いろは坂事件単語

イロハザカジケン

掲示板をみる(28)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

いろは坂事件とは、若気の至り絶叫マシンである。

事件概要

いろは坂事件とは、プロ棋士佐藤康光の運転するに同乗した羽生善治森内俊之恐怖のどん底に陥れた事件である。事の発端は、羽生善治が初めて七冠に挑戦する王将戦の最中に起こった。

当時、運転免許を取ったばかりであった佐藤は「羽生君が挑戦する王将戦を観に行こうよ」と、奨励会時代からの友人でもある内をドライブに誘う。王将戦が行われていたのは、っ盛りの日光中禅寺湖。ここにはカーブの多いことで有名な「いろは坂」があり、当然路面は凍結していたが、佐藤はスノータイヤチェーンも用意していなかった

その時、佐藤免許取りたての人によく見られる「とにかく運転したい」という自身の欲望と、根拠のない運転技術への過信自信に取り付かれており、そのまま会場に直行しようとする。

が、慎重内は「装備しでのいろは坂越え」という理攻めを咎め『佐藤君、ここは日光を乗り捨てて、バスタクシーで会場入りした方が良いのでは』と提案するも佐藤は「大丈夫大丈夫」と強気に応戦する。結局その場は佐藤内に寄せ切られて2人は日光駐車場を置き、バス乗り換え対局会場へと向かった。

・・・しかし、遠足は帰るまでが遠足である

対局は谷川王将の圧勝により夕方に終了。佐藤内は、その日の内に自宅へ帰るという羽生連れに誘い、佐藤東京に戻る事となった。そこから恐怖ドライブが始まる。

帰りは高速道路という事もあり、佐藤は周囲の速度に酷く動揺し、線内をウロウロ(高速の寄せ)する。さらに周囲をトラックに囲まれテンパる(トラック囲い)という怒涛の攻めにはピークに達し、顔から笑顔が消滅。

そして佐藤から告げられた衝撃告白に2人は愕然とする。

羽生佐藤君、高速は初めてじゃないよね?』
佐藤「いや・・実は(高速どころか)の運転自体初めてなんだ」
羽生内『えっ・・・(゚Д゚)!!!』

それ以降、楽しく喋っていた3人の口数は急に減って行き、羽生の自宅に着いた頃には、中はお通状態となった。この事件がトラウマとなり羽生佐藤が運転するに乗ったのは、この時が最初で最後になっている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/03(金) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/03(金) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP