うだわく単語

ウダワク

7.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

出ました!
UDATSUわくわくドイツゲーム実況プレイ
ニコニコ大百科単語記事『うだわく』」
始まりますよ~!!
「いえ~~~~~い!!!」

うだわくとは、舞台役者を中心とするパフォーマンスグループ「UDATSU」ウダツ)による、アナログゲーム実況動画シリーズである。正式タイトル「UDATSUわくわくドイツゲーム実況プレイ

本記事では、うだわくの内容を中心に記述するが、うだつちゃんねるやmerry-andrew-worksなど、UDATSUの活動に関わる項についても触れることとする。

概要

2014年5月より動画配信を開始。基本的に、火曜日金曜日20時に新作動画を配信していた。

正式タイトルにはドイツゲームとあるが、ここではざっくりとアナログゲーム全般のことをしている。較的、人狼汝は人狼なりや?)に代表される正体隠匿系のゲームが遊ばれることが多い。

大所帯グループならではの多人数ゲームの実践や、役者としての茶番…もといロールプレイゲーム後のアフタートーク動画の特徴である。メンバーによってオリジナルゲーム開発され、アナログゲームイベントであるゲームマーケットにて頒布されている(後述)。また、カードゲームギャングスターパラダイス」の動画を多く配信したことで、同ゲームの知名度向上に大きく貢献した。うだわくといえばギャンパラ、というイメージを持つ視聴者も多いことだろう。

およそ1年を1期として、メンバーの入れ替えが行われていた。第2期までは、インプロ(即演劇チームPlatformプラフォ)に所属するメンバーが中心となっていた。第3期からは、劇団員の他、芸能事務所に所属するタレントも参加するようになった。グループ名の「UDATSU」の由来は「うだつのあがらない野郎共が、ちょっとでもうだつを上げるために頑ってみたりする」とのことで、うだつが上がったことで卒業するメンバーも多かった。

ニコニコ動画では、第4期の途中まで動画が配信されていたが、以降はYoutubeのみの配信となっていた。後に、「うだわく」を正式名称化。宰である、あみくん自身のうだつが上がったことにより、第5期をもって休止宣言がされ、約5年の活動にいったん幕を下ろした。

メンバー

所属団体は、うだわく出演時のもので、現状と異なる場合もあるため注意のこと。

主力メンバー

ここでは、全5期中、3期以上に出演したメンバー定義する。

Platformからのメンバー

初期(第1-2期)メンバー

中期(第3-4期)メンバー

第5期メンバー

編集中、加筆ム!

  • まっつん松川貴則) - 第4期、第5期に出演。
  • ディス(ディスタイザー) - 第5期に出演。
  • からあげ(じつかいせきP) - 第5期に出演。
  • てらし - 第5期に出演。
  • 斗) - 第5期に出演。
  • あまちゃん - 第5期に出演。
  • のんの - 第5期に出演。

登場するゲーム

概要でも述べたとおり、多人数の正体隠匿系ゲームが遊ばれることが多い。特に人狼汝は人狼なりや?ギャングスターパラダイスは、うだわくの中心的なゲームとも言える。もちろん他のジャンルゲームプレイされており、大喜利ゲームキャット&チョコレートボケて など)、お絵描き系ゲーム(エセ芸術家ニューヨークへ行く、スタンプグラフィティ など)等々が登場している。

人狼

うだわくの人狼は、株式会社人狼が発売している「うそつき人狼exit」をメインに使用している。ノーマルな構成よりも、うそつき人狼ならではの役職をふんだんに取り入れた、カオスプレイされることが多い。2015年7月からは、拡込みで100種類以上の役職があるという、楽々亭exitの「月夜人狼」を採用し、やはりカオスが構成されている。

クリスマス人狼exit_nicovideoや、大喜利要素をミックスした滑狼exit_nicovideo、さらには英語禁止人狼exit_nicovideoなど、設定そのものがカオスであることも。また、ゲームマーケットなどで販売されている人狼ゲームや、「エクストリーム・ワンナイト人狼」といったバカ企画ユニークプレイ動画も配信されている。

ギャングスターパラダイス

カイシンゲームズが開発した、人呼んで「交渉”と恐喝”のカードゲーム」。詳細は単語記事ギャングスターパラダイス」を参照のこと。プレイ動画は、UDATSUメンバーによるロールプレイをこれでもかと楽しめるものになっている。

カイシンゲームズ代表の開氏とうだわくは非常に仲が良く、ゲームマーケットにて、カイシンゲームズの売り子や試遊プレイヤーとしてメンバーが駆けつけている。2016年カイシンゲームズの活動停止により、一時はカードゲームとなっていた。2018年に活動を再開、クラウドファンディングで資を募ると4時間で額を達成。再開後もうだわくがギャンパラの広報的な役割を果たし、うだわくメンバーフューチャーされたバージョン製作された。あみくん、マネジたちの尽もあって、2019年には、ゲーム結果のみならず、そのロールプレイ芸術点)も評価されるという全国大会exitが開催されるまでになった。

merry-andrew-works

merry-andrew-worksメリーアンドリューワークス)とは、UDATSUメンバーメリアンこと、メリーアンドリューが代表を務めるアナログゲーム製作サークルである。

メリアく、元々小説などを書いていたが、うだわくで活動を続ける中で「ゲーム物語を作りたい」という思いにかられ、ゲーム制作を始めた、とのことである。

これまで4作品を制作し、ゲームマーケットをはじめとするアナログゲームイベントに出展している。もちろん、うだわくも協しており、売り子や試遊プレイヤーを務めている。

亡国のタイドライン

第1作。第二次世界大戦中のUボート船長同士の戦いという設定で、敵を攻撃しつつ味方の勝利条件のカードをそろえる、チーム戦の正体隠匿系カードゲーム。味方を裏切って、個人勝利することもできる。メリアく、「これが、潜水艦なんす」というゲームらしい。後に、新しいカードを追加した拡版も発表されている。

魔法陣ラミー

第2作。トランプのラミー(セブンブリッジの原である、トランプ麻雀的なゲーム)と、ごきぶりポーカーのようなはったり系ゲームを組み合わせたようなカードゲーム

鴉鷺―ARO―

第3作。囲碁のように相手のタイルを囲むと得点できるという、一見シンプルな対戦ゲーム。そこに神経衰弱のような「記憶めくり」という要素や、タイルを移動できるルールも絡み、みそがホットになること請け合いの内容である。アブトラトゲームと呼ばれる実義のゲームの一種だが、うだわくの手にかかると・・・?

ケモノポリス

第4作。イヌ族・ネコ族・ヒツジ族が覇権を賭けて戦う、チーム戦の取り対決キュートクールキャラクターと、一発逆転の可性を秘めた2つのアイテムを操り、相手チームを出し抜くのが「たのしー」ゲーム。某フレンズとは関係ありません。

タヴァン・クエスト

第5作。見習い冒険者が経験を積むために、先輩冒険者とともにクエストに挑む。ただし、複数のプレイヤーが同じ冒険者にをかけると、すべてキャンセルされてしまう。チキンレースの要素もある心理戦ゲーム

メリーアンドリューワークス「【PRODUCT】タヴァン・クエスト」exit

ジャントリック

第6作。トリックテイキングゲームと呼ばれる、伝統的なカードの強さべのゲームベースカードの強さは、描かれたじゃんけんの手の状況によってコロコロ変わるほか、バグダンが描かれたカードは取るとマイナス点になるというジレンマもある。

メリーアンドリューワークス「【PRODUCT】ジャントリック」exit

ギルド・オブ・ダイス

第7作。魔法舞台にした、ギルドマスターたちの勇敢さと名を競う戦い。ダイスを振ったに応じて、配下の冒険者をクエスト派遣していく。ゲームマーケット2019にて売し、クラウドファンディングを用いた第2版製作が予定されている。

メリーアンドリューワークス「【PRODUCT】ギルド・オブ・ダイス」exit

キャンプファイヤー「ボードゲーム『ギルド・オブ・ダイス』第2版制作プロジェクト」exit

うだつちゃんねる

UDATSUでは、アナログゲーム実況以外の動画「うだつちゃんねる」として製作している。

コント漫画批評、大福ちゃんねるなど、ニコニコ動画では配信されていない動画もある。興味のある方は、YouTubeのうだつちゃんねるexitも参照のこと。

関連動画

うだわく全シリーズマイリスト。左は第1期~第2期、右は第3期の動画を収録。

エクストリーム・ワンナイト人狼マイリスト

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/02(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/02(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP