今注目のニュース
丸山桂里奈の人間ランクに爆笑 櫻井翔は「もうすぐ地蔵」
Jリーグ、フィギュアスケート、レスリング・・・今年も相次いだスポーツ界のパワハラ・モラハラ問題!求められる業界内の体質改善とは
上皇后・美智子さま(85)が血液が混じる嘔吐。週刊誌報道が一因かとの報道

くっ…殺せ!単語

クッコロセ

  • 18
  • 0
掲示板をみる(400)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(18)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

くっ…殺せ!とは、女騎士オーク陵辱される際の決まり文句である。

略して「くっ殺」もしくは「くっころ」。

概要

女騎士ファンタジー系の創作物で人気があり、総じて気の強いキャラクターとして描かれている。そうした気高さをった女性が性的に屈させられるシチュエーションを好む者は多く、官系の漫画ライトノベルエロゲー等では定番となっている。

具体的に言うと、醜悪なオーク相手に無様敗北を喫した後、拘束・監禁等の仕打ちにより戦うを奪われ、為す術もなく陵辱されるといった有様における、女騎士の「性的な辱めを受けるくらいなら死んだ方がマシだ!」という衝動から発せられる台詞であり、同時にこうした定番中の定番であるシチュエーションネタとして簡潔に表した言葉でもある。

また、ファンタジー作品には架の種族であるオークが登場することがしばしばあるが、「人間に近い姿形をしている(=人間と同じような凌辱方法が可)」、「しかし人間ではない(≒モンスターであり人間と戦う・対立する理由が作りやすい)」、「人間より文明レベルが低め(≒好戦的で粗暴な性格づけをしやすい)」という都合の良い特徴から、18禁の作品に登場するオークは総じて女性陵辱する役として描かれることが多い。

ネタが広まった現在では広義な使われ方もされており、オーク女騎士に限らず、「気が強く々しい女性が辱めを受けるくらいなら殺せと要する」と言うシチュエーション全般をす言葉になりつつある。または、そういう事を言いそうな雰囲気の女性キャラして「くっ殺感がある」などと言う。

具体的にいつ、どこで発祥したネタなのかは不明だが、2000年代後半には既にネタの存在が確認されており(関連動画参照。ただし登場しているのはオークではなく戦中の敵国兵士)、2013年3月頃にはTwitter上でネタにされたことが確認されている。

同人作家クリムゾン氏が元ネタだという噂もあったが、これは何故か本人が否定した。
く、「私のキャラは生への執着が強いから自ら『殺せ』とは言わない」とのこと。

女騎士「くっ殺せ!」ネタ集exit

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/14(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/14(土) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP