今注目のニュース
ハリー・スタイルズ、ソロ活動で70億円稼ぐ
五輪なくてもレコーダー市場は前年超
ポケモン公式かたる偽サイト、既に被害も オリジナルグッズの値引き表示は要注意

えいた単語

エイタ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(48)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

えいたとは、格闘ゲームプレイヤーであり、ミュージシャン(Dusty Miller)・ボカロPであり、ニコニコユーザー生放送の放送(あるじ)である。

概要

ストリートファイターIVでは豪鬼を使用しており、グランドマスターなるほどの高BPで、スーパーストリートファイターIVではXBOX360高PPを維持、アーケードエディションでもグランドマスター達成と豪鬼使いの中でもトップクラスプレイヤーであり、あのときどプロ闘劇'10FINAL前日に「ぶっちゃけネタ教えてくれ」と頼んでくるほど。そんなえいたが格闘ゲームを始めたのはストリートファイターIVからである。

反応がく、ウメハラプロもそう言っていたとはえいたの弁。非常に対精度が高く、他のキャラを使っていても相手の動きを見てからの後出しウルトラコンボの精度も高い。1月12日NSBTV検証の際は、近距離では必殺技と前歩きの区別なく、動いたのを見てからぶっぱしていた。中距離で見る余裕がある場合は見てから返している。

スーパーストリートファイターIVでは2番ウルトラコンボ天衝」を選択し、決めることが難しいこの技の可性を開拓していた。このウルコン弱いと言いつつもサガットヴァイパーなどキャラによっては選択している。

アメリカで開催されているEVO2010に出場した際に日本語での解説にも参加し、この時に「ジャパニーズごめんなさい」で本人よりも先に大百科の記事が作られた。その後はONLINE GODS2の解説、NSB TVへの出演など、USTREAMでの配信に参加している。

スーパーストリートファイターIVAEではユンの強さに萎え、ゲームセンターから離れ庭用を配信することが多かった。しかしNSB24では遠征した関西勢を倒し優勝AE庭用発売後は殺意リュウ狂オシキ鬼で遊ぶこともあったが、メインキャラ豪鬼高PPを維持している。

闘劇'11予選ではなんだかんだでてつこルーファス切符を取り、闘劇'11エリア大会ではかつて萎えたユンの対策をしっかり行い、ももちプロユンを見事倒すも、ボンちゃんサガットに惜しくも破れ切符を逃した。

その後ブレイブルーを始め、ノエルを使い(理由はかわいいから)、やり込んでNSBの出場を宣言している。また、始めて3日でドラ氏(バング全一)に勝ったことを一生言い続けるとも宣言し、6日後にはH.H氏全一ミュー)を倒した。10日後は「あ、そういえばこのゲーム、2段ジャンプあったんだ」とコメントをするも、10日でこの成長はすごいと前年の闘劇覇者からも驚かれている。えいたのブレイブルー配信では何故か各キャラトッププレイヤーや前年闘劇覇者(2人とも)が集まり、アストラルヒートに染められながらも練習をしている。

2012年に入り、新たにソウルキャリバーVプレイ開始。使用キャラはピュラ→αパトロクロス。また、アルカプ3KOF13にも参戦しており、今後の上達が期待される。

2012年5月にはオーストラリアで行われたShodowloo Showdownに参戦。ジャスティン・ウォンPoongkoなどの海外勢は論のこと、ときどふ~ど瞬獄ノイローゼなど日本トッププレイヤーも多数参戦した高レベルな大会で見事スパIV部門の優勝を飾った。

6月TOPANGAリーグBに参戦、並み居る強プレイヤー相手に12勝3敗で優勝しAリーグ昇格を決めた。

現在は上し、MOV氏が催する格闘ゲーマー虎の穴「ときO荘」でアメリカプロゲーマーのような対戦環境プレイしている。

戦績

ニコ生進出

2011年4月になろうとしたある日、突然配信環境を整えたえいたはニコニコ生放送に進出。配信中とも言える頻度で生放送を行い始めた。生放送を自分へのとしており、自身が参加しているNSB TVから帰宅後に自分の配信を裏NSB TVにかぶせるほど。時折わかりにくくなりつつも上級テクニックの解説も行っている。

画質タグの判別がつきにくく音ズレすることもあるが、えいたのキャラクターハイレベルプレイ内容により配信は非常に好評。配信してしばらく時間が経つとマイク調子が悪くなり、メカ化することがある(通称メカえいた)。

ゲーム実況配信中、接戦になっている時など気が抜けないところでは口数が減りがちであるが、えいたの場合は喋りながら対戦している方が調子が良い。でもガチの時は黙る。

ギターが弾けるため耳コピした曲を即で弾くことがあり、エンドレスバトルで自分が負けた後の試合鑑賞中に披露することがある(懐メロ)。さらに歌うこともあるのだが、対戦内容に合わせて替え歌を披露し出すこともある。弾き語り実況として「新しい実況スタイル」「芸人勢」「えいた式実況」と大ウケした。また、突然トンピーさんの歌作るわ」とトンピー氏のテーマを即で披露しだした。今後の活動に期待される。

またTOPANGA TV勝ちたがりTVに楽曲提供しておりTOPANGA視聴者から高評価を受けている。

えいた塾

スパIV配信ではエンドレスバトルリスナーを交えて対戦し、アドバイスをすることがある。アメとを使い分けてのプレイには定評があり、リスナーバトルログを鑑賞しながらのアドバイスも行っている。

また、初心者向け講座も行ったので伸び悩んでいる人は参考にされたし。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/07(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/07(金) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP