お金単語

オカネ

7.4千文字の記事
掲示板をみる(351)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(28)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

お金(通貨、貨幣)とは、財やサービスとの交換に使われる物体及びその概念である。
 

概要

壱万円札お金とは、人間社会において、必要な財・サービスを手に入れるために使われる物体及びその概念である。また、「価値の尺度」「交換の媒介」「価値の保蔵」の機を持つ。

お金は浪漫ともいえる。人が生きていく上で重要な要素の一つでもあり、命そのものとする人もいる。人間が一生を懸けて追いめていく存在、それがお金なのだ・・・とか、お金とは、現在世界において最も大きな閥の宗教および、その神様名前である・・・という感覚は、デフレが続いて通貨価値が高まったときにもが感じるだろう。

お金とは、的をえるための手段に過ぎない。お金だけ持っていてもしょうがない・・・という感覚は、インフレが続いて通貨価値が減っていくときにもが感じるだろう。


お金そのものは単なる金属であり、大した価値はい。加えて日本のお金は不換紙幣、つまりその紙幣が示す額の塊との交換が保されていない。そんなものが、なぜかお金として流通している。そのことを説明する学説は、に2つ存在する。

紙幣を利用する人々が「紙幣塊と同じようなものだ」と信じ込んで共同幻想を抱くことで、紙幣が流通している。日本円が流通しているのは、「日本円は塊と同じようなものだ」と人々に信認されているからである。日本銀行が過剰に不換紙幣を発行すると、紙幣を利用する人々が紙幣を疑い出すようになり、共同幻想が破れて、ジンバブエドルのようなパニックに陥り、最悪の場合ただの切れや金属片になってしまう・・・というのは、商品貨幣論に基づく考え方である。

政府が罰則付きの法律を制定して民に対して不換紙幣を納税するように強要しているから、皆が不換紙幣に対する価値を感じるようになる。日本円が流通しているのは、日本政府の徴税権が健在だからである。不換紙幣を徴税する政府の権が内戦などによって弱体化すると、ジンバブエドルのようなパニックに陥り、最悪の場合ただの切れや金属片になってしまう・・・というのは、国定信用貨幣論に基づく考え方である。


お金に関しては、通貨、貨幣といった類似の表現がある。一般社会の中ではこれらの言葉を同じ意味の言葉と扱っているが、法律や学界の中ではこれらの言葉を使い分けている。詳しくは、本記事の『法律や学界における呼び方』の項を参照のこと。
 

日本の現金通貨

お金といっても大別して2種類がある。通貨と、預通貨である。

日本では、日本銀行が発行する日本銀行券(紙幣)と、政府が発行する硬貨を合わせて現通貨と呼ぶ。

通貨は中央銀行政府が発行しない限り増殖しない。民間人が勝手に増殖させたら、偽札・偽貨exitを作ったことになり、刑法通貨偽造の罪exitでとっ捕まるのである。
 

紙幣

日本紙幣日本銀行券といい、日本銀行(日本中央銀行)が発行している。このため、どの紙幣も表面に「日本銀行」と印字してある(画像exit)。

日本銀行は、国立印刷局exit発注し、日本銀行券を作ってもらっている。このため、どの日本銀行券も「国立印刷局製造」と小さく印字してある。

日本銀行券は、日本銀行負債として計上されている(資料3ページexit)。つまり、日本銀行以外の存在にとって、日本銀行券資産となる。ある人の負債が、それ以外の人資産になる、という考え方は、簿記貸借対照表(バランスシート)の知識が少しでもあると理解できる。

日本銀行券で買い物をするということは、日本銀行負債日本銀行以外の全員にとっての資産)を譲渡して、代わりに何かを得る行為である。

ただし、日本銀行券不換銀行券である。日本銀行は、日本銀行券を差し出されたとしても、日本銀行券に書かれている額と同等の資産提供する義務を期限に停止している。そのため、日本銀行にとっての日本銀行券は、負債としての性質が極度に薄まった負債であり、極めて形式的な負債である。

日本銀行は、何か資産を受け取ったときに初めて日本銀行券を発行することができる。塊との交換を義務づけた兌換銀行券の時代は、塊という資産を受け取ったときに日本銀行券を新規発行していた。塊との交換を義務づけられていない不換銀行券が流通する現代においては、国債を受け取ったときに日本銀行券を新規発行する方法をに採用している。国債は、政府負債であり、政府以外の存在にとっては資産となる。日本銀行資産には、大量の国債が計上されている(資料3ページexit)。

明治時代には、政府が発行する政府紙幣が流通していた時期があった。次第に、日本銀行が発行する銀行券が通貨の役となっていった。最初は兌換銀行券が発行され、のちに不換銀行券が発行されるようになり、現代に至っている。

紙幣については個別記事がある。

2020年現在流通している紙幣については、個別記事がある。1000円2000円5000円10000円


野口英世新渡戸稲造福沢諭吉
日本で最も有名な三人

余談だが、日本紙幣には最新技術を駆使した偽造対策がテンコ盛りである。中には、日本企業が開発し、日本はもちろん世界紙幣に導入されているものも。世界を向けると、オーストラリアプラスチック紙幣(ポリマー紙幣)など、によらない紙幣も存在する。
 

硬貨

日本の硬貨は、政府財務省)が発行している。このため、どの硬貨も表面に「日本国」と印字してある(画像exit)。

財務省は、造幣局exitに硬貨を製造させて、できあがった硬貨を製造原価に近い額で買い取る。財務省が製造済み硬貨を日本銀行に交付して、その引き換えに政府(いつでも日本銀行券を引き出せる債権)を受け取る。これが、硬貨の発行の流れである(通貨法第4条第1項~第4項exitUFJ総合研究所2003年5月12日調査レポート2ページexit)。

交付した分だけ得た政府は、税外収入として政府の一般会計に入る。毎年度の予算の、歳入という項の、「その他収入」に入る(平成31年度予算exit)。

硬貨の額面額と製造原価をまとめた表は以下の通り(このサイトexitを資料とした)。

額面 製造原価 通貨発行益
1円 約2円 1円
5円 約7円 -2円
10円 10円 0円
50円 約20円 30円
100円 約25円 75円
500円 約30円 470円

 
昭和61年には、昭和天皇御在位60年記念10万円金貨exitを発行した。このときの製造原価は約4万円なので、通貨発行益は6万円となった。このように、政府が高額な硬貨を発行すると、その分だけ政府の税外収入が増えて、政府通貨発行益(シニョリッジ)exitとなる。

硬貨は、政府が発行するもので、発行した分だけ得られた日本銀行券が税外収入となり政府資産となる。このため、政府紙幣とよく似た存在である。

2020年現在流通している硬貨については、個別記事がある。1円5円10円50円100円500円
 

日本の預金通貨

現代社会において上記のような現通貨(日本銀行券、硬貨)は、もはや「お金」の一部でしかなくなっているのが現実である。現在のお金の大部分は通貨と呼ばれるものが占めている。

通貨は、銀行のことである(本項では預貯金取扱金融機関exitをすべて「銀行」と呼ぶことにする)。
 

銀行預金は預金者の資産であり、銀行の負債

銀行は、預者にとって現通貨を要できる債権であり、資産である。それと同時に、銀行にとって現通貨を支払うべき債務であり、負債である。

者に「銀行を現通貨に換えてくれ」と要された場合、銀行は即座に応じなければならない。銀行銀行にとっての負債だが、預者が要した日が支払期日となる種類の厳しい負債である。こういう負債を「一覧払いの負債」とか「要払いの負債」という。

銀行というのは金融庁に厳しく監督されている存在であり、常に財務状況が健全となるように導されている。そのため銀行に対する人々の信用は極めて高く、「銀行を持っていれば、確実に現通貨に交換できる」ともが信用している。銀行が発行する銀行という負債は、負債としての格がとても高く、現通貨と同等の扱いを受けている。

普通企業手形電子記録債権を発行しても、その手形電子記録債権を預通貨として通用させるのは難しい。普通企業金融庁に厳しく監督されているわけではなく、財務状況が健全となるように導されているわけではない。そのため普通企業が発行した手形電子記録債権に対して多くの人が「この手形電子記録債権を持っていても、確実に現通貨に交換できるわけではない」と一の不安を感じるようになる。普通企業が発行する手形電子記録債権は、銀行べて負債としての格が低い。
 

信用創造によって増加し、返済によって減少する

銀行は、銀行の手によって勝手に増殖させることができる。増殖させてもお巡りさんにしょっ引かれることがない。銀行の貸出によって、貸し出した分だけ銀行が増えていく。これを信用創造(預金創造)という。

銀行が融資をすると、その間、世の中の銀行の総量が一気に増える。そして、銀行から融資を受けた人が返済するたびに、世の中の銀行の総量が少しずつ減っていく。このように、銀行の総量は貸し出しによって増えて、返済によって減り、経済調子に伴ってダイナミックに変動する。好気になると貸し出しが増えて銀行の総量が増え、不気になると貸し出しが減って銀行の総量が減る。
 

マネタリーベースとマネーストック

経済論議では、マネタリーベースベースマネーハイパワードマネー)とかマネーストックマネーサプライ)といった用が出てくる。

マネタリーベースは、中央銀行民間に向けて発行したお金の総量である。人々の間で流通する現通貨と、日銀当座預金銀行が現通貨を日銀に預けたときに発生する預)を合計した数値である。

マネーストックは、融部門から離れて経済全体に供給されたお金の総量である。マネーストックの多くを占めるのが、預通貨である。


だから、マネタリーベース=現通貨マネーストック=預通貨、と考えておけば、だいたい合ってる
 

キャッシュレス

21世紀の世界ではキャッシュレスの普及が進んでいる。

キャッシュレスは現通貨に代わる支払方法の総称である。電子ネットワークを構築する必要が手形小切手と、電子ネットワークを構築する必要がある電子決済(クレジットカードデビットカード電子マネーなど)の2種類が考えられるが、キャッシュレスと言えば後者の電子決済のみをすことが多い。

キャッシュレスの長所と短所については当該記事が詳しい。特筆すべき長所というと、ビッグデータを集めることができてビッグデータを解析してビジネスに大いに役立てることができる点である。特筆すべき短所というと、災害に非常に弱く、災害日本での底的な普及が難しい点である。
 

国債

国債というのは、「何らかの通貨を支払うと約束する政府負債」を記した券である。

2020年現在日本国政府が発行している国債は、その全てが通貨建て国債であり、「日本政府日本円を支払う義務」を記した券である。
 

中央銀行の不換銀行券の材料となる

国債が満期になる前に、日銀が新規に日本銀行券を発行して、国債の保有者から買い取ることができる(買いオペレーション)。日銀貸借対照表バランスシート)の資産の部に国債が入り、その代償として、日銀貸借対照表負債の部で日本銀行券が増える。

このため、「国債は通貨の材料になる」「日本国債は日本銀行券材料となる」といったにおぼえておいてよい。

日銀が保有している国債について、政府は元本や利子の支払いを考えなくてよい。なぜなら、日銀政府経済政策の基本方針に整合的な融政策を実行する存在で、たく言ってしまえば政府をひたすら助ける存在だからである(日銀法第4条exit)。
 

無利子・返済期限無期限の永久国債

ちなみに政府は、「利子・返済期限期限の永久国債」というものを発行することができる。もちろん、そんなものを買う銀行はいない。国会の議決を受けた上で、日銀が引き受けるしかない(中央銀行の国債直接引き受け)。そうなったら政府日本銀行券をまるごとタダで手にしたようなものである。

利子・返済期限期限の永久国債」というのは、紙幣と非常によく似ている。紙幣というのは日本銀行にとって負債だが、利子は付かないし、元本の返還義務はない。
 

法律や学界における呼び方

日本国内で販売されている辞書において、「お金(銭)」と「通貨」と「貨幣」は同一の意味を持つ言葉だと説明されていることが多い(辞書例1exit辞書例2exit辞書例3exit)。

ところが、法律や学界では、それらの言葉を区別するようにしている。
 

通貨法や日銀法や刑法

通貨とは貨幣と日本銀行券の2つによって構成されていると定められている(通貨法第2条第3項exit)。

貨幣とは、1円玉から500円玉までの硬貨のことをす(通貨法第5条exit)。

日本銀行券は、1000円札と2000円札と5000円札と10000円札のことをいう。

通貨法でも、日銀法第46条exitでも、日本銀行券のことを「紙幣」と呼ばないようにしている。

また、刑法第2編第16章(通貨偽造の罪)exit148条から第153で、紙幣銀行券と貨幣をしっかり区別している。

法律世界では、紙幣というのは政府紙幣のことをす。明治時代の日本政府政府紙幣を発行していて、銀行が発行する銀行券と明確に区別していた。その頃の名残が現代も続いている。


ちょっとややこしいので表にすると以下のようになる。

通貨
2020年現在使用されているもの 2020年現在使用されていないもの
貨幣 日本銀行券 政府紙幣
1円玉500円 1000円札~10000円 ○円札
金属でできている でできている でできている

 

学界

学者たちによって作られる界においても、法律と同じ傾向がある。

学界において、貨幣というのは金属で鋳造された硬貨のことを意味することが多い。学者が「貨幣史」と銘打って書き上げた本を読んでみると硬貨の歴史のことばかり書かれていて紙幣歴史が書かれていないことが多い。やはり「貨幣=硬貨(金属製の鋳貨)」と扱うのが、学界において優勢と言える。
 

簿記で出てくる用語 フローとストック

簿記世界では、フローストックといった用が出てくる。いずれも、お金の単位を使って計算される。

フローは、ある期間での財務状況を構成する要因のことをいう。支出・収入、消費・生産などがフローとされる。フローを示す財務諸表の代表例は、損益計算書である。

ストックは、ある時点での財務状況を構成する要因のことをいう。資産債務ストックとされる。ストックを示す財務諸表の代表例は、貸借対照表バランスシート)である。
 

インフレーションとデフレーション

お金の価値が下がって物価が上昇していくことをインフレーションという。

お金の価値が高まって物価が下落していくことデフレーションという。
 

お金の意義

警告

この項商品貨幣論に基づいた記述が展開されています

 
お金が存在しないとどうなるだろうか?想像してもらいたい。

もし、あなたがお金が世界で生きていこうとすると、生活に必要なもの(、食料、、日用品などなど)を自分で作らなければならない。毎日毎日、膨大な時間をそうした生活必需品の製造と維持に費やさなければならなくなる。しかし、それでも手に入らないものもある。例えば、から遠く離れた地域に住む人は、どうしてもが手に入らない。逆に、の傍に住む人は山菜などは手に入らない。そこで、両者の間でまず原始的な物々交換が行われた。しかし、もし山の人がではなくを欲しがっていたらどうなるか?を持って行った人は山菜を手に入れられず、もその間に腐ってしまう。

そこで、物々交換をよりスムーズに行うためにお金という概念が生まれた。まず、製品に額を決めたり(価値の尺度)、お金を持っていれば商品と交換してもらえるという暗黙の了解が作られた(交換の媒介)。また、食料品などはいずれ傷んでしまうので、お金(金属とかとか)に交換しておくことで保存できる(価値の保蔵)。 お金があるおかげで、々は重い商品を運ばずに、軽くてかさばらないお金(現在ではより「軽い」クレジットカード電子マネー)を持ち運ぶことで、他人の作ったものを容易に手に入れられる。お金とは、価値のあるモノを繋ぐ潤滑油のような存在なのである。

お金が誕生したことで、分業がより容易になったことも忘れてはならない。分業が進んだことで、個人はより多くの自由時間を手にした。これは、「鍛冶屋食欲を満たす為に、自分でパンを焼く必要がい。」という言葉で端的に表せるだろう。

なお、よくお金があるから貧富の格差ができるのだ、と言われるが、これは貨幣という概念ができる以前に「物の貯蔵・貯蓄技術」が生まれた時点ですでに格差は発生しているので論じる意味はない。

関連動画

関連商品

関連リンク

Wikipedia記事

関連項目

大百科に記事のある金額の一覧

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 349ななしのよっしん

    2021/11/13(土) 23:28:37 ID: ec8Z9iHili

    >>348
    そんな物調べてもれるってわかるだけだろ
    タピオカとか見てみろ

  • 350ななしのよっしん

    2021/11/28(日) 14:40:38 ID: 7smQFvLUWz

    >>349
    れる前に売り抜けるのが肝要
    短期ブームでも長期でもその時代ごとの基盤産業でも同じこと
    ブームけるでも消費するでもなく端から眺めてるだけなら関わる必要もないがな

  • 351ななしのよっしん

    2021/11/28(日) 17:48:57 ID: IO+SPFo1pS

    それは結局、「今流行ってるものを調べても遅い」って話になるのでは。「流行ってから便乗しれる前に売り抜ける(要は二番手戦略)」なんてのは、もともと持ってるだけが取りうるムーブ。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/09(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/09(木) 20:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP