今注目のニュース
「コレは不公平…」 猫とアヒルが一緒に食事をすると?
「1番美味しい」「甘旨だれ最高」 ローソン「黒いチキン」が見た目も味も衝撃的!
知っている人は知っている!プードル巻きってどうやるの?

かな恵空間単語

カナエクウカン

掲示板をみる(67)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

プリズムショー世界へようこそ!(cv.伊藤かな恵)

かな恵空間とは、アニメ・ゲームプリティーリズムシリーズに登場するである。
伊藤かな恵本人とは実はそこまで深く関係なかったりする。

概要

プリズムスター女の子たちが一番最初に面食らうかも知れない要素の一つ、それがこのかな恵空間。

2期『ディアマフューチャー』にて大璃あやみく「プリズムショーをするための衣装着替える場所」とのこと。オーロラドリーム』では何の説明もくいきなり着替えさせられた。

3期『レインボーライブ』で、『プリズム間』という正式名称が今更になって付けられた明らかになった。

辺り一体ピンク色背景られており、明らか現実世界とは異なる何かを漂わせている。

1期『オーロラドリーム』第1話で初めてかな恵空間に訪れた春音あいらが「まるでお洋」と評した通り、色とりどりの衣類間一帯にるされているが、一つ一つをよく見るとユニク○やし○むらで売ってそうな単色地のものばかりで、これらの衣装プリズムショー実際に使われる事は絶対に

間内にはこれまたの端末とお立ち台があり、プリズムストーンを端末にセットしお立ち台にあがる事で、プリズムストーン衣装に一着替える事が出来る。
『ディアマフューチャー』では、プリズムストーンを生成する機械プリズムストーンメーカー」が新たに設置された。実際に商品化されおもちゃ屋でも売られているもの(税込3,496円)だが、かな恵空間内のそれは業務用だからか何倍も大きい物語中盤からは「プリズムストーンメーカーDX」(現実では「プリズムストーンメーカーDXでこもり」という名称で売られている。税込6,825円)が置かれるようになった。これも実際のものとべて非常に大きい。ストーン生成のためには、どちらも基本的にはマスコットのペアチャム達の協が必要である。

何処から出入りできるかも微妙で、男子禁制かつプリズムスター以外入っちゃダメみたいな雰囲気があるが、衣装提供する業者の人は普通に出入りできる模様プリズムスターデザイナーマスコットのみ入ることを許されている。逆を言えばどれかに属している(いた)ならば老若男女問わずでも入ることが出来るようだ。

レインボーライブ』からは端末経由でこの間に転送され、内装もリニューアルされちょっぴりになりピンク色が濃くなったが、それ以外は基本的に同じである。

色々な意味で素敵な間だが、アニメではストーリーが進むにつれて登場する機会が少なくなるのが玉に瑕。

かな恵空間の主・赤井さん

この間に訪れる者に毎回優しく出迎えてくれるお姉さん

彼女にも赤井めが姉ぇめがねぇ)』という立な名前がある(だと思うならDMF5話スタッフロールexit_nicovideoを参照。更に24話ではヨンファ彼女に対し「あ、めがぇ」と発言した)のだが本編中ではほとんど名前で呼ばれることがないので、知っている視聴者は決して多くない。
彼女自身の一番の特徴がCV伊藤かな恵だったことにより『かな恵ヴォイスお姉さん』としてキャラが定着し、彼女中の人の名前に因みいつしかこの間が『かな恵空間』と呼ばれ現在に至る。

プリズムショーに備える子たちに時折アドバイスをしたりもするが、予め持ってきたプリズムストーン着替えるため、結局自分で手持ちからストーンを選ばなければならないのは秘密。

プリズムショーのあるところには当然のようにこの間が存在し、また1期においてMARs秋葉原ロケ先でも、行って戻れる距離にかな恵空間があったことから、主人公達の所属事務所・プリティトップスタッフであることが伺える。3期では役のプリズムストーン組のみならずライバルであるエーデルローズ組もこの間を利用して着替えている。

基本的にこの間でしか登場しないため、一時期「間から出られないのかも」「実はCGなんじゃないか」と言われていたが、間外で普通に活動しているシーンも一応ちょこっとある。

基本的にはプリズムスターショーへ導く親切なお姉さんだが、滅多に営業スマイルを崩さず、彼女自身が普段から何をどう考えているのかはよく分かっていない。その言動についても、プリティトップに潜入していた黒幕の正体という重要事項によりもいく気づいてたっぽいのに、めかしただけであえて口外しなかったりの前で大事なストーンがポイ捨てされても何一つ動じず、極め付けには、持ち本人すら気づかなかったバッグの中のチャームストーンの存在を視することなく言い当てたりと、ストーリーの進行にした上で、それ以外で自分から決して干渉しようとはしない傾向がある。

3期ではプリズムスター衣装コーデのサポートの他にも、マスコットオーナーを務めるお店の業務報告も受け付けている。定役も兼ねており、その評価は『本部』に報告される。何の本部かは例によってだが、マスコット現実世界派遣してプリズムショーを盛り上げる的な何かそういう組織がプリズムワールドにあるらしい」という背景設定が垣間見える。店舗評価に直接関与しているあたり、本部からは少なくとも中間管理職以上の重要そうなポストを任されている模様。マジで何者なんだ3期のめが
定は厳しく行われ、オーナーが不甲斐ないとしく激怒する。普段はめったに見られないその形相は一見の価値あり。

そしてこのめがぇ、プリティーリズム三部作完結後もその後継新規作プリパラにもやっぱり登場。従来のかな恵空間には常駐せず、現実世界プリズムストーン店舗スタッフとして入口で出迎える姿は、間の外から滅多に出てこなかった頃のプリティーリズム時代当時からのファンを驚かせたとか。
初めて入店した主人公らぁらを迎えた挨拶は、「いらっしゃいませ、プリズムストーンへようこそ!これまでと同じトーンで発せられるこの短いフレーズシチュエーションが、ここがかな恵空間もプリズムショー世界であることを彷彿とさせる。
そして今作の間『プリパラ』に入ると、そこにはさっき現実世界で別れたはずの別個体らしきめが。当人「よく似てるって言われるんですよ~(ニッコリ)」どういうことなの…というかこのプリパラ自体めがぇが拡したかな恵空間そのものでは###この文章はマスコットの墓場に送られたぷりっ###

シリーズが変わるごとに、よく見ると地味イメチェンしている。特に2期→3期→プリパラでは大幅に変わっているので別人説も出ている。というか世界観が違うので同一人物であるほうが逆に理があるのだが、このめがぇに限っては上記のメタな一面もあり、そういうストーリー上の都合を越している節があるため、やっぱり同じめがぇなのかも知れない。そしてメガネCVだけは、今後も決して変わる気配がない。

2期ストーンメーカー内部に広がる謎世界と3期プリズムワールド

ストーリーネタバレが多く含まれております

2期DMF24話「お宝ゲットだ!チャムの大冒険!」exit_nicovideoにおいて、プリズムストーンメーカーの内部には更に広大世界が広がっていることが判明。

この世界にはマスコットしか立ち入ることを許されず、プリズムスター人間)であるみあ達は迷い込んですぐ騎士団に捕まってしまい一生屋に閉じ込められるというギャラクティカ酷い仕打ちを受けることとなってしまった。

荒野に花畑、砦にお中世っぽい世界で、暮らす人々はみんな透明人間を着たような見たになっている。物を持つと宙に浮いたようになる等ちょっとしたホラー。そして喋る。すごい・・・が・・・喋り始めた・・・!!

他にも可がられなかったマスコットたちの念が雑魚モンスターとなって襲い掛かってきたり、王様の投げかける言葉の内容からして、そこはかとなくダーク世界である事がえる。

今週の千葉さんこの世界に詳しいらしい老人の台詞

はるかな昔、この世界に崇高な志を胸に秘めた若者が現れ、壮大な協奏曲を奏でようとした。しかしその夢はく敗れ去り、その為に作ったなる衣の一つがこの世界に封印されてしまったそうじゃ。その衣は頂点を乙女の心を満たすスカートだという。・・・しかし、その衣を失うと、この世界は消えてしまう。」

「それもさだめ。そのスカートにふさわしきプリズムスターが現れた時、この世界の役割も終わるのじゃ。」

王様の試練を乗り越え、お宝「勇気シンフォニアスカート」を入手したことでみあ達はこの世界を脱出することが出来たが、この世界が本当に消滅したのか、何故このような世界が生み出されたのかはわからずじまいに・・・。

3期RL14話「りんねの秘密」exit_nicovideoにて、かな恵空間プリズム間はプリズムワールドなる世界の中に存在していると明かされた。絵本のような1枚絵から、シリーズ視聴者なら見覚えあるであろうマスコット?達が確認できる。上記の2期世界との関係は不明だが、ピンク河童モモオーナーの発言から、近いものであると思われる。
マスット墓場へようこそちあ

3期における最重要人物、りんねはこの世界のお様で、プリズムワールドを通し世界中にプリズムショーのきらめきを伝える使者としてその都度姿を変えながらお供とともに自由奔放なをしていた。プリズムライブを伝える旅の途中何らかの事故に巻き込まれ記憶を失い、なる達の世界に流れ着く以前には、どこかの世界オーロラに輝く伝説のジャンプ羽ばたくスタァ達の究極のアクトに関わっていたようだ。パクパク…これ後付け設定の味がす

かな恵空間の使い手

このかな恵空間を扱えるのは先述の赤井めが姉ぇのみ…と思いきや、DMF第10話「みあ脱退!?あいらとガチバトル」exit_nicovideoで、春音あいらプリズムアクトでかな恵空間を再現、しかもその時点では存在すら明かされていないのストーンメーカー内の世界ごと、服音声おまけ付きでほぼ忠実に具現化してしまった。

CV伊藤かな恵でもないのに具現化した間をかな恵空間と呼ぶべきなのかは定かではないが、あいらの中の人の名前が佳奈かななので、3分の2くらいならほぼ全に同じ間が作れてもおかしくないのかも知れない…ギャラクティ理あるなー

余談だが、伊藤かな恵自身はかな恵空間を展開する事はできない

結局、かな恵空間って何だったの?

上記の内容以上に説明のしようがく、まさに間としか言いようがい。

この場所について最も詳しいであろうめがぇさんは間に関する秘密や訪れる人々のプライバシーギリギリの所で守って口外しない為、わからないままである。

プリティーリズム世界には、現実世界舞台にしつつ度々こういったファンタジー要素(プリズムストーンプリズムジャンプの存在、事務所コーチ人外だらけ、などなど)が何の説明もく散りばめられているため、こどもブロイラー的なものだと思って深く考えない方が良いのかも知れない。

また、この間を便宜上かな恵空間と呼んではいたが、このアニメ自体、実はCV伊藤かな恵がたくさんいる

1期だけでも、初期のアバン次回予告ナレーション神崎そなた(失踪前)、久里須かなめ、その他各種モブをかな恵一人で演じている。
2期ではプリズム学生のヘインが加わり、先述の赤井めが姉ぇを含め、主人公の所属事務所の関係者だけで3役も受け持っている(事務所内のキャラを2役演じている声優は他に4人位いるが。)。
更に言うと、アニメ化前のゲーム天宮りずむ役も伊藤かな恵だったりする(現在のりずむ役の原紗友里は実は2代目)。
また、明坂聡美と共にゲームオリジナル楽曲の歌唱も担当している。
おまけゲーム版のプリパラではマイキャラにかな恵ボイスを設定できたり。
あまりのかな恵率の多さに「この世界の半分はかな恵でできている」と冗談半分で言われるほどである。

プリティーリズム』の世界そのものが、ある意味かな恵空間であると言っても過言ではないのかもしれない…

関連動画

関連商品


関連チャンネル

↓旧チャンネル跡地

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP