これが今度の実験体かね 単語

4件

ナニカヤッテヤルカ

4.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

 

 

収支報告

収入
成功報酬    0
特別加算    0

支出
弾薬清算  -148
機体修理   -8870
特別減算 -12000

計    -21018

所持額  -51296

 

 

 

 

 

 

 

 

現在読込中
Now Loading

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが今度の実験体かね

はい。資料では元レイヴンだとか

成程、例のルートからか

負債は相当の額だったそうですよ

破れたり」か
フッだがこの実験で生まれ変わるさ

生きていれば、ですが

まっそういうことだな
では始めよう

 

 

 

 

 

 

 

RN

RAVENS'
NEST

 

 


Ads by RAVEN


携帯弱王:
)

ページ番号: 5698778 リビジョン番号: 3240577

読み:コレガコンドノジッケンタイカ
初版作成日: 97/07/10 11:00 ◆ 最終更新日: 24/02/18 22:47
編集内容についての説明/コメント: 私は何か・・・されたようだ・・・

記事編集 / 編集履歴を閲覧 / Twitterで紹介

これが今度の実験体かねについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :1997/12/04(木) 00:02:30 ID: fsitminger

いいか、俺は面倒が嫌いなんだ

2 : ななしのよっしん2005/08/04(木) 05:32:28 ID: eBnzubLgen

>>1
じょ、冗談じゃ・・・
おい加筆してくれ!

3 : ななしのよっしん2010/03/04() 17:58:59 ID: 8ullet1ife

>>2
加筆するつもりなどもとよりない・・・!

  掲示板にレスする  

Ads by RAVEN

単語記事:これが今度の実験体かね

これが今度の実験体かねとは、ゲームアーマード・コア(初代AC)』の隠しイベントである。

これが今度の概要かね

国家は既にく、企業がすべての権を握る世界において、報酬によってのみ行動を決定し何にも組しない傭兵レイヴン」となり、機動兵器アーマード・コア」を操って様々なミッションを遂行する……。これが初代ACから続くACシリーズの基本である。

傭兵仲介組織「レイヴンズ・ネスト」に属するプレイヤーは、ミッションの遂行報酬を元手に新たな機体パーツを購入し、困難さを増す次のミッションに挑戦していく。だが、ネスト戦闘中に生じた費用(弾薬費、機体修理費、特定を破壊したペナルティ)は負担してくれず、それらは全てプレイヤー側持ちになる。当然ながら、報酬より負債が嵩んでしまえば赤字になる。
初代ACでは特定ミッションを除き、失敗してもゲームオーバーにならずに次のミッションに挑戦できるのだが、ミッション以外で報酬を獲得する手段はない。つまり「赤字を出して新パーツを買えず、高難度化するミッションに対応できない」→「さらに赤字を出し、資産マイナスになってしまう」→ゲームが詰んでしまう」恐れがあるということ。

そうならないための救済措置、あるいは試行回数に任せてごり押すゾンビアタックの防止措置として、ミッションの成否に関わらず総資産が-50000cに達した時点で強制ゲームオーバーとなり、当記事冒頭に引用した不気味デモムービーが挿入された後、ゲームを有利に進められる追加が付与された上で始めからやり直しになるシステムが仕込まれている。

通常のロード画面が終わると、いつものガレージではない、手術を見上げる視点ローリムービーが流れ、まるで世間話でもするかのような2人組の会話が終わった後、手術が点。画面が暗転しロードが終わってみればストーリーが最初から……という流れに肝を冷やしプレイヤーは数知れず。

これが今度の強化手術かね

ゲーム中でも言及されるプラスPlus)」こと「強化人間技術」人間神経格等を人工物に置換し、驚異的な体(操縦)を付与するもので、一部のアリーナランカーレイヴンもこの処置を受けているという。

ムラクモミレニアム社が開発を行っている……という建前だが、実際のところは「大破壊」前のロストテクノロジーを解析し、再現しようと頑っているのが実情らしい。この手のお話の例に漏れず、発展(再現)途上の技術ということで事故も多いらしく、作中でも暴走して脱走した元レイヴンプラスを処分するミッションが存在する。

つまり、プレイヤーは借のカタとしてプラス実験体にされたということ。ついでに、ゲーム中で登場したプラス達がどのような扱いを受けてきたかを追体験させられているのである。

これが今度の手術結果かね

強化後は、名前が強制的に強化人間●●●(●はランダム数字に変更される。隠しコマンドで変更もできるが、入タイミングが結構シビアなのが嫌らしい。

最終ミッション発生前なら、この強化手術は何回でも重ねがけ可で、手術回数に応じて永続的に適用される特殊が解禁されていく。幸いなことに不名誉な名前に変更される以外のペナルティはない。

なお、ゲーム中では「自分はいま、何段階なのか」「解放されている特殊機は何か」という情報は一切開示されない(説明書にも載っていない)。隠しパーツの意地悪な配置といい、この時代のゲームの隠し要素としてはしくもいことではあった。

これが今度の続編かね

プロジェクト ファンタズマ』と『マスターオブアリーナ』ではこの救済措置イベントは用意されていないが、初代ACから強化人間状態のデータを引き継ぐことで強化プレイを楽しむことができる。

アーマード・コア2』では救済措置が復活。やはり負債が-50000をえると問答用で最初からやり直しになる。こちらでは不気味なプリレンダムービーが挿入されるだけで、セリフはなくなってしまった。
続編の『2 アナザーエイジ』では『2』から強化状態データを引き継がないと強化プレイできないのも同様。

『2』の強化段階は以下の通り。

負債は相当な速さで積み重なったそうですよ

この救済措置は、言ってしまえば「公式チート」の付与であるため、ユーザー同士の対戦会では使用禁止が通例。最初期のフロム・ソフトウェア催の初代AC公式大会では解禁されたこともあったのだが、「強化人間専用AC」とも言うべき特化アセンブル氾濫し、地上は月光グレネードで薙ぎ払われ、延々と中戦が繰り広げられるゲームバランスが大破壊」状態と化したことで事封印と相成った。

とはいえ、一人プレイで楽しむ分にはいつもと違った爽快感が味わえるため、通常プレイに飽きてきたプレイヤー(と、プライドしでクリアしたいプレイヤー)は、期に強化手術を受けられるように浪費を重ねる。全強化には6回or5回もやり直さないといけないので結構めんどくさいのだ。

『初代AC』であれば、最初のミッション『反抗組織排除』で拾える隠しパーツ・WR-L24が役に立つ。次回以降のミッションでこれを全弾撃ち切り→撃破されることを繰り返せば手っ取り赤字が嵩む。
『2』では最初のミッションMT工場鎮圧』がおススメ。敵部隊の中央に飛び込めばあっという間に撃破されるため、駄撃ちを続けながら死にまくると効率よく赤字を貯められる。

これが今度の……何、いのかね?

アーマード・コア3』と『3 サイレントライン』では手術イベントくなり、条件をクリアすると入手できる隠しパーツを装備することで強化のON/OFFが出来るようになった。便利ではあるが、初心者への救済措置という面がくなってしまったのは惜しまれるところ。

アーマード・コア ネクサス』以降のN系では消滅し、強化は敵CPUのみの特殊仕様になる。そして『アーマード・コア4』以降は、ゲームシステムとしての強化人間全に消滅した。

アーマード・コアⅥ ファイアーズ・オブ・ルビコン』では世界観設定として「強化人間」という単久々に登場したが、Plus系の設定とは全く異なる。そんな中で「借のカタに旧世代手術の実験台に供された」G5 イグアスの存在が、初代ACを思わせるファンサービス要素になっている。

これが今度の関連動画かね

これが今度の関連項目かね
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/27(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/27(月) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP