ここはモナコモンテカルロ単語

ココハモナコモンテカルロ

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ここはモナコモンテカルロとは、絶対に抜けない!である。

アイルトン・セナがナイジェル・マンセルの前に出た概要

「ここはモナコモンテカルロ。絶対に抜けない!」

1992年5月31日F1シーズン第6戦、モナコ公国ルキュイ・ド・モナコCircuit de Monaco、モンテカルロコース)で開催されたモナコグランプリにおいて、レース実況をしたフジテレビアナウンサーである三宅正治の発した同レースラストを飾ったアイルトン・セナナイジェル・マンセルのデッドヒートたった一言で表した名言である。

経緯

ナイジェル・マンセルが開幕6戦連続ポールポジションを獲得。アイルトン・セナは3番手からスタートするも、スタート直後に2番手リカルド・パトレーゼインを突いて2番手に浮上。混戦模様の3位以下をに、上位2台はこの状態が続いていた。

残り8周。28ほどのリードを保っていたマンセルが、左リアタイヤに異変を察知(後日、ナットが緩んでしまったのが原因と判明)。タイヤ交換の為、緊急ピットインするが、その間にセナに抜かれていた。マンセルは74周にファステストラップ叩き出し、残り3周でセナに追い着いた。 この時、使い古したタイヤセナに対して新品タイヤマンセルラップタイムで2以上も速かったが、コース幅が狭く、またストレート区間が少なくスピードがのらないというコースならではの特性によりオーバーテイクが難しい。その特性を利用しセナは巧みにブロックしてマンセルを抑え、逃げ切った。

評価

F1ファンにとって有名な言葉であり広く知られてはいるが、中立を保たねばならないアナウンサー性を逸脱した発言であることは間違いない。なんて言ったらやっぱりでしょうかね?

後に三宅正治が出版した著書によると、マンセルの緊急事態をいちく報じたのは、フジテレビの独自カメラだけであり、フジテレビ以外のメディアは、その状況がしばらく掴めていなかったとの事。

なお、2011年5月29日に開催されたモナコグランプリにおいてルイス・ハミルトンミハエル・シューマッハを第1コーナー「サン・デヴォーテ」でパスしたのを皮切りに、フェリペ・マッサ小林可夢偉らがオーバーテイクを決めた。この名言が生まれてから実に19年にして、遂に歴史が変わった。

関連動画を抑えるセナ!抑えるセナ!

ここはモナコモンテカルロ。絶対に動画は載せられない!

すごい市場です!すごい関連商品です!

もうマンセルがどっからでも行ける関連コミュニティ

さあどうだ、関連項目が待っているが……!?

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/12/06(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2023/12/06(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP