今注目のニュース
自称霊能者がもはやギャグ ホラー漫画家による「怪談取材」での苦労話が悲しみの事実
見なくなった「2000円札」に店員が“偽札”疑い? 沖縄では10年で流通数倍増
プロ野球選手引退後の職業は…意外にも「会社員希望」が最多

きね子単語

キネコ

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

きね子とは、「絵が動くジグソーパスル」ファミコンパズルゲームである。
文字で説明するより動画一つ見てもらったほうがい。

概要

「きね子」は元々MSX2で発売されたキネティックコネクション(kinetic connection)(1986年、発売元:ソニーパズルゲーム)の移植であり、1986年11月アイレムファミリーコンピュータ ディスクシステム「きね子」タイトルに変更され発売した。1991年にはセガゲームギア移植している。

普通ジグソーパズルと異なる点は、ピースがアニメーションで動いていて、これがおもしろい。
ゲームレベルは、16ピース、24ピース、48ピースと別れ、全10ステージ
見たがすさまじく地味であるが、機質なBGMと操作性の悪さが逆に中毒性を増すゲームでもある。
現代の中学生プレイしても当時と遜色なく楽しめる、ってなんかの書籍に書いてた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP