とあるエンジニアのアイドルプロデュースログ単語

トアルエンジニアノアイドルプロデュースログ

3.7千文字の記事
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とあるエンジニアのアイドルプロデュースログとは、プロログPの作成しているNovelsM@sterである。
タグとあるEのプロデュースログexit_nicovideoが用いられてる。

2015/11/5~2019/1/30にかけて連載され、全72話+劇場版1話を持って完結した。

概要

天才エンジニア765プロアイドルプロデュースという一変わった設定のノベマスとなっている。

時間軸としてはアニマス本編終了後となっており、赤羽根P(アニマスP)が海外研修でアメリカへ発った後という設定になっており、人手不足から765プロアイドル仕事がうまくいっておらず、それを危惧した高木社長小鳥さんが新しいプロデューサーを探すという形となり、それで見つけられた本作主人公エンジニア765プロアイドルの信頼を得て、名実共にプロデューサーとなっていくという展開となっている。

プロローグ

あるどこにでもいる(?)フリーシステムエンジニアである山直人は家庭教師バイトを終えて帰る途中、全身が男性事務所に案内(拉致られるとも言う)される。そこは赤羽根P海外研修でプロデューサーに欠員を出していた765プロであった。男性こと高木社長山を一見て気に入り後任Pに据えようと考えて連れて来たのだが、赤羽根Pを慕うアイドル達は一斉に拒否反応を示す。そこで765プロが抱える問題点を見抜いた山はある提案を示す。この提案とそれに伴う仕事を引き受けた山であったが、それが彼の人生を左右する重要な分岐点になるとは、その時も知る由もかった。

登場人物

オリジナル登場人物

城山直人

本作主人公
一流コンサルタント企業AKI」のシステムエンジニアの中でもトップっていた正正銘の天才だったが、「つまらない」という理由だけで退職した変わり者でもある。退職後はフリーエンジニアとして活動しつつ、家庭教師バイトをしながら生計を立てていた。

家庭教師バイトを終えて帰る途中にたまたま高木社長スカウトされ、プロデューサーとしての仕事は固辞する代わりに本業であるエンジニアとしてのを生かして、765プロシステムを構築することになったことで、アイドル達から信頼を得る。常々「人のためとなり、応援できる職に就きたい」と考えていた彼だったが、特定の顧客に依存したくないという気持ちから最初は固辞しようとした。だが外を埋める形で逃げを塞がれ、そのまま765プロの臨時プロデューサーという形で所属することになる。

自分のことに頓着な性格で「人のためなら自分はどうでもいい」という考えの持ち。しかも自覚がいうえにその行動針も度が過ぎていることから、近しい人には心配されるほどのお人好し。その裏には幼少期にいじめにあっていたと言う過去に加え、環境が複雑(祖母にはされていたが、父親人間的にダメ)だったこともしている。彼の過去を知る人から見た場合、をしてまで相手に尽くし、かつ義理立てまでするその性格は母親似とのこと。

人であったと別れたあとに女性関係はなかったが、765プロに入ったあとは千早家族に向き合うほど深く関わったことで本人に自覚がないまま、結果として千早に惹かれつつあったことを認めるようになり、最終回人同士となった。

鯖本敦也

山Pの一つ年下の友。
山Pには劣るが同じく天才肌のエンジニアで、サーバー構築を最も得意としている。

基本アイドル興味はないが、秋月律子の大ファンで同時にファンクラブ会員代表。山Pからの依頼765プロに来たときに律子と顔合わせをすることになる。律子にとっても顔見知りのファンの一人で、765プロで鉢合わせて以降は時折プライベートでも会っていたようで、最終的には律子人同士になったようである。

ちなみに本作ではアニマス18話登場の「プチピーマン」本人という扱いになっている。

銀巻崇

山Pの「AKI」時代の上で、退社後も付き合いのある人物。
山Pの良き理解者で面倒見のいい人物。また自身も優れたエンジニアである。

山Pが信頼するだけあって、気さくで人当たりも良い非常にできた人物。
実はとある人物と付き合っているのだが……→如月千種

マスター

山Pの行きつけバーBAR Tanuki」のマスターで、常連客からはおやっさんと呼ばれている老紳士
山Pの良き理解者の一人で、相手の悩みを聞くのが上手な人物。

非常に温厚な人物だが、感情が高ぶると口調が少々荒っぽくなるらしい。
山Pのほか、山Pに店を紹介した巻さんや山P紹介されたあずささんも行きつけの店となっている。

高垣楓

本来はシンデレラガールズの人物だが、暫定的にこの項に入れる。
本作ではアイドル歌手の経験がなく、山Pの元同僚&元人というポジション

ただし本作においてはアイドルではないが性の歌姫としての資質があり、
作中で思うところがあったのか、突如961プロからアイドルデビューする。

非常に仕事ができる上に要領もよく、さらには立ち回りも強かな才気溢れる女性
今でも山Pの事を愛しているらしいが……

登場人物(765プロ)

如月千早

本作のメインヒロイン

自分を気にかけてくれる山Pを徐々に信頼、惹かれるようになっていく。
そしてその想いは依存を経て、に変化しつつある。

メインヒロインの扱いのためか、本作では如月の絡んだエピソードが多く、特別編も組まれている。
作中において、とある人物と死別することになる。

天海春香

本作では赤羽根Pを慕うあまり、なかなか山Pを受け入れられずするが、
山P実な態度を受け、徐々に彼の本当の姿を知りたいと考えるようになる。

山Pを受け入れるのが遅かったせいか、少し客観的なポジションにいることが多い。

水瀬伊織

春香と並んで実質765プロアイドルではリーダー的存在。
人手不足から過労状態に陥っていた律子よりも心配しており、
そのためか律子の体調不良765プロでは人気づいていた。

そのこともあり、山P律子の負担を大幅軽減させたことを踏まえて、
正論をもって山P765プロに入る際の援護射撃を行った。

視野が広く、一歩引いた位置で物事を見られるほか、頭の回転も速い努
なお負けず嫌いな部分も健在。

秋月律子

765プロ古参プロデューサー
赤羽根P不在の間、一人でプロデュース業をしていたが、
人手不足から度を越えた過労状態にあったため、疲労をため込んでいた。

山Pシステムを直に見たことで信頼するようになり、体調も回復した。
本作では「プチピーマン」こと也と結構いい雰囲気である。

三浦あずさ

765プロアイドル最年長。
おっとりとしたお姉さんだが、年長者らしく意見を言うときはズバッという度胸の持ち

山P見抜き765プロに来てくれるように助長する発言をした。
なお相当のらしく、本人くのちょっとはかなりの量である模様。

双海亜美

765プロ最年少アイドル
真美で、活発な少女

彼女の機転が山P運命を大きく動かすことになる。

ちなみに765プロの業務管理システムの子機(と言うかスマホ)に「ナムホ」と命名したのは彼女

双海真美

亜美。基本的にそっくりだが、若干亜美より大人しく、常識的な部分が強めに描かれる描写がある。
ユニットζ*'ヮ')ζ<なんくるファンキー」をやよいとともに組む。

亜美と一緒に、山P運命を動かす切っ掛けとなる。

高槻やよい

元気印のアイドル
アイドル活動と事を受け持つ根っからのおちゃん。

もやしも好きだが、はもっと好きらしい。
座右の銘は「当たって砕け」。

我那覇響

沖縄出身のアイドル
本作では実家が民宿らしい。

地元のローカルラジオ「しまんちゅラジオ」の常連リスナー
ユニットζ*'ヮ')ζ<なんくるファンキー」のリーダー

萩原雪歩

掘り系アイドル
相変わらず男性は苦手らしい。

男性が苦手という彼女特性が、本作ではちょっとした事件を引き起こす。

菊地真

体育会系ボーイッシュアイドル
雪歩と仲が良い。

本作では出番は少なめだが、高木社長の思い付きで入った「アイドル労働組合」の連合ボランティア活動に参加。

四条貴音

ラーメン大好きミステリアスアイドル

本作では劇場版以外での出番は少ない。
山Pとは以心伝心の間柄だが、外部にはさっぱりわからないとのこと。

星井美希

寝大好きの天才アイドル

出番は少ないが、雪歩千早と一緒にちょっとした事件に巻き込まれる。

音無小鳥

765プロ事務員兼お姉さん

律子を心配し、高木社長とともに新しいプロデューサーを探すことを決める。

高木順二朗

765プロ社長

少々強引だが、観察眼の鋭さは随一。
山Pプロデューサーとしての資質を見抜く

赤羽根P

765プロプロデューサー

現在海外研修のため、日本不在。
そのことが切っ掛けで山P765プロに入る発端となっている。

山Pと直接会ってはいないものの、連絡は取り合っており、そのと人柄を信頼している様子。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/30(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/30(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP