今注目のニュース
吉岡里帆、スペインの生ハムに感激「永住あるかもな」
千曲川で支流氾濫の恐れ 長野市が7地域に避難呼びかけ
劇団ひとり、隣人との“騒音トラブル”解消で「幸せ」

いじめ単語

イジメ

  • 15
  • 0
掲示板をみる(7,794)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(15)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板ではしばしば、ほんわかできない話題になってます。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

いじめ(苛め・虐め・イジメ、英:Bullyingとは、「いじめる」の名詞的用法である。体的、精的に自分より弱いものを苦しめることをす場合が多い。

ストップいじめ!ナビいますぐ役立つ脱出策exit
いじめや嫌がらせから抜け出す方法は、必ずあります。
電話メールで相談したり、いま起きていることをメモに記録したり、
他の人たちの経験を参考にしたり、イザとなったら弁護士警察に相談することだってできます。
このサイトにはいろいろな方法がのっています。
これを読んでいるということは、いじめや嫌がらせから抜け出す一歩をすでにふみ出しているんだよ。

概要

 「いじめ」という単現在までに意味が多少変化している。

いじめの動詞的用法である「いじめる」という言葉は、「厳しく扱う」「痛めつける」「つらく当たる」という意味などを持つ。「耐を鍛えるため自分を虐める」のような使い方もされる。

人間が自分より弱い者をいじめる場合は「弱い者いじめ」と呼ばれてきたが、こちらの使われる頻度が高くなると単に「いじめ」という言葉だけで「弱い者いじめ」もすようになる。

特に、学校や会社といった人間社会の中で集団で悪質・陰湿な精的・体的苦痛を与えることを「いじめ」を呼ぶように定着したのは1985年以降のマスコミでそういった話題が急速に増えたことに大きく由来する。

当時、「葬式ごっこ事件」など話題性のある集団いじめ報道毎日のように取り上げられ社会問題になった。(それ以前にそう言った事件がかった訳ではないがこの頃マスコミが一斉に取り上げた。)
その影で「いじめ」という単1985年以降、若干変化して定着した。

以下、この記事では「人間の集団が一人の人間を、学校や組織の中で陰湿的に精的・体的に苦痛を与えること」の意味でいじめを解説する。

学校教育のいじめ

 日本学校教育でいじめといえばに集団で、一人の人間に対し暴力いたずら・悪口・シカト(視)・教室から椅子と机を放り投げるなどといった行為が行われ、いじめの対となった人物を心身ともに追い詰める。

 そういった集団いじめにが原因により、過去には殺人事件が起こるなど、深刻な社会問題の一つとなっている。また、学校の外でやったら警察沙汰になること間違いなしの所業(傷恐喝など)が学校内で発生したため「いじめ」として小化される問題も近年起きている。

また、下記のアカデミックハラスメントのように教師が生徒をいじめる(もしくはいじめを助長されるような言動を行なう)という事例も存在する。

職場のいじめ

 学校だけでなく、大人社会でもいじめは起こりうる。上記の学内のいじめとは違い1対1や1対多というパターンもある。

 ここ最近で社会問題になりつつあるパワーハラスメントアカデミックハラスメントなどがいい例だろう。学校と違い、職場などでは役職などが関わってくるため、する側からすれば学校のそれよりも行ないやすいという土壌もある。

 学校べて報道されにくい部分もあるため、自分から調べたりしない限りなかなかそういった内容というものを知ることができないということもある。

なぜいじめが起きるのか?

 学校クラスや部活動などのグループ・さらには会社などあらゆる社会において、いじめは大きな問題を抱えている。
 平成19年度に文部科学省が行った調によると、全84,648件のいじめがあり、児童生徒1000人あたりのいじめ件数は7.1人 、いじめを認知していた学校は約40であった。
 これはあくまで学校が確認・報告した数字で、実際はさらに多くのいじめがあったと推測される。 

 いじめを行った理由は「面半分に」「憂さらし」「みんながやってたから」などの意見が上げられた。また、本文で特記することは差し控えるが、いじめられる側の「身体的特徴」もいとは言いがたいであろう。
 「特別な原因によっていじめが起こる」のではなく、「どんなありふれた状況でもいじめは起こり得る」という見解を示す研究者もいる。
  一方で、過度に「いじめ根絶」をめられるあまり、いじめが発生した際に「いじめが露見したら自分の評価に悪影だ」という思考回路が働き、教育者がさじを投げるどころかいじめを隠蔽するという問題もある。いじめを発生させないことは論重畳なことだが、同時に「いじめは起こり得るもの」として、いじめが発生した際には速に対応していじめの悪化・犯罪化を防いだ教育者を評価するシステムが必要なのかもしれない。

また、いじめ問題は人間世界だけの事ではなく、他の生き物にもあるとして研究者であるさかなクンさんは以下のようにいじめ問題をった。


いじめられている君へ

中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。
いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、視されたこともありました。
突然のことで、わけはわかりませんでした。  

でも、さかな世界と似ていました。たとえばメジナの中で仲良く群れて泳いでいます。
せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。
けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。
すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。
助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。 いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

広いの中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが 始まるのです。

同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。
中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。
学校から離れて、で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。

外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広いの下、広いへ出てみましょう。

 

さかなクンさん

 

ネット上におけるいじめ

 いじめは現実だけに留まらず、ネット上においても数多くのいじめが行われている。個人サイトブログなどへの荒らし行為はその最もたるもので、いじめは場所を問わない事がよく分かる。ただし、集団で荒らす場合はお祭り気分で荒らしに便乗する者もいるので、一概に悪意を持っているとは言い難い面もある。

また、多種多様なネタが入り混じる動画サイトにおいてもその傾向が強く、「影が薄い」「すべった」「貧乳」「このゲームは三人用だから」という理由でいじめられる人物が多数いる。

ネット上で二次創作が作られたりしている「ジャンル」や「界」に成長したような事物でさえ、「いじめに当たるのではないか」と摘されることもある。例としては以下のものなど。

以上に挙げたジャンル・界は実際に「いじめではないか」という批判意見がネット上で確認できるものに限定した。しかし同時に「これはいじめではない」とそれに反論する意見が確認できたりもする。これらのジャンル・界を「いじめと見なせるか」の判断は、個々の閲覧者に委ねる。そもそも「いじめ」と「いじめではない」の間に明確な界線はくグラデーション様になっていると思われ、もが納得する正解はないだろう。

関連動画

関連生放送

関連静画

関連商品

研究

当事者モノ

ハウトゥーモノ

フィクション作品

映像作品

関連項目

ニコ百に記事のある事件

原因とされるもの

属性

環境

俗語・ジャーゴン

いじめがテーマとなる作品

関連リンク

行政機関

民間

掲示板

  • 7792ななしのよっしん

    2019/10/22(火) 22:00:45 ID: IbSUgkpeBD

    >>7758
    へぇ…dlzH8qj4u+はZNOvCOf53Eへの八つ当たりを許容した舌で今の事言ってたのか…。

  • 7793ななしのよっしん

    2019/10/22(火) 22:07:20 ID: IbSUgkpeBD

    >>7791
    いじめを許さない』と『いじめ者を裁かない』は=じゃない。そんな理屈まったくもって方(いじめ者側)の感想でしかない。

  • 7794ななしのよっしん

    2019/10/22(火) 22:31:23 ID: W4AsTeC80D

    まあ、だからこそ「いじめ絶対悪い」とか「いじめ許さない」とか責任に言うもんじゃないんだよね
    もしいじめを許さない立場を取りたいならいじめを許さない事以上に自分がいじめる立場になっていないか?というみる必要がある

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/23(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/23(水) 01:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP