歩こう」からスタート。小芝居のあと先生登場。
  [2]木綿のハンカチーフ
  [3]におちて
  [4]あの日に帰りたい
  [5]東京ララバイ  ※ここで先生休憩
  [6]生主オリジナルサクラ横丁」の後、先生復活。
  [7]おもちゃチャチャチャ
    この後、3曲続けてデュエット
  [8]なごり雪
  [9]チェリーツリー(先生オリジナル曲
  [10]ラヴイズオーバー
  [11]東京ブギウギ ※この曲で締めるはずだったが1分半ほど時間が余ってしまう。
  エンディング……オリビアを聴きながら

 『(コミュニティ参加人数が)300人になったら、また呼んでね!』と言葉を残して先生はお帰りになる。


2010年6月22日
 視聴者からのリクエストで「15の夜」を弾き語りした生主だったが、途中で歌詞が「職場や実家には帰りたくない」に変更され、生主の心の叫びが垣間見られた。

2010年7月3日
 コミュニティプロフィールの書き換えが行われる。曲リストが年代別になり見やすくなる。

2010年7月5日
 コアすぎてなかなか伝わりづらい声マネ・物マネを続けていた生主が、最近お気に入りの『ピンチの時に空気の読めない魔法使いキャラで次の30分間通すと宣言。
 宣言通りの飲み3で『30分・耐久魔法使い』開催。トークを作って魔法使いキャラだが、リクエストには通常通りに歌うためギャップのしい放送内容となる。
 このにやってきた初見さんが「え……? 厨二病?」と戸惑うコメントをしたり、常連のコミュニティメンバーが放送を間違えたかと勘違いする事態となる。

2010年7月6日
 予約していた時間を間違え、まさかの2度の遅刻。6分遅れでスタートしたが映像・音ともに固まり、それに気付かず歌い続けていた。
 開始から15分後、FMEから通常放送に切り替えてやり直す。この日はずっと遅刻のダメージから抜け出せないままだった。
 この日の『飲み』で「ロマンティックあげるよ」を利用して耳コピコード講座ワークショップ開催。 

2010年7月10日
 まさかの事務所からの放送。まさかの最初から『飲み』。まさかの顔出し生主事務所社長夫妻と)放送。
 既にんでいる状態から放送を開始したため、2~4全な酔っ払い放送になる。翌日、即行でこの放送履歴は削除される。

2010年7月11日
 昨日の放送についてお詫びの言葉から放送スタートコミュニティ参加人数250人突破。

2010年7月18日
 実家へ帰りたくないと歌っていた生主が帰省中、放送がかったにも係わらずコミュニティLv.20達成。

2010年8月4日
 この日の放送の3が、生放送・通算300かつ本放送200だった。
 このリクエストは受付せず、これまでに弾き語りしてきた回数の多い曲を生主が選曲して放送した。

 2010年8月10日
 久しぶりに自分用の曲を書いていた生主歌詞に苦しみながらも完成し、この日の放送でお披露した。
 しかし練習しすぎてが枯れてしまい、歌い終わった後はやや燃え尽きていた。
 放送終了後、ニコニコ動画に「【オリジナル曲】The stall keepers/山口也」がアップされる。

2010年8月15日
 荒ぶるはなちゃんの放送回。1曲から何度も鍵盤の上を踏み、高音・低音の和音アドリブ参加。机の上、ピアノの上を飛んで部屋中走り回る大運動会を開催する。しかし、はなちゃんが暴れ続けても生主スルースキルを発揮、何事もかったようにピアノを弾いて歌い続けた。この対シュールすぎる放送だった。はなちゃんは生主に捕獲されたものの、抱っこ+撫で撫ででは落ち着きを取り戻せず、はなちゃんの運動会次枠まで続いた。
 この日の飲みで新曲「the stall keepers」の制作秘話がられる。

2010年8月18日
 生放送中に告知、「the stall keepers」のMP3ジャケット歌詞カードセットを、この日から2日間に限りダウンロードとなった。
 コミュニティメンバー数が300人をえる。

2010年8月24日
 初見さんの来訪が多かった放送回。一気にコミュニティLv.21★★★コミュ)達成。
 この日の飲みでは、アニメ主題歌の様々なバージョン(ボサノバver.など)が演奏された。

2010年9月22日
 9月に入り、生主は新規プロジェクト参加中のため放送回数が減る。更に生主の居住する地域で『10時以降は音を出してはいけない』というルール正があり、生放送で歌えるのは22:00となってしまった。
 この日の1終了時に、累計来場者数が10,000人をえる。

2010年10月19日
 飲みにて、今まで忙しくお仕事していた内容開。
 kiichiさんのクリスマスアルバムSeven Christmas Stories編曲の宣伝告知。12/23のライヴキーボードを弾くという告知あり。
 このあと、いかに茶碗蒸しが好きかを熱くり、曲名「茶碗蒸し視しないで」という即の歌を作って歌う。
 更に「焼肉たべたいな、浴びるほど食べたいな、焼き鳥食べたいな、仕事も終わったし食べたいな♪」とまた即で鼻歌を披露。部屋に篭りきりの仕事続きで、食べることしか楽しみがなかったらしい。

2010年10月31日
 webカメラを置いていた棚が壊れ、この日の放送からカメラピアノの上に直置き(またはピアノの上に本を積み上げてwebカメラを置く)

2010年11月6日
 仕事が立て込んでいたことと、10時以降は歌えなくなったため放送回数が減っていたが、この頃から週末の夕方が増えてくる。
 予告なく突然始まりタイムシフトもないので、視聴できたらレアです。

2010年11月7日
 ぴあの、始まって以来の大事件発生。
 、予約しておきながら欠席……。放送中は画面のままリスナー同士の大チャット大会開催。ヒートテック話題で盛り上がり、「これってヒートテック?」との名言あり。
 放送終了後、お知らせにから欠席についてのお詫びコメントあり。所用が出来て間に合わなかったらしい。
 次の放送(2010年11月9日)は、前回欠席のお詫びからスタートした。

2010年12月1日
 masayaは「延長」を覚えた! かしこさがあがった!

2010年12月18日
 公式生放送INTERNET INDEPENDENT presents UmiNeko スタジオライブ生中継!』にて、UmiNeko氏のスタジオライブレコーディング等が放送された。
 放送終了後、今度は別のユーザー生放送にて『UmiNeko presents INTERNET INDEPENDENT Vol.2』に収録される曲『Girlfriend』(作詞作曲古川P)の、レコーディング風景・全部だだ漏れ放送があった。
 5時間以上にわたる放送で、アレンジャーとして参加。滅多に「ぴあの」では顔出ししないが、ここでは全身だだ漏れ開放送だった。

日付が変わって2010年12月19日
 事務所に移動した事務所社長が、またしてもユルユルの飲みを3放送。この最後の3が記念すべき『第100回・飲み』だった。

2010年12月22日
 翌日に『kiichi クリスマスLIVE渋谷J-pop cafe』を控えたこの日、明日liveを『ぴあの』で生中継することが決まったと重大発表がある。
 その宣伝も兼ねて今回は放送では歌わず、アルバムSeven Christmas Stories』の曲を製作した順番で解説する放送を行う。
 放送の後半、UmiNekoさんのレコーディング放送を見てやってきた初見さんが登場。その放送内で『可愛いハンチングキャラ認定されていた初見さんにその点を突っ込まれて、放送にタイムシフトが付いていたにもかかわらず、自身がフェチであることをカミングアウトする。

2010年12月23日
 【緊急生放送!】kiichi クリスマスLIVE渋谷J-pop cafe が放送される。の第1部のみの予定だったが、急遽の第2部も生中継された。
 滅多に見られないステージで踊るの姿が確認される。この日の放送を配信していたのは、事務所社長)で、「もしもが自身のLIVEを行うときはニコ生で中継する」と言した。

2011年1月12日
 正月からひいた風邪がなかなか治らないニコ生で導入されたニコ生セッション♪を試す。試行錯誤の放送。
 この日のお相手は以前にゲスト出演したこともあるドラマーさんだった。(しかし、なぜ毎回名前が違う?)
 ピアノドラムでのセッションのはずが、なぜか二人でさかなクンの物まねセッションが始まったりしていた。

2011年1月23日
 まだ風邪が抜け切らないだったが、初見さんのリクエストに応えて「残酷な天使のテーゼ」等にチャレンジする。
 この放送でコミュニティメンバー数が400人をえる。

 2011年2月27日
 いきなり予約しで放送開始し、飲み宣言。そして延長の1時間に。
 途中ではなちゃんがログインの膝の上に乗って長時間滞在したため、そのままの姿でピアノを弾いて歌い続けることに。
「(腕の一部を差して)ここが痒い」と言うと、はなちゃんはひたすらの腕をめ続けた。健気で可すぎる姿だった。

2011年3月1日
 『今宵はマッキーナ​イトで弾きってみる!』とタイトルを付けて、槇原敬之さんの曲だけ歌い続ける1時間。テーマを決めてのリクエスト放送は初だった。

2011年3月5日
 事前告知していた新曲発表、動画UPの日だったため、間から放送を開始する。
 ここで放送中、初めてニコ生クルーズが到着。「部屋が汚い」とコミュメンが言いたくても言えなかったことをサラッと言って立ち去っていった。
 お陰さまでの『今の歌をピアノ弾き語り!』放送時には、部屋が綺麗になっていました。クルーズグッジョブ

 通常の本放送終了後、リアルタイムで新曲の動画をUPする生放送を行う。
 wktkしながらUP了を待ち、メイン画面に表示された新曲動画ボカロ曲だったため、リスナー全員驚愕する
 記念すべきボカロ初作品、「【初音ミクを咲かせましょう【オリジナル曲】」発表。

 

関連動画

   

 

関連コミュニティ

 

  

関連商品

 

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/l/masaya

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

masaya

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • masayaについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改