たつき(アニメーション監督)単語

タツキ

3.7千文字の記事
掲示板をみる(3.1万)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(196)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

たつきとは、日本アニメーション監督アニメーターである。アニメ制作チームirodori代表。
代表作に『てさぐれ!部活もの』、『けものフレンズ』、『ケムリクサ』など。

概要

京都府出身、ケニア育ち。生年日は非表。(へんたつ数字などetc.から7月24日誕生日では?と噂されている。)

アニメ制作キャリアの初期の頃はサンライズに「尾本達紀」として所属しつつ[1]同人活動としてirodoriにて自主制作アニメ制作しており、毎更新は終了したが現在継続している。こちらの活動内容については「irodori」の記事を参照。

福原慶匡からスカウトされる形でヤオヨロズ設立メンバーの一人となり、ヤオヨロズ3DCGアニメ制作している。ただし、正社員ではなく作品契約という形で携わっていることが明かされている。

石舘光太郎(のちに石ダテコー太郎名)が監督を務める『てさぐれ!部活もの』のアニメ監督を務め、同作の3Dモデル吉崎観音に留まり、2017年冬アニメの『けものフレンズ』のアニメ制作会社としてヤオヨロズが、ひいて監督に選ばれることとなった。

けものフレンズ』では、コンセプトデザイン吉崎観音が決めたベーシスとなる世界観に解釈を加えるかたちで物語の根幹や脚本などにも関与し、導的な役割を果たしていると言われる[2][3][4]

また、プロジェクトチームへのインタビュー[5]

福原:それにあの人、忙しいときもそうじゃないときも週に5日は仕事CGを作ってるんです。さらに残りの2日は趣味CGに没頭してます。たつき君を見ていると、動いている時間のほどんどがCGみたいなもんなんですよ。

――たつき監督の作業は、どこからどこまでですか? とても多そうに感じます。

梶井:声優以外は全部だよね?

一同:(爆笑

福原:まぁ、わかりやすく言えばそうですね。全12話をひとりで演出してますから。お話も99吉崎先生たつき君が考えてます。

けものフレンズ』は社会とも評され好評を得た為、一躍アニメーション監督として注を浴び、東京アニメワードフェスティバル2018 - 監督・演出賞を受賞することにもなった。

授賞式などでの場に姿を現す際にはペンギンマスクを着用している事が多く、これはirodoriホームページ等で使われているたつき監督のプロフィール画像がペンギンである事に由来していると思われる。 星雲賞の授賞スピーチでは、高杉薫を当てた。

2018年には、Eテレの番組「よろしく!ファンファン」のメインキャラクター"ファンファン"のキャラクターデザインを担当した。

JR東日本新幹線内誌「トランヴェール」2018年7月号では、信濃奇勝録に登場する妖のキャラクター化に挑戦する等、活動の幅が広がっている。ちなみに、トランヴェールのバックナンバーは1年間閲覧可能となっているexit

2018年3月27日には監督とかを務める単発テレビアニメ傾福さん」を放送。

2019年1月より監督を務めるテレビアニメケムリクサ」が放送。

2020年1月より監督とかを務めるテレビアニメへんたつ」が放送。

同年4月20日アプリサービスもるにあアルファテストを開始。

2021年大晦日には「へんたつ特別編テレビ放送。また、その中で劇場用アニメ制作が発表された。開日は「2023?」と表示され、タイトルも含めて詳細は後日開となる。

2022年大晦日までツイート及び情報が一切なく、劇場用アニメどころか安否が心配されたが2022年大晦日に「へんたつ」特技編が放送された。内容としては今年は「アニメ筋トレ」なるもので鍛え直しをしていて、さらにの人物が劇場版テレビを両方やればいいという提案があり、それを受けて劇場版よりテレビを先にとなり劇場版開は未定となった。ちなみにこれは重大発表ではないとのことである。

ヘラジカ監督

けものフレンズの7話以降のOPにおいて、キャラクターの一人であるヘラジカの隣に「監督 たつき」のテロップが表示されており、なおかつヘラジカポーズが腕組みをしていてそれらしいという理由で、一部のファンからは、たつき監督を表すキャラクターとしてヘラジカが用いられた時期があった。(なお、けものフレンズ放送時の、監督Twitterアイコンかばんちゃんである)

なお、当時のたつき監督本人は全12話一挙放送exit_nicoliveコメント参加した際に「エゴサでやたら出てくる顔」とコメントしていた。

『けものフレンズ』降板について

2017年9月25日カドカワさん方面よりのお達しにより『けものフレンズ』のアニメから外れるという通知が本人のtwitterからなされた。

このツイートをきっかけとして、起こった一連の騒動の詳細は、たつきショックの記事を参照してほしい。

作品

以下は「たつき」名義で関わった作品のみ記載。自主制作アニメについてはirodori」の記事を参照。

受賞歴

本人名義

制作作品名義

けものフレンズ

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

インタビュー記事

脚注

  1. *2013アドバンス参加クリエイターexit - 東京国際アニメフェア2013
  2. *アニメ「けものフレンズ」ニコ生特番『第7回けものフレンズアワー』exit_nicolive福原慶匡プロデューサーQ&Aコーナーより。
  3. *アニメ版『けものフレンズ』のシリーズ構成・脚本を担当した田辺茂範のツイートexitより。
  4. *「正直、困惑しています」けものフレンズ、プロデューサーが心境を語るexit - BuzzFeed, 2017年2月25日
  5. *すごーい!の連続、『けものフレンズ』チームに3万字インタビューexit - animate Times, 2017年3月4日では、以下のような監督エピソードられている。
  6. *当初は田辺茂範シリーズ構成・脚本としてクレジットされていたが、制作体制と合っていない実情から、5月26日に変更された。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/27(金) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/27(金) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP