かな入力単語

カナニュウリョク

  • 2
  • 0
掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

かな入力とは、日本語方法の一種である。

「JISかな入力」や「親指シフト」などの種類がある。
ここでは日本で最も普及している前者の「JISかな入力」を中心に解説する。

概要

JIS配列キーボードに印字されている「ひらがな」をタイプすることで入する。

ただ実際の利用者は、なかなかおにかかれない。何故なら日本人口の9割以上が「ローマ字」者であり、「かな入力」者は7[1]
ここまでくると、特技として履歴書に書けるかもしれない。

その人口の少なさゆえ、タッチタイピングソフト/ゲームでは、かな入力に対応していないことも多い。

「かな入力」は、作家や新聞記者、広報など「日本語を書く仕事にあるもの」が多いとされる。またタイプライターワープロ全盛期を生きた高齢者層にも多い。

ニコニコ大百科ヘビユーザーの中にも、恐らく……。

長所と短所

メリットは「日本語時の回数が少なく済む」こと。
そのため「疲労(感)が少ない」「短時間で入できる」「タイプミス時のdelete回数が少なくて済む」ことが挙げられる。その他、「あいうえお以外でも連打が可」なことも挙げられる。

ローマ字専門利用者が一から習得する労はかかる。だが10年や人生のスケールで考えると、メリットは大きいと思われる。

デメリットは「タイプ範囲が広い」「ローマ字と両方覚える必要がある」「記号・数字・拗音の入では逆にタイプ回数が増える」ことである。

利用方法

基本的にWindowsでは、ローマ字が標準である。IMEツールバーの[KANA]をクリックする、もしくは[Alt] キー + 「カタカナ|ひらがな|ローマ字キーを同時押しすることで使用可となる。

共用パソコンの場合は、かな入力利用後、かな入力使用前の設定に戻しておく。理由は先述の通り、かな入力者人口が非常に少ないためである。

入力方法

一般的なホームポジションを以下に示す。

左小 左中 左人 右人 右中 右小
BS
Tab Enter
Caps
Shift Shift

上のホームポジションはあくまでも一例である。作成にあたり、「タッチタイピング」の記事から引用の上、変した。

特に右小ポジションは広いので、一部を右に置き換えるのも吉。

上の表に載っていない文字は、Shiftと同時押しで入する。

拗音(小さい文字)は、Shift+「該当の文字」で入する。(例:Shift+「ゆ」→「ゅ」)

「?」や「」などの右上記号は、一旦「・」「ぇ」を打つ。その後、全角は【F9】、半角は【F10】を押す。

かな入力状態のまま、英字を入れたい場合は【Capslock】を押すか、そのまま打って【F9】【F10】を押す。数字も【Capslock】や【F9】【F10】で入できるが、テンキーがある場合はそれが断然い。

親指シフト

また別のかな入力法。ローマ字、かな入力(JISかな)に次ぐ、第3の入法。

「JISかな」と較したメリットは「全体的に打つ回数との割合が少ない(小に負担がかからない)」こと。

デメリットは「IME標準ではないため、導入ハードルが高い(特に職場での利用)」こと。またJISキーボードに印字されておらず、USキーボードでは構造上利用できない。

親指シフト志願者は、新たに専用配列キーボードの購入が望ましい。

関連動画

JISかな入力

親指シフト

関連商品

関連リンク

かな入力対応のタッチタイピングサイト

関連項目

脚注

  1. *角川アスキー総研(2015年)の調査によるexit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/16(土) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/16(土) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP