とある市国の冒険物語単語

バルナッドキャンペーン

1.6万文字の記事
掲示板をみる(78)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

バルナッド・キャンペーンとは、DIOPによるソード・ワールド2.0を用いた卓ゲM@Sterである。
に使われるタグとしてとある市国の冒険物語exit_nicovideoが用いられる。 

ネタバレも含みますので自己責任でお願いします。

概要

バルナッドをメイン舞台とした冒険者たちの物語である。
GMアイドルとのTRPGGM権を獲得した一般人、またオンラインで行われているという設定となる。
PLは音無小鳥如月千早萩原雪歩水谷絵理我那覇響の5名。

当初は1セッションで終わる予定だったのだが、無茶ぶりに定評のある黒いのがいつもどおり無茶ぶりをしてキャンペーン化した。(セッション2)

またセッション8から追加の人員があり、計6名のパーティパーティ名は未だにない)となった。その後セッションは33まで行われ、2016年3月20日投稿されたセッション33-9をもって完結した。

ハウスルールセッション終了時に名誉点が上昇しなかった場合、合計名誉点が10減少するという仕様が導入されている。どうしてそんなルールが導入されたかは、後述するPT構成の欄を参照。

この卓は実卓でありそうな「あれこれと使えるものがないか考えている」感じが伝わってくる、そんな卓である。(編集者TRPG未経験なため主観である) その一例として他卓ではあまり使われないような魔法アイテムが使用されてることも多い。またRPでもアイドルが担当するキャラセッションを重ねるごとに経歴回収とともに個性が成熟されており、登場時とは設定や性格が大きく変わったキャラも多い。

セッション16から支援絵師の一人であった出汁氏よりPC用の立ち絵提供されている。またアイドルが担当するNPCにもセッション21.5から立ち絵提供されている。他にも黄緑野郎氏により一部NPC立ち絵提供されており、ざっくり氏、山葵(会津若松の変なペナントP)氏からはPC用のキャラチップ提供されている。

PT構成

き亭」を拠点とする、前衛3人・後衛3人のバランスPT。

冒険者Lvは15に到達し、実的には既に内でもトップレベルの冒険者なのだが、ことごとく入手した欠片をほぼ売却(1つにつき200ガメル也)していたり、PTのほぼ全員が名興味がなかったりするため、仕事がない間に住民の知名度が下がっているということもしくない。そのため国家レベルの有名人にまで名を上げたあとは、都市国家レベルの知名度を行き来している状態にある。

しかし外における知名度の低さや未だにPT名を名乗っていない特異性ゆえか、初期に取得したバルナッド機関からのコネクション絡みの任務を秘密裏に受けやすかったり、敵性勢に確実な情報が伝わりにくいといった利点もあるようである。特にシティアド系のシナリオではその傾向が顕著であり、シティアドのセッション(14や23)ではその手の依頼が来ている。

ただしセッション21であることを行ったため、現在はその時に得た称号竜皮剥ぎ(ドラゴンピーラー)」が通称として定着してしまい(その称号の兆セッション15でフラグを建てていたりする)、セッション32以降では必要に迫られたこともあり自称することになった。

セッション32ではイルミニアの軍事文書ではバルナッド最強と評され、何があっても交戦は避けろと示されている(危険度・特A) また非常事態時にバルナッド評議会から全権委任状を渡されるほどの実と信頼を得ている。

レギュレーション補足

  1. 初期作成
    基本ルールブックⅠ~、及びAW・BT採用。
    AWの選択ルール「防御ファンブル」は不採用。
  2. 追加サプリ
    WT(セッション3)、CG(セッション11)、IB(セッション19)、LL(セッション25)
    WTの選択ルールのかけらによる抵抗の上昇」は不採用。
    IB、LL追加採用時はリビルドを許可
    FCについてはキャンペーンが大詰めということもあり不採用。
  3. そのほかのサプリ
    基本的に不採用だが、MGの騎術のみセッション20にて例外的に採用。
    またセッション24より地方専用アイテムも基本的に解禁(セッション23の終了時に表)
  4. 値成長について
    セッション13にて18回の値の追加成長(高レベルレギレーションの成長回数から参考)
    セッション以降の値成長を経験点2500点/1回に変更。
  5. 冒険者レベル15到達後の成長について(セッション25終了後に表)
    1. 経験点12000点を消費して、任意の値+6
    2. 経験点15000点を消費して、戦闘特技を追加取得
      ただし前提特技や置き換えのルールは従来のルールに準拠
    3. 経験点20000点を消費して、レベル15の技EX化【英雄の素質】
      1セッション1回の「切り札」をGM判断で習得可になる(習得後、追加で20000点消費ごとに使用回数+1)

登場人物

PC一覧

クローバー・L・ブッシュ(PL:萩原雪歩)

種族:人間 性別:女 年齢15歳 生まれ:
プリースト(キルヒア)2、セージ1、(フェアリーテイマー、ウォーリーダー)
経歴:師と呼べる人物が居る、をしたことがない、純潔である

バルナッドの中流階級の
キルヒア殿運営する学校に通っていたが、座学だけではいけない、外の世界を見たいと冒険者になる。
学校教授(CV大泉洋)の紹介で冒険者の宿「き亭」に向かうところから彼女の冒険は始まった。

性格は常識人であり、知識のの元で学んでいたこともあって、頭も良い。
ルーンフォークリーズを除けばPT最年少だが、リーダーとして采配を振るう。
基本的に温厚なのだが、本気で怒ると容赦のない面があり、過行動作戦立案をすることもある。

当初は蛮族穢れに対してKILL HEREな面もあったが、様々な出来事からそういったものは薄れており、現在は「穢れの有に関係なく、ルールを守って生きているならば尊重されるべきである」と言う考えに変わっている。
そのために一時は加入したテトラインとギクシャクしていたが、今はむしろ一番仲が良い。

しかし蛮族に対する嫌悪感は当初にべて格段に小さくなったものの、PT内においては割と強い方で、イルミニアの特務隊であるシャロウ達との対話がままならない状況になっている要因ともなっている(ただしこれは敵のリーダーであるシャロウもクローバー達に強い敵意・警感を持っているのも要因なので、一概にクローバーのみの問題というわけではないのだが)

キャンペーン最終決戦ネタバレ
PTで経験を経るたびにリーダーとしての資質も大きく成長。
ダグニア全土を巻き込んだ戦争においてはバルナッドの人族側としてのリーダーとなり、その言動に重みを乗せられるほどの高いリーダーシップを持つに至っている。イルミニアとの共闘宣言での演説ではヴァイスの助けがあったとはいえ、見事に共同戦線を実現させ、最終決戦の要塞攻略戦に急遽編成されたバルナッド・イルミニアの連合軍では総指揮官となった。
ネタバレ終わり

妖精魔法や鼓による回復・補助・揮を担当する。

名前の由来は、クローバー ブッシュ=萩の英語bush clover」から、L=同じく萩を意味する「Lespedeza」の
頭文字から。

キョウ・フォニア(PL:我那覇響)

種族:グラスランナー 性別:女 年齢16歳 生まれ:軽戦士
:フェンサー2、スカウト2、(アルケミスト)
経歴:ガキ大将だった、魔物を倒したことがある、かつて信頼できる友人がいた

をしていたグラスランナー
冒険者になろうと「き亭」を訪ねパーティを組むことになる。

子供の頃に定住していたことがあるらしく、妙にグラランらしからぬ言動が多い。
またグラランの特徴というべき好奇心を押さえるな性格だが、これは過去に何かがあったためらしい。
その出自と過去についてはセッション26にて触れることになるのだが……

キョウという名前は、東の方の言葉”今日=today”が由来であり、
昨日は戻らない、明日は来るかわからない。だから今確かにある今日を生きて欲しい」ということを願って母親が名付けたとのこと(セッション27より)

当初は料理担当として腕を振るうが、追加メンバーにすっかりその座を取られている。
リーズに気を使うことが幾度かあり、それがリーズを丸くした要因の一つになっている。
彼女リーズに対して気を使っているのは彼女遇によるものなのか、それとも……
(過去を振り切ったセッション28以降では、元々あったリーズとの共依存性が一層強まってしまっているのだが)

二刀流で敵を切り刻むフェンサー。
またスカウト技を生かし潜入や探索で活躍しているほか、アルケミストによる補助も行う。
だがここ一番で微妙に運がないせいか、PT内認識でちょっと不運と認識されている面もある。

名前の由来はキョウ音読みから、フォニアシンフォニー(交「」曲)から。

リーズA9-A(PL:水谷絵理)

種族:ルーンフォーク 性別:女 年齢5歳 生まれ:魔動機師
マギテック2、シューター1、(スカウト)
経歴:商売を手伝ったことがある、大怪をしたことがある、憧れる冒険者がいる

冒険者の宿「き亭」に用心棒代わりに住み込んでいたルーンフォーク
バルナッドなので単純な労働としてある商会で使われていた。
ある時同行していた隊商が魔物に襲われ、自分以外が死亡した。
この時リーズが生き延びたのはある冒険者達(幸運エンジェル)が助けてくれたからである。
予期せぬ自由を手に入れ、その冒険者に憧れを持ったリーズは冒険者となる。
上記についてはセッション3で起きた事件の経緯から、PTには明かしている。

かしこの当時には明かしていなかったものの、
ある冒険者に助けられてから、『き亭』の店に出会うまでも紆余曲折があり、
このときにも凄惨な経験したことから、現在リーズの表向きの性格が形成されたといっても過言ではない。
この間におきた出来事については、セッション14までに全て明かされることとなる。
セッション30において、自身をかつて救った「幸運エンジェル」に恩返しをすることができた。

生い立ちのせいか、実際に運も微妙に悪いのだが、
コンビを組むことが多いキョウの方が失敗する確率が高いため、あまり失敗は立っていなかったりする。

非常に斜に構えた態度、倫理的よりも合理的な判断をしようとすることが多く、他のメンバーとはすれ違うことも。
それもパーティを組んでからは、大分丸くなってきている。
最近ではむしろ合理的な意見を出すこと自体が自分の役割だと割り切っているところがある。

ちなみに上記の性格や男性的な口調は辿ってきた経歴から身内以外をほとんど信頼できないことがしている。さらに身内以外に対しても言動は「に布着せぬ」を地でいっているため、初対面では相手方に悪印を与えることが非常に多く、それどころか険悪な雰囲気になることも少なくない。しかし一度信頼・信用を置こうと決めた相手に対しては必ず義理を果たす面があり、また仲間に対して秘めている想いも表に出にくいだけで非常に強い。特に彼女に何度も気を使ってくれたキョウには強いを寄せている。

狙撃を用いるスナイパーでもあり、トラキライザーバレット倒させるなど、一変わったマギシューである。
特にセッション14のイベントで入手したパイラム事前準備が必要と使用条件こそ厳しいものの、
リーズのみならず、PTの作戦行動でも中核を占めることがある、切り札とも言うべき強狙撃銃である。

名前の由来は、A9-A=を意味するアクアから、リーズ=理(ことわり)を意味するreasonを人名っぽく。

ミュート・クライフ(PL:音無小鳥)

種族:ドワーフ 性別:女 年齢:25歳 生まれ:職人
ファイター2、エンハンサー1、(レンジャー)
経歴:飛空艇に乗ったことがある、両されて育った、冒険に誘われたことがある

職人を多く輩出するクライフ本名はリーテ・フェーラインといい、ある理由から偽名を名乗っている。
職人として色々な所で修行をするも身が入らない。その理由はかつて乗った飛空艇への思い。
世界を巡ってみたいという思いが彼女を冒険者へのに誘い、「き亭」へと至る。
実は出自にはとある秘密があり、セッション24と29にてそれがられることになる。

攻防共に頼りになる重戦士
イビルターゲットさんは働かない。そのためセッション24でついにリストラ(サブ装備行きに)された。
パーティ内で年齢が一番上ということもあり、お姉さんとして色々動く場面もある。
また知が低いが、年の功なのか様々な場面で第二の頭として働く。
そのことから実家業は職人以外の役も兼ねていたのではないかと思わせるところがある。

本人は「頼れるお姉さん」をしているが、どちらかと言えば本人が「ほとんど意識しなくても行っている」という自覚があまりないといった方が正しく、更に自分以外を優先してしまう傾向がある。また他人に甘えることも苦手で、こういった性格が冒険者になった後の立ち位置にしているようである。ただしセッション29で実家和解したため、このような他人ばかりを優先する性格は多少緩和されている。

年の近いルナと仲が良く、彼女の前では「お姉さん」でいられないこともある様子。

名前の由来は、ミュート=「無音」という意味のmute、クライフ=「小さな」と言う意味のドイツ語
「Kleiner Vogel(クライナーフォーゲル)」を略したもの。「歌わない小鳥
本名の由来は、リート=「歌」という意味のLied、Vo"gelein(フェーライン)=「小鳥」 ともにドイツ語から。

ルナ・シーミラ(PL:如月千早)

種族:ナイトメア 性別:女 年齢:23歳 生まれ:魔術師
:ソーサラー2、セージ1、(コンジャラー)
経歴:監禁されたことがある、故郷の場所を知らない、規に厳しい環境で育った

生まれてすぐに捨てられ、故郷を知らずに育ったナイトメア
芸人の一座に拾われ歌を歌っていたが、ある理由から冒険者を志し一座から出る。
適当な冒険者の宿を探して「き亭」にたどり着く。

この地方では較的穢れに寛容なバルナッドではあるが、ナイトメアであることは隠している。
はいつもとんがり帽子で隠しているが、異貌化したのを見ると人参というかなんというか……
そのためか動物に好かれやすかったという設定が生えた。
ちなみに好きで、しかも酔わないほど強い。
年長組同士としてミュートコンビを組むことが多く、またPT内では一の飲み仲間でもある。

普段は温厚な性格だが、敵対者に対してはPT内のよりも容赦がなく、
凄惨な尋問・拷問を立案・実行することもある。
また敵対者や犯罪者のみならず、出自のもあってか傍観者に対しても非常に厳しい態度をとる。

セッション30にて自身の因縁に決着をつけ、後はPTのために協することをめて誓う。

魔法で攻撃・補助するウィザード
ファミリアで周囲の警・調などを行うほか、ゴーレムを用いることもある。
召異魔法は持っていないものの、ある理由から魔神関連の知識に関しては造詣が深い。

名前の由来は、ルナ=「」を意味するlunaシーミラ=「類似した」と言う意味のsimilarから。
如月だけに「が如し」

クー

種族:ファミリア()
初登場:セッション17

ルナファミリアで命名者はミュート。素直な性格でルナのことをご人様と呼んでいる。
見た千早イメージカラー同様に「蒼い鳥」である。
一人称なので、精的には少年?と思われるが、実際のところは不明。
……なのだが最近の性格を見るとむしろとある人物にそっくりという疑惑も浮上している。

外観・性格・口調は可愛いのだが、ややが薄く、マスコットもヴァルグリアンに取られてしまった不憫な子。
そのせいかヴァルグリアンが人を取れるようになった後には、より強い対抗意識?を持っている様子。

そんな健気な姿はファンが多い……はず。

テトライン・エーデル(PL:四条貴音)

種族:ドレイク(ブロークン) 性別:女 年齢:20歳  生まれ:戦士
ファイター6、プリースト(フェトル)4、ライダー7  (セッション8時)
経歴:血縁者と死別したことがある、幼少時身体が著しく劣っていた、人族の文化が好き

き亭」にて銭飲食をしたドレイク
飲食代を工面するために「私を買いたい者はおりませんか!?」と言い出す天然である。
(当然ながら冒険者の腕としてであった。)

食に並々ならぬ関心を寄せ、よく食べる。穢れ持ち、蛮族という自覚がいかのように食べ歩く
アーレに行った際にも食べ歩くほどである。
また自身の料理それなりの腕前であり、冒険先で様々な生物を調理している。
蛮族らしくない蛮族であるが、それは出身環境が関係しているようで、行動基準はほぼ人族に近い。
更に本人がフェトル官のため、正義感・倫理感も高い意識を持っている。
が、少しずれた部分があるのも否めず、たまにではあるがルナを弄って制裁されていることもある。

ただし度を越した理不尽な行為や食事の邪魔をされたりするとキレることがあり、そういう時はかなり怖い
具体的は「まるでドレイクみたいだ」と言わせるほど。「元からドレイクじゃねーか!」とか言ってはいけない。

一方で、宿にてバルバロスジョークを披露することもあるが、バルバロスなだけあり、かなりネタばかりであるが、常連客には非常にウケがよい。最近はバルナッド・ブラックジョークの方が増えてきているが。

戦闘時は遠距離からのチャージによる重い一撃で敵を撃破したり、魔法回復したりと多様な働きをする。

名前の由来はテトラ=四、ライン=条から。
姓は蛮族を出たさいに、これから先は一個人であるからと名乗らなくなった。
なおフルネームに関してはコラボ企画(温泉事変)exit_listのみに登場。エーデル=高

ヴァルグリアン

種族:ブルードラネット
初登場:セッション20

元はのきざはしを住処にしていたで、公式NPCネームドドラネット(Lv11)で、
への領域を守る第一の番人として知られ、一部では伝説とも謳われるブルードラゴンである。

……だったのだがクローバーたちが訪れた頃にはのきざはしの出現する魔物のLvが12~15という状態と化しており、既に肩身が狭かったらしい。本人も「(Lv14)より弱い」と自覚していたぐらいで、クローバーたちに対しても遭遇表で1ゾロ振ったとしか言えないぐらい、戦闘で1キル(全略)されてしまった。

そのためPTに加入した後は全にマスコット扱いで、ミュートクローバー視聴者からの称は「ヴァルちゃん」。しかも素の性格が妙に可愛いため、威厳ある口調で喋ってもすぐにカリスマブレイクするのことが日常茶飯事なので威厳もない。そんな彼?なのだが、あるセッションで大活躍を果たしている。

セッション25で紆余曲折もあって、人族の姿も取れるようになり、などにブルードラゴンの面を残した少年の外観をとる。また人間年齢に換算すると12~13歳ぐらいと思われるが、人族の姿をとったときの外観年齢も同様である。セッション28ではある災難に襲われるのだが……その件については次回の講釈にて(違

NPC一覧

番外編NPC

シャロウ・ウィーバー(演:水瀬伊織)

種族:ドレイク(ナイト)
初登場:セッション7
経歴:人族と蛮族の違いがよくわからない、人族を護対と考えている、国王に会ったことがある

セッション7にてクローバーたちと遭遇することになるドレイク女性
クローバーキョウとほぼ同年代の16歳
PCに対しては状況のせいで一触即発の状態になっているが、
時の価値観は育ちのもあってPCテトラインと同じく一般的に知られる蛮族らしくはない。

名前の由来は「shallow」=「浅瀬」と「weave」=「織る」から。

エイミー・トゥインシ-(演:双海亜美)

種族:ラルヴァ
初登場:セッション11
経歴:片が人族、敵対する者が居た、血縁者と死別したことがある

セッション11にてクローバーたちと出会う少女
出会った当初は変装していたが、その正体はラルヴァシャロウ達と行動を共にしている。

実は成人もしていない12歳だが、召異術師として高い才を持っている。
またを失って以降は孤独となっており、その代わりのシャロウによく懐いている。

名前の由来は亜美ローマ字読みアナグラムaimとトゥイン=「双」、シー=「」から。

アーリィ・ファーレージ(演:天海春香)

種族:フォモール
初登場:セッション11外伝
経歴:人族に負けたことがある、監禁されたことがある、人族の部下がいる

セッション11外伝にて登場するフォモール女性
大破局時代の生き人であり、そのは極めて高い。
大破局時の戦いで膝を負傷しており、兵戦においては全盛期はないとされている。
ある理由からあえて古傷として残しているらしいが……

テトラインの出身であるイルミニア共和国家元帥であり、強いカリスマをまとめる傑物中の傑物。

生涯で二人の英雄に出会ったとっており、そのうちの一人がセレーネである。
もう一人は大破局時のアーレ攻戦で出会ったが、そのときにアーレの攻撃を受けて殺されてしまっている。

セッション29において、通話のピアス越しではあるが本編に登場した。
セッション32において、ついにクローバー達と対峙するが……

キャンペーン最終章のネタバレ
セッション32において部を強襲したクローバー達をセレーネとともに迎撃したが敗北
形勢不利により、クローバーたちの提案した停戦に合意しようとしたところで、空中要塞戦場乱入
停戦合意後の対要塞への共闘の申し出を行ったクローバーたちに「人族側を説得して見せろ」との一言を残す。
その後、戦場での救助活動と共闘宣言の演説を成功させたクローバーの資質を認め、
最終決戦時にイルミニア側の要塞攻略戦の参加者に励をかけるといった援護を行っている。
ネタバレ終わり

名前の由来はアイルランド語で「」を意味する「earraigh」、同じく「」を意味する「farraige」から。

セレーネ・ロー(演:秋月律子)

種族:???(バジリスクウィークリング)
初登場:セッション11外伝

セッション11外伝で登場する某事務員の女性だが、名前と種族が判明するのはセッション18の外伝
過去話での戦闘スタイルマギテックシューター(なぜマギテックとして優秀かはセッション10以降に伏線あり)
名前的にはじゃね?とか言ってはいけない)

本編ではセッション20において一度だけクローバーたちと出会い、軽い顔見知りとなっている。

名前の由来はギリシャ神話女神セレーネと、ロー=法律の「」から。

ロバート博士(イメージ:五十嵐幸夫)

種族:ナイトメア

セッション10でクローバーたちが訪れた孤の遺跡の研究所所長だった人物。大破局時にからスカイシップで脱出し、その後にアーレにおいて蛮族スパイ容疑で逮捕・収監されたが、それ以降の足取りは消息不明。名前バルナッドの軍人だったアーチボルト台詞より。

当時の魔動機文明時代でもバルナッド出身者としてはマギテック・アルケミストの第一人者と呼ばれた大天才。自らどんな魔動機械も使いこなすといった辺りから、ライダーの心得もあった模様。リーズパイラムセッション10やセッション27に登場した魔動機械ヤクト・ガーウィも大破局前後に彼が設計したもの。

※以下キャンペーンの核心に迫るネタバレ
本人はマギテックというよりアルケミストに傾倒していたようで、から物を作り出だす錬金術を生み出し、最強ラスボス貧困を解消することを生涯の的にしていた模様。またある理由から人族と蛮族の共存思想を持っていたともえ、それだけでなく人族と蛮族が共存する国家の仕組みまで考えていたフシがある。それに加えてウィークリングであるエンデュミオンを養子に取っていたことも重なり、大破局当時にスパイ容疑で逮捕された。セッション28において姓がローと判明し、人族・蛮族の間における等・共存の思想は息子(養子)のエンデュミオン、そしてその生まれ変わりであるセレーネにそのまま受け継がれていた。セッション31でクローバー達と遭遇したロバートは既にレブナント化してたことから、エンデュミオンの死を知らせれた挙句に処刑されたか蛮族の攻勢に巻き込まれて死亡していた可性が高い。

レブナント化したことで思考が硬直化し、養子のエンデュミオンの命そのものを奪ったラクシアのすべてを憎むようになっており、大神級を越えるかのごとくの性を誇る空中要塞を建造、イルミニア・バルナッド戦争の最中に要塞を起動させ、世界全てを破壊しつくすために行動を開始した。最終的には要塞内部に侵入され、最終防衛ラインを担当していた魔動天使とともにクローバー達を迎撃するが敗北セレーネに看取られる形で最期を迎え、要塞も内部から爆破され処分された。
ネタバレここまで

エンデュミオン(イメージ:秋月涼)

種族:人間

セッション28においてロバート息子として過去映像に登場した。変わった眼鏡を身につけていたようで、ロバートく「幼少時に病気を悪くした」とのこと。そのシーンからすると父親を慕う温和な少年であったようだ。

※以下キャンペーンの核心に迫るネタバレ
種族は人間ではなく、セッションの流れや外見の特徴からみてもバジリスクウィークリング。経緯は不明だがロバートの養子になっており、人族同様の教育を施されて育てられた様子。セッション20.5でアーリィ自爆攻撃を仕掛けるようにアーレ側から強要され、挙句アーレからの攻撃で殺された少年と同一人物であり、既に故人。彼の死がキャンペーン最終章に繋がる巨大な伏線を作っている。

実はセレーネの前世であり、アーリィの計らいにより高達成値でリーンカーネションをかけられたためにい段階でセレーネエンデュミオンとしての記憶を全て取り戻している。
ネタバレここまで

バルナッド関連のNPC

店主

初登場:セッション1
種族:ドワーフ

き亭」のマスターで元冒険者。
名前メアリーで姓をスーケイトという双子がいる。
DIOPニコニコ動画に別アカウント投稿している非卓m@s作品の前作主人公でもある。作品同士の繋がりはないため、スピンアウト扱いのキャラクターだが、気になる人は検索してみるとよい。

かつて重傷を負っていたリーズを助け、頼る当てのない彼女を店に住まわせていた。

店に所属する冒険者のことを大切に思っており、よりも心配している。クローバーたちが技量に対して基礎が追いついていないと露見した際、かつての冒険者仲間を集めたこともある。

冒険者時代はヒューレを信仰する熟練の重装戦士であり、その実は一線を退いた現在も衰えていない。

冒険者時代に依頼に騙されて瀕死の重傷を負わされたことがある。その際に片と生殖を失っている。
オッドアイになっているのはそのときの治療に用いたフィジカルギミックの失敗によるものとのこと。

ケイト・スー

初登場:セッション13
種族:ドワーフ

双子。店とは容姿はそっくりだが性格は似ていない。

かつては店と同じPTで冒険者をしており、PT解散後もただ一人冒険者を続けていたが、セッション19~21の頃に実質的に引退したらしく、現在は「き亭」で後進の育成に勤めるようになっている。

冒険者としてはマギテックとアルケミストを嗜むマリョップラーであり、単体火力ではかつてのPTでは随一のもの。

ヴァイス

初登場:セッション4

盗賊ギルド「ナイトクリープ」の構成員で、情報全般を扱う部門に属している。
かつて店達と同じ冒険者PTに属していたため、店達とは旧知の間柄。

ぶっきらぼうな態度をとるが、腕は確かな人物。旧知である店紹介もあるため、依頼以上の支援をこっそり行っていることもある。PTとの関わりは盗賊ギルドの会員となっているリーズとのやりとりがだが、セッション13でクローバーたちとも「初対面」を果たす。

冒険者としてのは不明だが、スカウトを極めた軽戦士だったと考えられる。
若き日の容姿についてはセッション13や18においてられている。

ケインズ

初登場:セッション2

バルナッドで商売を行っている商人。マクロ経済学確立した人物ではない。
なお、初登場したのはセッション2だが、この時は通りすがりの行商人で名無し名前付きで登場したのはセッション3からで、立ち絵がついたのはセッション23からだった。

セッション3にて、ラ・ルメイアへ向かうためPTに護衛を依頼。その後もセッションにちょくちょく登場しクローバーたちPTと関わることになる。そんなケインズだが、セッション23において人生最大のピンチを迎えるもPTに助けられ「き亭」の専属商人として再出発した。

教授

初登場:セッション4

クローバー卒業した学院における先生(CV:大泉洋)で、クローバーにとってあらゆる部分で師とも言える人物。
ヴァイスケイトとはかつての冒険者仲間であり、クローバーに「き亭」を紹介したのもそのため。

温厚で実な人柄。
またキルヒアプリーストとしても一流のようで、直接キルヒア殿から依頼が来ることもある。

エウリュアレ(エリー)

初登場:セッション4

バルナッドのスラム街にある『【食事処】止まり木亭』の店であるケトの。ゴロツキに絡まれていたところをキョウに救ってもらったのが縁となる。キョウに助けられた際にはエレミアを名乗ったが、セッション終了後は一度も呼ばれておらず、もっぱら称であるエリーと呼ばれることがほとんど。母親もそうなのだが実はラミアであり、そのせいでクローバーたちと一着あったのだが事解決し、以後は一行ともしくなる。ちなみにケトから魔法を習っており簡単な魔法を扱うことが出来る。名誉人族を取得していないため、基本的に正体は隠してあるが、しい人には明かしている様子。

特技は料理。割と舌が肥えているクローバーたちも認める腕前。

エイシア

初登場:セッション16

ウィークリングとコボルドの隠れ里出身。元々穢れが薄いコボルドウィークリングのため、ほとんど穢れがない。その出生ゆえに育てであるフレイズ以外からは余りいいで見られておらず、また衰退していく一方の里を出たがっていた。そんな時に依頼ミュートたちが訪れ、依頼を終えた後のミュートに後押しされる形で里を出ることになり、「き亭」の看板娘となる。育てであるフレイズにもそっけない態度を取るなど里にいたときはすれていたが、実際にはフレイズを非常に慕っており、バルナッドに出てきた後も「でありのような人」と評しており、また妖精魔法も習っており、簡単なものなら使用できる。

特技は料理。自身の努とコボルド特性もあって幼いながらもかなりの腕前を誇る。
上記のエリーとは料理スタンスの違いで一時期は険悪だったが、料理対決を挟んだ後は友同士ともいえる関係となる。

コルテス・デ・オバンド

初登場:セッション23

フィリアの枢機卿。極端な穢れ排斥義者だが、それ以外に非の打ち所がない人物であり、穢れ排斥義が浸透しているセフィリアでは非常に人気の人物。セフィリアではしくマギテックにも理解を示すなど、革新的な考え方を持っている。

※以下キャンペーンの核心に迫るネタバレ
その極度の穢れ嫌いのため、蛮族の排除には手段を選ばず、魔神使いとして非合法な活動を面下で行っていた。その底ぶりは蛮族を2人排斥できるなら、人族を1人犠牲にしてもいう極端な考えを持ち、セフィリアでは人間を自身の兵となる魔神召喚の生贄するために魔神の苗床にした後に地下へと閉していた。そのため流石に(元からなかったかもしれないが)プリーストは失っているが、クレリックとしては弁論や政策に明確な意思を持っているために優秀そのもの。10年以上前に非合法の魔神使いとして疑惑を掛けられた際に、シーミラ一座をに嵌めることで追及をすり抜け、また数年前にもテンプルを「死」に追い込んで対立関係にあったテンプルも削ぐなど、権勢保持のための狡知にも長けている。……が、かつてに嵌めた魔王エンジェル竜皮剥ぎ(ドラゴンピーラー)の成長に脅威を感じ、直接的に手を出したことから綻びが起き、この2組のPTが手を組んだことで追い詰められ最期は自らの魔神により死亡、事件収束後に地位及び名誉も教団に剥奪されている。

セッションで、20年前に孤児院の地下道(当時からあったかは不明)から魔動機文明時代の施設に偶然辿り着き、施設にいた人物と何らかの密約を交わしていたことが判明する。
ネタバレここまで

冒険者関連NPC

魔王エンジェル

初登場:セッション3

戦士グレース・テンプル(東豪寺麗華)、ルーンフォークの射手であるスリーライン・10M-3(三条ともみ)、プリーストコンジャラーであるベル・モルゲン(朝比奈りん)の3人で構成されたPT。
かつてリーズを助けたことがあり、当時は「幸運エンジェル」の名前で活動していた。

初遭遇となったセッション3では山賊狩りの最中にリーズたちと再会したため、なし崩し的にクローバーたちと戦うことになってしまっている。以後何度かPTと遭遇し、敵対・交渉・協・共闘などシチュエーションによって対応が異なっている。

ちなみに彼女達の変貌振りに疑問を持ったリーズがアーレで「幸運エンジェル」について調べた際に、リーズを助けた直後に依頼で向かったラ=ルメイア王での戦闘全滅したと的には記録されていた事が発覚。このことから表世界では生きられず、生きるために裏街道依頼山賊狩りなどで食いつなぎ、更に物資の補給もままならない状況が続いていると推測されている。

き亭」の店と旧知の仲であるヴァイスとコネがあり、ほかにもバルナッドのともある程度繋がりがあると思われるも詳細は不明。

クローバーたちの先輩格の冒険者であり、初顔合わせだった当時ほどの開きはなくなったが、個々の実現在でもクローバーたちに劣らぬを持つ。イルミニアの軍事文書によれば3人PTゆえに脆い部分はあれど、基本的に交戦は避けろと示を出されるほどである(危険度B)

※以下キャンペーン相に迫るネタバレ
グレースであるモーガンルナ敵でもある枢機卿コルテスとダノス兵を巡っての政敵同士であり、意図的にグレースたちは巻き込まれたのではないかと見られ、生き延びたグレースたちはそれを知ったうえで現在行動を起こしていると考えれば魔王エンジェル行動に合点がいくところも多いことが判明。

上記の戦場で謀殺されかけ、何とか生き延びはしたがこの時に戦ったアンデッド呪いが元でグレースは生きたまま穢れ(推定3点)を受け、であるモーガンが(立場から来る苦渋の選択とは言え)生還したグレースをアーレから追放。以後は流れの冒険者「魔王エンジェル」として活動していくうちに、戦場での一連の事件を操っていたのがコルテスであることを突き止めたが、このことがセッション23で起きたバルナッド襲撃事件を誘発していた。バルナッド襲撃事件以後は本格的に人里に近づけなくなり、セッション30において放棄された砦にとわかりつつも立ち寄り、そこでリーズ達と再会したとのこと。

放棄された砦においてにはめられたクローバー達と共に共闘、50体以上にも及ぶ上位魔神を含む魔神の群れを撃破。苗床から解放されたウルリカによってクローバー達の一魔王エンジェルともども「殺対」になっていたことが判明。ことこの事態においてクローバーが短期決戦による反撃を決意し、魔王エンジェルメンバーとテンプルも協を惜しまないことを約束

その日の日中情報収集を行った後、コルテスの本拠地に突入、残っていた魔神を全て撃破、手駒をほぼ失ったコルテスの身柄の確保に成功する。その後の裁判でも苗床を操って裁判を操ろうとしたコルテスルナ激怒、その干渉によって魔神暴走させられ、コルテス死亡した。これにより、ルナリーズ幸運エンジェル・テンプルを巻き込んだ因縁は決着を迎えることとなる(以上セッション30における事件の推移)
ネタバレ終わり

個性的な4人の仲間たち(仮)

初登場:セッション11

マギファイターシューターでマルガ=ハーリ秘伝を習得している人間?シーン戦士でライロック術を習得しているフロウライトシャドウなグラップラー小柄なフィーの4人で構成される、バルナッドを拠点としている実PT。ただし的には元ネタにそこまで忠実というわけではない。

セッション11においてたまたまアーレ-バルナッドの街道で初遭遇。その後はクローバーたちの裏依頼を受けていて現場でかち合うこともあるなど、ある意味で腐れ縁。最初にをかけたのがミュートだったためか、その後の交渉の場ではミュート頭に立って話し合うことが多い。

セッション32にてPT名がコブラと判明。イルミニアの軍事文書によれば、その危険度は竜皮剥ぎ(ドラゴンピーラー)に次ぐと評される実PT(危険度A)

実際に個々の実ではクローバーたちと互に渡り合えるほどで、その実の高さから高い報酬で護衛依頼をこなすことが多い。また希少な種族のみで構成されているという意味でもしいといえる。

関連動画

本編/マイリスト

外伝

セッションに○.5とタイトルがついているのが特徴で、上記で紹介しているNPCサイドサイドストーリーとなっている。

幕間

セッション22以降にPLがり部になってPTの日常を演出しようとする趣旨の番外編
最近はバリエーションも増えてきており、IF世界感が展開されることもある。 

特別企画(トレーラーなど)

セッション8で加入する6人PCゲストNPCがいる内容のため、
本格加入となったセッション9及びセッション11の終了後が前提の内容になっている。
途中加入のPLやゲストの存在など、ネタバレを気にしないなら問題ないといえばそれまでだが。

関連静画

関連タグバルナッド・キャンペーンより。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 76ななしのよっしん

    2021/08/13(金) 15:28:38 ID: X9ZTUqgqAJ

    ルナオリジナル魔法を作る話好き

  • 77ななしのよっしん

    2021/09/12(日) 19:51:56 ID: kM/hQoyY70

    久々に見始めたら止まらない。

  • 78ななしのよっしん

    2022/04/09(土) 04:59:47 ID: pAIJXgtWBz

    心にいつまでも余韻が残ってる物語なんだよなぁ
    本当に好き

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/14(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/14(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP