えんそく単語

エンソク

2.2千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

えんそくは、東京都中野区を本拠地とするヴィジュアル系バンド2005年結成。

2020年10月22日、結成15周年を記念して中野サンプラザワンマンを予定している。

概要

・「えんそく」という柔らかい印バンド名からは想像できないほど楽曲・演奏レベルが高く、自らを「ライブバンド」と称する太なロックバンド

・すべての客を等に扱うという姿勢を貫き、過剰な営業は一切しない、不埒な的で銭に連絡先を添えて渡したら即出禁という、硬な活動を長年続けていることも特徴。

・また、CDの複数種売りも基本的に行わず(複数売りの場合はきちんと説明がある)、ライブのチケット代も相場より低めに設定されていることが多いため、客側も銭的に疲弊することがない。あまりにも優良なバンドなのでもっと知られてほしい。

メンバー

Vo.ぶう
・えんそくの「説明王」。
メンバー1の頭で、世界観の設定などはすべてぶうが考案している。美大卒でプロ並みに絵がうまく、バンドのアートワークは基本的にすべて手掛けている。楽器も少し練習しただけで演奏できるなど非常に多メンバーからは「」と呼ばれているが、ファンが呼ぶのは厳禁。

現在社会情勢によりライブができないため、ツイキャスゲーム実況「えんそく ぶうの顔出しゲーム実況」exitを配信している。(毎週日曜日21時~)

Gu.クラオカユウスケ
・えんそくの「伝説」。
恐ろしいほどエモーショナルな曲をつくる天才。泣きのギターを弾かせたら右に出る者はいない。

が、全なる天才肌(発言が宇宙)なので、何を言っているのか凡人には理解不能。喋ると青森訛りが全開になる。

背が高くイケメンで、ファッションブランドモデルも務めている。

Gu.Joe
・えんそくの「可愛いは作れる」。
常に前向きで調和を大切にする性格で、周囲からとてもされている。メイクをした自分の姿が大好きで、変身を終えるとすぐにコンビニに行き、可愛い自分の姿を店員に見せつけている。

数々の過企画ミドリーダーの発案)を経験してきているが、本人は心から楽しんでいるため心配は用(「特別な訓練を受けている」とのこと)。ぶうく、「一人遊びの天才」。

Ba.ミド
えんそくの「頑固オヤジ」。
えんそくのリーダーを務める。企画天才で、常に面いことを企んでいる。

流行り物には興味がなく、スマホは「電話」と呼び、黒霧飲する。あまりにもを飲むのでメンバーファンから心配されている。肌の露出が多く、人外衣装を着ていることが多いため、たまに人間の格好をするとギャップが凄まじい。

Dr.SIN
えんそくの「末っ子」。
4年間サポートを務めて2018年に正式加入したが、じつはミド・ぶうとの付き合いは非常に長い。えんそく内最年少でメンバーからの寵を受けている(基本的にSINだけはいじられることがない)が、本人はほぼ塩対応。好きなものはF1フェラーリが好きとのこと)で、速いものが好き。

活動内容など

ライブ

・とにかく楽しいライブを作り上げるべく、会場にいる全員妙な振付けをさせようと奮闘し、集団でのトランス状態を味わえる間を作り出そうと試みる「大人のお遊戯会」的バンド
(※2016年発売シングル『12モンスターズ(拡散用)』解説より一部抜
・「妙な振付け」については、関連動画を参照。
メンバーうっとりながら見タイプバンドではないので、ライブには動きやすくてをかいても良い装で来ることを推奨している。

茶番
ライブ中に「茶番」と呼ばれる劇を行うことが多々あり、劇がメイン演を開催したこともあるほど。
・大筋となる脚本はすべてVo.ぶうが考案し、口立てでストーリーを作り上げていく方式。
・内容は風刺的なものや、社会の闇に切り込んだものが多く、楽曲の世界観を演劇で表現するという側面ももっている。
アングラ劇団かのようなゾッとするストーリーも多いが、必ず客を爆笑させる場面を用意しているのが魅
・どんどん演技が向上していくGu.Joeの「名女優」ぶりも見どころ。

茶番動画えんそくニコニコ公式チャンネルexit_nicochannelで会員限定動画として配信されている(「返り咲きハルマゲドンシリーズ)。

CD
演奏の高さは、ラジオや雑誌などで様々な著名人ライターから評価されている。
メンバーの中でも特にGu.クラオカユウスケJoeDr.SINのこだわりが強く、レコーディングまでかかることがほとんどだという。付き合いの長いレコーディングスタジオエンジニアさんからは「えんそくは本当に」と言われている。
・販促活動については「同じCDを何枚も買わせるつもりはない」としており、基本的に複数種類で発売することはない。
インストイベントも1枚購入すれば参加でき、「たくさん買ってくれるのは有難いが、特定の人を特別扱いすることはしない」という姿勢を貫いている。
CDジャケット歌詞カードはほぼすべてVo.ぶうがデザインを担当している。たまにぶうの同級生プロ漫画家)がイラストを手掛けることがある。

関連動画

ライブ映像

妙な振付け」

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/29(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/29(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP