せんだみつお単語

センダミツオ

1.5千文字の記事
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 せんだみつおとは、コメディアンタレント俳優である。

 声優千田男という人がいるが別人。

概要

ナハッ!ナハッ!ナハッ!

人物

 1947年昭和22年7月29日樺太生まれ。の転勤に伴い小学2年生の頃に東京に移り住み、それからは東京育ち。18歳年上のがいる。駒澤大学中退後、服部栄養専門学校卒業し、調理師免許を所持している。息子にせんだ雄太俳優声優ナレーター)、にせんだるか(タレント・実業)がいる。もともとはだったが、2009年野良猫を保護したことがきっかけでにも傾き、現在を多頭飼いしている。和田アキ子とは旧知の仲。

芸歴

 小学校3年生の頃から子役モデルとして活動したが、約2年ほどでやめてしまう。その後、専門学校に通いながら、ムッシュ中野という芸名でフォークバンドの付き人兼会として活動するようになる。バンド会が他のバンドにも広まり、コンサートでの会をこなしていたところを見込まれ、スカウトされる形でラジオ番組のレポーターの仕事を経て[1]1969年にはメインパーソナリティとなるラジオ番組を得るなど、芸界に再度入っていくことになった。和田アキ子とはこの頃からの付き合いがある。

 その後、1970年代はじめから数多くのラジオ番組やテレビ番組でパーソナリティを務め、70年代黄金期を飾る。しかし、過密スケジュールのせいもあり、70年代の後半に体調を崩し、半年の休養を経て復帰したものの、おりしも漫才ブームのあおりを受けたこともあり一時は全てのレギュラー番組を失った。

 80年代に入っても芸活動を続けたが全盛期には届かず、コメディアン会業としては陰りが見えた半面、70年代の終わりごろから80年代にかけて俳優としての活動にシフトしていった。近年では生島ヒロシ会長を務める企画と業務提携を行い、ドラマなどでたまに脇役として出演する彼の姿を見ることができる。現在企業パーティ等での会を務めるなどをしながら、5匹のに囲まれて暮らしているらしい。

 実は1977年実写映画化された「こちら葛飾区亀有公園前派出所」では、両津役で演もしている。当時は原作に麗子も登場前で、両津フルネームも設定されていなかった等、現在こち亀とは配役や設定が異なる作品となっていた。同作のVHSビデオが発売されたこともあるが、庭用ビデオデッキが普及する前のことでもあり、現在は入手困難と思われる。

せんだみつおゲーム

 90年代後半から流行った宴会芸、パーティゲームの一種。ゲームの流れは以下のようなもの。

 参加者は列を作る。座になっていたり、隣り合わせて座っている等、宴席・席に向いている。まず最初のか一人が「せんだ!」と言いながらかをさす。名された人は「みつお!」と言いながら、またかをさす。「みつお!」とをさされた人の両隣の人が「ナハッ!ナハッ!」とギャグを飛ばす。「みつお!」とをさされた人は釣られてギャグを飛ばしてはいけない。これを1ターンとして、「みつお!」とをさされた人が次の名者となって、「せんだ!」と言いながらかをさして次のターンが始まる。

 ミスした人はお酒を飲まされる、何か芸をさせられるなど、ちょっとした罰ゲームめられることが多い。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *自伝によれば坂本九メインパーソナリティを務める「東芝ワイドワイドサンデー」のレポーターに抜されたとなっているが、同番組で坂本九メインパーソナリティだったのは1971年であり、年代が合わない。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/17(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/17(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP