がんばれゴエモン 〜ゆき姫救出絵巻〜単語

ガンバレゴエモンユキヒメキュウシュツエマキ

6.9千文字の記事
掲示板をみる(53)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
がんばれゴエモン > がんばれゴエモン ~ゆき姫救出絵巻~

がんばれゴエモン ~ゆき姫救出絵巻~とは、KONAMIから発売されたスーパーファミコンゲームソフトである。

概要

以降のSFCシリーズ作品とは異なり、今作はオーソドックスな面クリアアクションゲーム。今作は9つのステージで構成されており、各ステージにいるボスを順次倒しながら進めていくことになる。
プレイヤー1Pゴエモン、2Pがエビス丸を操作する事になり、2人同時プレイも可

武器ゴエモンエビス丸ともに近接攻撃が3段階ある他(招き猫で1段階パワーアップダメージを受けると1段階パワーダウン)、サブウェポンが1つ、よろず屋などで手に入るかんしゃく玉がある。

また、旅の途中にある「場」で修行をすることで、アクションステージ内限定ながら術を使用することができる。

一方、今作にはセーブ概念がまだ存在しなかったため、ステージ中に点在する大江戸ツーリストにて「たびにっき」(パスワードにあたるもの)を聞いてメモをし、再開する際にはそのパスワードを入しなくてはならない。
ちなみに、2人プレイの状態だと、やたらとパスワードが長くなる。

余談だが、その後ゲームボーイアドバンスで発売されたリメイク版ではパスワード形式が止され、代わりにセーブファイル方式が採用されている。

本作はお金を稼ぐミニゲームが充実しており、序盤にこれで稼いでおかないと終盤に苦労する程策に悩まされることになる。特にゲームオーバーになった後初期状態から再開すると立て直しが非常に厳しい。ゲームオーバー時にコンティニューしなかった場合、ゲームオーバーになったステージの最初から開始できるパスワードが表示されるが、これも初期状態での開始となる。

スーパーファミコン発売からおよそ半年ほどという時期のリリースであったが、サウンド定評のあるコナミの名に恥じない良曲を大量に収録。シリーズファンからも本作のBGMの評価は高い。長らくサウンドトラック盤で入手困難であったが、2016年FCSFCGBシリーズの音をまとめたさうんど玉手箱復刻となった。本作の各楽曲のタイトルは、後のシリーズべるとまともな方である。

SFCの独自機である回転、拡大縮小、モザイク活用した演出も見ものである。SFC初期のソフト任天堂側からこれらの機を使うことを強制されており、使わなかった場合発売許可が出なかった。

またSFCソフトバージョン違いが存在することがある。本作の初期ロットラスボスグラフィックバグというとんでもない不具合があり、倒し方が分かりにくくクリア困難になってしまっていた。

ちなみに、今作が初登場となるサスケは、敵としてのみ登場する。賀の物知り爺さんクロベエ殿様にゆきと本作でシリーズ初登場のキャラクターは多い。小判とヤエは外伝からのゲスト出演であり、ヤエは後にレギュラープレイアブルキャラクターにまで昇格した。

ストーリー

舞台江戸はぐれ町。
ある日、エビス丸ゴエモンのもとにやってきて、最近巷で話題の「ほろほろ寺の女ゆうれい」の話を切り出す。

ゴエモンエビス丸は、その女ゆうれいを退治しにいくことに。首尾よく退治したかと思いきや、女ゆうれい大江に仕える忍者クロベエの変化だった。話を聞いてみるとお江戸の一大事のため、協してくれる腕の立つ人を探すために騒ぎを起こしていたらしい。クロベエは詳しい話は四国にいる小判から聞いてほしいとゴエモンたちに費を渡す。

お江戸の一大事と聞いては放っておけないゴエモンたちは四国立つ。これが3度の長いの始まりであった。

ステージ説明

全9ステージで構成され、クリアしたステージに戻ることはできない。ゲームオーバー時に発行されるパスワードは「ゲームオーバーになったステージの最初から初期状態で再開する」もので、特に後半のステージでこれを使うと最初から敵の猛攻にされる上に資繰りに苦労することになる。

ステージ1 江戸

ゴエモンがあるはぐれ町が舞台となる。出現する敵キャラ浪人や棒役人、虚無僧などその辺をうろうろしているだけの敵が多いので、較的簡単に資集めをすることができる。ある程度お金を稼いだ後はよろずやに入り、わらじ限界まで購入しておこう。以後、できるだけわらじは最大数持っている状態をキープしておきたい。
北へ進むと町中がオバケだらけになり、よろずやとめし屋以外の施設が利用できなくなる。
アクションステージはほろほろ寺。こちらもうろついていたり寄ってくるだけの敵が多いので苦労はしないはずだ。途中の釣鐘は一度は鳴らしてもらいたい。

ボスは女ゆうれい。本体に直接ダメージを与えることはできず、放って来るお皿を打ち返してダメージを与える。画面端で待ち構えると戦いやすくなる。倒すと忍者クロベエが変化を解いて姿を現し、ゴエモンたちの腕を見込んで頼みごとをしてくる。お江戸の一大事ということで詳しい話は四国の小判に…と四国までの費をくれる。

ボスを倒した後はそれぞれのお店も営業を再開、南側突き当りの大江戸ツーリスト四国行きのツアーを申し込むことでクリアになる。本作のはぐれ町のレイアウトは続編でも踏襲されている。

ステージ2 四国(讃岐・伊予・土佐)

四国お祭りっ最中。あちこちでひょっとこの面を付けた人がうろうろしている。町の人たちの話を聞くと、どうやら小判は少し前から行方がわからないらしい。このステージは途中でショートカットできる場所があり、そこを通過するためにはわらじが3枚以上必要。い場合は敵の攻撃がしい伊予エリアをうろつく羽に。また中に道後温泉もあるので、体回復も兼ねて寄ってみるのも一

情報を集めながら先に進んでいくと祭のやぐらを囲んでひょっとこたちが踊っている場所に出くわす。とりあえず全員倒すとやぐらが開いて中に入れるように、するとそこにはボスのちょうちん魔人と囚われている小判が!

ちょうちん魔人は最初は攻撃を受け付けないが、まわりの提を全て落とすと顔にダメージが入るようになる。最初はい提しかダメージが通らず、それを全て落とすと今度は残ったい提を落とすことに。それぞれたまに攻撃してくるので深追いは禁物。最後は直接殴ることになるわけだが、魔人に当たると普段の倍のダメージを受けてしまう。ごり押すとまず撃沈するので、遠距離攻撃やヒットアンドアウェイで臨もう。

ボスを倒すと小判解放され、大江のお様であるゆき隠しにあってしまったことを知らされる。小判情報によると、淡路おたふく隊が女の子を攫っているらしい。

ステージ3 淡路(阿波~播磨)

淡路島すことにしたゴエモンたち。しかし淡路島には「からくりアイランド」なる遊園地が建設されていた。ここには本作で登場するミニゲームのほとんどがっている。ここで思いっきお金を稼いでおかないと後で確実に苦労するので、ここでしか売っていない砂時計(残り時間延長)も買って遊びまくろう。なおこステージにしかないバーガーショップでは持ち帰りも可

どうやらおたふく隊の本拠地は大和にあるらしい。あらかた遊んで軍資を稼いだら播磨方面のを渡って本土に上陸。このステージにはボスがいないため、さっさと通過することが可だ。

ステージ4 大和(播磨・摂津・河内・大和)

本土に戻ってきたゴエモンたち。おたふく隊の基地がある大和まで向かうことになる。このステージ中を走っている鹿くと罰を取られるので資に余裕がない場合は注意しよう(前ステージで稼いでいるはずなのでそれほど問題にはならないが)。ここからアクションステージも本格的に長く難しくなっていくので、アイテムと体回復など万全の体制を整えて乗り込もう。

おたふく隊の基地ではスーパーファミコンの回転機を活かしたギミックが多く設置されている。慣れるまでは大変だが、慣れれば機を楽しみながら進むことができる。終盤の回転する足場を登っていくエリアにはスタート地点に戻されるトラップが仕掛けられているので、の小判などは深追いしないように。

ボスは2段階存在し、まずは双子おたふくがボールを投げて攻撃してくる。遠距離攻撃で顔を攻撃するのが基本だが、面倒な場合はおたすけの術で呼び寄せた虎orに頭をかち上げてもらうと良い。双子おたふくを倒すと背景おたふくにが吸収され、こちらに迫ってくる。4発くごとに福笑いの如く顔を変えて襲ってくる。最後は1発食らうごとに大きくなり、画面いっぱいにまで膨れ上がるため、端に寄っておけば安心。なお、このステージ動画投稿するときはサムネイルをこの画面いっぱいまで広げたおたふくに設定している投稿者が多い。

倒すとおたふくに閉じ込められていたヤエちゃんが登場。ゆきはどうやらここには囚われていないらしい。そこでヤエちゃん賀の物知りじいさんを訪ねると良い」という助言をもらった一行は賀に向かうことにした。

ステージ5 伊賀

物知りじいさん忍者屋敷にいるという情報を得た一行。忍者屋敷に乗り込むが、そこは多ギミックと大量のからくり忍者が襲ってくるおっかない屋敷だった。

このステージは町エリアが短く、アクションステージである忍者屋敷の攻略となる。不安な人は飛行の術を習得しておこう。アクション難易度は高く、それを示すかのようにチェックポイントであるこれぞうくんが多く配置されている。特にアメリカンクラッカーを飛び移っていくエリアは落下死の危険が非常に高い。少しでも危ないと思ったらすぐに術を使おう。

ボスはこちらも2段階。まずは耐久の上がったからくり忍者たちを8体相手にすることになる。全員倒すと大将サスケが登場。に揺れる凧の上で戦うことになる。基本的に左右にうろつき、足場を飛び移るときに8方向にくないを投げてくる。

倒すと同時に凧から落ちてしまうゴエモンたち。しかし落ちた先が物知りじいさん部屋だった。相談を受けたじいさん出雲竜神池にある伝説に聞いてみてはどうかと提案する。また、出雲までは長になるので、じいさんの新発明「瞬間移動ミラクルファジーマシーン」で送ってくれるというのだが…?

ステージ6 京都

じいさんの発明品は失敗作で、出雲まで届かず途中の京都墜落してしまったゴエモンたち。仕方ないので徒歩で出雲すことに。しかし中である天狗山前に関所があり、通行手形いと通れないという。仕方なくよろずや手形を購入した一行は山のへと入っていくのであった。

前述の通り、よろずや手形を購入しないとアクションステージに進むことができない。お値段は980両。お金稼ぎの施設はそれなりにっているのだが、ザコキャラの攻撃がしく、資繰りは一苦労となる。淡路で稼いだおが底を突きそうならここでラストステージまでの分を稼いでおきたい。

アクションステージ天狗山と登り。天狗山途中には中ボス天狗天狗がいるが、ステージを進むルート次第ではスルーも可。ただ足場の悪い場所を通ることになるので敵の猛攻を受けて落下死しないように。登りステージは時おりを出たり入ったりする岩からの裏側に入り込み、岩を渡ってを登っていく。

ボスつづら助六(カブキ)。作中屈の強さを誇る難敵で、ここでを飲んだプレイヤーは数知れず。素の攻撃が4と高く、策で突っ込むとあっという間にライフにされてしまう。接近戦を挑まず、小判や手裏剣での遠距離メインに戦おう。最初はつづらに入った状態で登場。おたふくと違いはじき返すことはできないので常に距離を取ることを考えよう。つづらライフがなくなると本体が登場。かつらを飛ばす、を吹きかけるなどの攻撃を繰り出してくる。距離を取り、攻撃範囲を理解すればなんとか倒すことができるはずだ。なおカブキはこの戦い以降打倒ゴエモンの執念を募らせ、シリーズの名物ボスとなる。

ステージ7 出雲

天狗山を抜け、伝説がある竜神池のほとりまでやってきた。ただ白龍が守っているらしく、に認められないとのもとへは行けないらしい。

このステージの町エリア竜神池の周りを囲んでいる設定でループになっている。一方に歩き続けているとスタート地点まで戻ってこれる。途中にある鳥居から竜神池に入り、ここからアクションステージとなる。に一定時間落ちているとダメージを受けるのですぐにジャンプで脱出しよう。

祠までたどり着くと白龍との戦いになるのだが、本作最弱の呼びが高いほど弱く存在感も薄い。というのも懐に当たり判定がなく、入りこめばそのまま倒せてしまうのだ。そうでなくとも攻撃のバリエーションに乏しいのでさくっと倒してに会おう。

に会うと既にゴエモンたちが来た理由を知っており、ゆき琉球に囚われていると教えてくれる。

ステージ8 琉球

琉球に辿り着いたゴエモンたち。とりあえずゆきに関わる情報を収集しようとするが、なぜか般若の面を被った大工たちに襲われてしまう。どうやら琉球改造しているらしい。詳しい情報を得ようと琉球王に謁見するが言葉が通じず何を言っているのかわからない。辞書を購入して話を聞いてみると、既に般若一族を名乗る集団に乗っ取られているという。彼らの打倒を依頼されたゴエモンたちは隠し通路から基地に潜入するのであった。

ステージが始まるとこれまで出てきたザコキャラたちが出てこず、般若お面を被った大工たちが大量に出てくる。金づちを投げつけてくるので、その前にサクッと倒してしまおう。ここの民家の人たちは言葉が通じず、それはここのである琉球王でも同じ。よろずやで辞書が売られているので、購入して話を聞いてみると前述の通り、アクションステージへの入り口を琉球王から教えてもらえる。ここも長期戦になるので、しっかり準備を整えてから乗り込もう。終盤に備えて飛行の術を習得しておくといい。

狭い足場や足場から転落させようとする敵の攻撃、安全に進むためには時間がかかるエリアなど、これまでの要素を総動員したギミックが待ち受ける。1つずつ対策を打ち確実に進んで行けばそれほど脅威とならないので、焦らずに進んで行こう。途中で中ボスだるま落としが出てくる。頭を順番に倒していけばいいので、安全地帯である端から確実にダメージを与えれば倒せる。頭がラストの1つになると逃亡し、地下に落とされる。落下地点は自動で移動するトロッコ。落下しないように乗っていると今度は回転足場が連続する地帯に出る。苦手な場合は飛行の術で回避。

の廊下を駆け抜けるとゆきが囚われている。その足場に飛び乗ると先ほど逃げだるま落としボスのやじろべいだるま合体し襲い掛かってくる。ここでは耐久度がなく、名前通りやじろべいでバランスを取っている。攻撃で一方に荷重をかけ、落下させれば勝利となる。

勝利するとゆきを連れ大江に凱旋するゴエモンたち。殿様にゆきを送り届けるが…?

ステージ9 大江戸城

既に大江般若一族の首領、はんにゃ大将軍に乗っ取られており、再びゆきは連れ去られてしまった。ゴエモンたちは大江の地下に落とされるが、ヤエちゃん助けてくれる。どうやら本物の殿様も地下に囚われているらしく、まずは殿様を探すことに。殿様を発見すると、地下出口を教えてくれるので、出口から下町に向かおう。下町を突っ切ると改造した琉球が上に来ており乗り込むことになる。

乗り込むとボス3連戦となる。うち2つはちょうちん魔人おたふくとの再戦、戦い方は前と変わらないのでさっさと倒してしまおう。ラスボスはこちらも2段階。虎に乗って矢を射かけてくるので、ステージ1の女ゆうれいの要領で矢を弾いて虎の顔面に当てよう。このライフを削りきるとはんにゃ大将軍との戦い。基本的に体当たりなので攻撃を受けにくい画面端に取って攻撃の機会を待とう。ここまでくれば難しい相手ではない。

倒すと晴れエンディングとなる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目、及びシリーズ

この記事を編集する

掲示板

  • 51ななしのよっしん

    2022/07/18(月) 21:22:05 ID: 777pUVEo7W

    上の解説攻略のところで般若代将軍が乗ってるやつのことを虎っていってるけど正しくは唐獅子だぞ

  • 52ななしのよっしん

    2022/08/16(火) 00:48:36 ID: oX5/9aWkLF

    おかしいですね?
    うちの般若バグの塊に乗ってましたが…(初期ROM

  • 53ななしのよっしん

    2022/08/16(火) 07:31:15 ID: aAI7hhEI1s

    SFCの独自機である回転、拡大縮小、モザイク活用した演出も見ものである。SFC初期のソフト任天堂側からこれらの機を使うことを強制されており、使わなかった場合発売許可が出なかった。
    これってよく言われてるけどソースあるの?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/30(金) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/30(金) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP