今注目のニュース
滝クリ"42歳出産"で気になる出生前診断の今
人生で最も脳裏に焼き付く「呪いの映像」が海外で700万回再生!電波すぎると話題に
保護猫出身の子猫・きららちゃん 幸せそうに暮らす姿に胸が熱くなる

あすか120%単語

アスカヒャクニジュッパーセント

掲示板をみる(20)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

あすか120% BURNING Fest.とは、フィルインカフェファイナル以降はサクセス)開発、ファミリーソフト販売の2D対戦型格闘ゲームである。

概要

名門のお嬢様高、「私立繚乱女学院」(通称「乱女」)高等部での祭(学園祭)で毎年行われるクラブ対抗の予算争奪格闘大会「部対抗予算争奪メガファイト」を舞台としたゲームである。メガファイトは各クラブ部員は代表者を輩出し勝ち抜いて予算を獲得する場である(元はクラブでの成果をたちに表する場であった)。

FM-TOWNSを初めとして、PCエンジンプレイステーションセガサターンWindowsと様々なプラットフォームに移植され、一定の人気を得ている。小説ドラマCDなどのメディアミックスも行われていた。元がPCではあるが某チェーン店対抗格闘ゲームと違いKENZENゲームである。

元がPCゲームなのでコマンドが非常に簡略化されており、初期は超必殺技含めて↓→+攻撃、↓←+攻撃、↓↓+攻撃とボタン連打の4種類に統一され、庭用への移行後に一部の超必殺技に昇コマンド斜め止めが必要なので慣れるまで出しづらい)が見られる程度である。

登場人物のほとんどが女性キャラという事でギャルゲー扱いされがちだが、あらゆる攻撃で相手の攻撃を相殺、二段ジャンプダッシュ攻撃からの連携、叩き付け攻撃、受け身、ガードからのカウンター攻撃、そしてゲージ120%になると超必殺技が一定時間使用制限がなくなるなど新しいシステムを搭載しており侮れない。

このあらゆる攻撃で相殺というシステム渡辺製作所の「THE QUEEN OF HEART」や「PARTY's BREAKER」にも採用されている(特にTHE QUEEN OF HEART神岸あかりあすか高瀬瑞希は環を元にしているため技が似ている)。

登場人物

1作目から登場

本田飛鳥 (山莉子)
化学部代表の1年生。今大会のダークホース的存在で化学部長の扇ヶ子の猛特訓を受けた。化学部らしく品を使った攻撃を駆使する。名前はHONDAから。
大久保久美 (長沢美樹→美木まさき)
新体操部代表の1年生。柔らかい動きと共にリボンスティックで攻撃する。
新堂環 (椎名里→勝生真沙子小川里永子)
テニス部代表の3年生で学院長の(当初の設定では孫)。前年度大会の優勝者。小説版では2年連続優勝となっている。ラケットやサーブなどの攻撃を使う。縦ロールお嬢様だが、驕ることはなく下級生のあこがれの的である。
山崎子 (森本晶)
バレーボール部代表の2年生。自分のことをオレという男っぽい性格で攻撃も打撃が多い。山崎竜二と名前は似ているが全く関係い。鈴木めぐみとはクラスメート。
鈴木めぐみ (荒井静香→野上ゆかな)
応援部代表の2年生。童顔で小柄だがグラマー(いわゆるトランジスタグラマー)で他校生にも人気が高い。合法ロリ
北条虎美 (伊藤未央)
空手部代表の3年生。前年度準優勝者。空手部らしく打撃技が強い。が、超必殺技で落が発生する。

マキシマ(PCエンジン)から参戦

豊田可莉奈 (荒木香恵)
生物部代表の1年生飛鳥とは幼なじみライバル小説版では幼い頃の飛鳥からの自覚な仕打ち(飛鳥は純に遊んでいるつもり)を受け恨んでいるが、全に嫌っているわけではない。
ペットである「ケロぴょん」と足技を駆使して戦う。ケロぴょんはらしからぬ強さで、火をまとって攻撃したり、相手を上に持ち上げ叩き付けるなど離れした動きを見せる。小説版では冬眠中のところを入試試験日に可莉奈に試験会場に連れていかれた。名前の由来はTOYOTAカリーナから。
キャシィ・ワイルド (ジュディー・モンロー→高乃麗井上)
プロレス同好会でフロリダの姉妹校からの留学生プロレス同好会らしくブレーンバスターパワーボムなどプロレス技を使うパワーキャラ。…だが超必殺技が「いてこましスペシャル」…どういうことなの
御手洗清子 (福田由美子→日髙のり子)
ソフトボール部代表の2年生。名前にコンプレックスを持つ。ソフトボール金属バットを武器とする。巨人の星大リーグボール1号パロディと思われるの「大リーグソフトボール8号」という技があったり…。
和田奈々 (高橋美紀浅倉優稀)
日舞研究会代表の2年生。舞踊の動きを取り入れた攻撃をする…が、超必殺技では薙刀でぶった切る。キャラ原案の七瀬が冗談で彼女っぽく書いたら採用されたというく付きのキャラでもある。

スペシャル(プレイステーション)から参戦

川崎 (西沢広香)
他校の女番長ケン100本勝負の最後の100新堂環に敗れ復讐を誓う。ゲーム中では大会優勝後に乱入キャラとして登場する。技は何故かストIIケン似。中3段蹴り(番長トルネード)がある辺り溝口誠も入っているか。名前の由来はカワサキニンジャ

リミテッド(セガサターン)から参戦

扇ヶ子 (島津冴子日野美奈子)
化学部長。万年敗退の化学部を立て直しの最中、飛鳥の才を付け底的に鍛え上げる。小説版では入試試験の休憩中の飛鳥に監禁ともとれる行動をとりテストしていた。本人は怪で出場出来ない体であり、キャラ的にもマジで弱い。
新堂一郎 (加藤精三佐倉)
私立繚乱女学院の学院長。戦後の荒野からの復の最中、将来を担う淑女の育成のために学園を設立する。からの信頼も高く清濁を飲み合わせる器量の持ち私が私立繚乱女学院の学園長であーる某塾長とは関係い。

ファイナル(プレイステーション)から参戦

古館知子 (水谷優子茂呂田かおる)
報道部代表。ファイナル以前から実況を担当していた。彼女の試合のみ実況が変わる。レポートという名の下にマイクを持って突撃攻撃をかましたりする。名前は古舘伊知郎から。

タイトルと各プラットフォームについて

ラットフォームが変わる事にタイトル名の「あすか120%○○ BURNING Fest.」の○○の箇所が変わる。ただしFM-TOWNS(初代)、X68000○○の部分がない。

FM-TOWNS / エクセレン
キャラ若干大きくなった。
PCエンジン / マキシマ
プレイステーション / スペシャル
初版バランス再調整版の2種類があり、マニュアルの右下に丸があるものがバランス再調整版。また再調整版は読み込み時間がくなっている。中古ショップで購入する時は店舗がケースROMを別途補しているなどで中身が入れ替わっている場合があるので注意。ファンの間では再調整版は丸版と呼ばれる事がある。
2010年12月ゲームアーカイブスでの配信を開始。
プレイステーション / エクセレン
上記FM-TOWNS版と同じタイトルで少々紛らわしい。ストーリーモードに新要素が追加されているが、対戦部分はスペシャルと大差ない。
2011年2月ゲームアーカイブスでの配信を開始。
セガサターン / リミテッド
グラフィックが大幅に変更。元々はカネコ販売でアーケード版として発売される予定で、その移植版という形だったが、アーケード版がお蔵入りになったのでサターン版のみのリリースとなった。
フィルインカフェが作成したリミットオーバーという開発元の改造版がある。ただし発売はされておらずパッチ適用と形となるので、ユーザが作成する必要がある。現在は開発元のフィルインカフェ倒産しておりパッチが入手困難、そしてプロテクト解除など知識を要するため敷居が高い。
プレイステーション / ファイナル
2002年に発売された「SuperLite 1500シリーズ」はこれである。
このバージョンから体ゲージとは別にダウンゲージが新設。勝敗判定は体ゲージよりダウン回数が優先される。体ゲージは極端に減りづらくタイムオーバーによる判定決着が頻発する。
2011年4月ゲームアーカイブスでの配信を開始。
Windows / リターン
事実上のシリーズ最終作。リミテッドベースに技の追加やバランス調整が行われているが、演出やゲーム性が劣化したというが多く評価は高くない。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP