今注目のニュース
「インターンシップで企業は本来の姿を見せていない」識者が指摘 入社後のミスマッチで離職率が上がる傾向
ヤラセレビュー見抜ける?「サクラチェッカー」話題 製作理由は、調査方法は、精度は...作者に聞く
「おがすげなものは投げねでけろな」 山形弁全開!他県民には難解すぎる注意書きが話題

ごんぎつね単語

ゴンギツネ

掲示板をみる(56)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ごんぎつね』とは、新美南吉の童話作品である。

小学校国語教科書に多く使われたため、高い知名度を持つ。

概要

稿のタイトルは「権」、児童雑誌に掲載された際のタイトルは「ごん狐」であった。戦後、小学4年生の国語科の教材として用いられるようになったが、「」の字が常用外であったため、すべて平仮名の「ごんぎつね」と書かれるようになった。

稿にあったイントロ部分は編集により大幅にカットされている。ラストシーンの描写の違い等、雑誌掲載版とはまた違った趣のごんぎつねを稿版で読むことができる。

話は、ある猟師とその母親、そしていたずら好きのの話であり、最初は猟師に対していたずらをするであったが、猟師は親の看病の為に猟をしていると事に気がつき途中でいたずらの償いとして等の供え物を置くようになる。しかしこの行いは猟師に気づかれることはく、ある日同じように供え物を置いた際に音を立ててしまい、これに気づいた猟師が「いたずら」をしにきたと思い猟銃を構えてこのを撃ってしまう。近寄って確認したところで口にくわえていた供え物がに入り「ごん、お前だったのか…」と落胆し話が終わる。

この話は読み聞かせた年代や環境、時代によって意見が変わり「償っていたのに殺されるなんてが可哀想」から始まり、近年では「いたずらをしても報われることはいこれが現実か…」、「一度失敗したら次はないという事なんだな。」といった幅広く感じ方が異なるのものある

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

掲示板

  • 54ななしのよっしん

    2019/05/09(木) 22:39:10 ID: EVN1Oq/N2w

    ごん…お前だったのかツイッター炎上したのは

  • 55ななしのよっしん

    2019/06/29(土) 23:06:18 ID: 0M2oiQztlW

    困窮して思い込みを拗らせるとロクな事にならない。だから兵十は親を見捨ててを出れば良かったんじゃないかという個人的解釈

  • 56ななしのよっしん

    2019/07/17(水) 10:52:57 ID: wOGU3Di6lG

    >>54
    くっそこんなのでw

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP