あだち充単語

アダチミツル

掲示板をみる(69)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

あだち充(あだち みつる)とは、日本漫画家な作品に「みゆき」「タッチ」「H2」「クロスゲーム」「MIX」などがある。

概要

1951年2月9日生まれ、群馬県伊勢崎市出身。に、同じく漫画家で、赤塚不二夫の下でアシスタントを務めた、あだち勉1947年8月1日 - 2004年6月18日)がいる。

1970年に「消えた爆音」でデビュー。初期には当時のブームであった劇画調の少年漫画を執筆するもヒットには恵まれず、幼年誌でのコミカライズ少女誌などに活躍の場を移し、徐々に画ソフトタッチになっていった。

1978年、再び少年誌に戻り、高校野球を題材にした「ナイン」を発表、少女漫画ライトな雰囲気を少年漫画に持ち込んだこの作品が転機となり、続く「みゆき」「タッチ」で人気作家の地位を確立する。1982年、上記2作で第28小学館漫画少年少女部門を受賞。以降も『週刊少年サンデー』を中心に少年誌の第一線で活躍している。

現在、『ゲッサン』にて「MIX」を連載中。

作中にあだち本人が頻繁に登場するのも特徴で、その容姿は丸眼鏡をかけ、チェックのシャツ、身の丈ほどのGペンを担いでいるのが特徴。漫画を描いているデスクシーンで話のオチ適当に決める、原稿をほったらかして遊びに行く、他の漫画を紹介して編集に殴られる、ヌードシーンを入れるかどうか編集と相談する、ファンレターの返事を書かないことを謝る、登場キャラ作者の作に難色を示す、過去に描いたコマを切り貼りする…など、いい加減な性格として描かれている。

人物

東京ヤクルトスワローズファンである。

地元球団である群馬ダイヤモンドペガサスの選手が移動するときに使用するチームバスイラストを執筆している。

タッチ」「ラフ」の実写化に関しては、長澤まさみ衣装に期待してオファーを受けたと冗談交じりにった。

作品一覧

大百科に記事のある作品に限る。

余談・その他

  • まだ漫画家としてのデビュー前だったころ、すでに漫画家だったの勉を訪ねてきた少年がおり充は客として取り次いだ。その後アシスタントとして共に勉の漫画を手伝って描いていたその少年が、後に『連ちゃんパパ』で知られるありま猛だった。ありまいわく、「プロ(勉)の原稿を見せてもらってすごいと思ったら(充)はもっとすごかった」とのこと。2020年9月から始まった『あだち勉物語』については、前から描きたかったありまが充に許可めたところ、「まあ、ありまだったらいいだろう」と言われてOKされたという。 [1] [2]

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *『あだち勉物語』~あだち充を漫画家にした男~exit
  2. *ネット激震の「邪悪」な主人公はこうして生まれた 『連ちゃんパパ』作者・ありま猛インタビュー (1/3) (ねとらぼ 2020年06月14日 12時30分)exit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/27(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/27(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP