ど根性ガエル 単語

349件

ドコンジョウガエル

3.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ど根性ガエル」とは、1970年代に『週刊少年ジャンプ』にて連載されていた漫画タイトルである。作者吉沢やすみ。連載中の1972年アニメ化され、連載終了後の1981年に「新・ど根性ガエル」として二度アニメ化がされた。また2015年には実写ドラマ化もされた。

なお、アニメ版は2012年になってニコニコ動画で有料配信が開始され(1話のみ無料)、TMSエンタテイメントの提供によりムービークエアで見る事が出来る。また、3月22日以降はニコニコアニメ名作劇場で1日当たり2話ずつ放映している。

1980年代には徳間書店の『わんぱっくコミック』という雑誌(現在は休刊)に再掲載されており、その際に一部のコマが描き直されている。

概要

詳しい事は、Wikipediaexit で、ここではニコニコ大百科的に記述します。

1.ひろしという少年がいた
2.カエルがいる
3.ひろしが石でつまずいカエルがぺしゃんこ
4.カエルひろしのシャツの中で生きる

という、現実科学ではありえない設定を元に描かれているギャグ漫画である。
なお、この設定は手塚治虫をして「あなたは大変な発明をしましたね。私もいろいろのキャラクターを作ったが、ガエルだけは思いつかなかった。これからも一生ピョン吉を大切にしてあげてください」というものすごい付きをもらっている。

このカエルは、ピョン吉(ど根性ガエル)と呼ばれ、ひろしとよくケンカをする、江戸っ子なのかどうかか解らないが短気である。カエルなのになぜか黄色い。

ちなみに、この漫画主人公はこのピョン吉であり、一羅を着ているひろしではない。

最近ではソルマックCMになっているが、「中学生ソルマック年代じゃないだろ!」という突っ込みがあるが、をよく見ると中学生でないことが伺える、ということは現在に換算すると42~45でありかなりのおっさん? でもカエルが生きているのを見るとどうやら地球外の……え?なに、ちょっとまって……や、m(ry

……実際の所はというと、「ど根性同窓会」編でちゃっかりと右下テロップに「あれから10年」と書かれているため、ソルマックCMでは本作品から10年後という設定であることがうかがえる。

下記、声優スタッフ主題歌は、全て1972年情報です(後年に一度再アニメ化されており、2015年には実写ドラマ化されている)。

登場人物

スタッフ

主題歌

オープニングテーマ
エンディングテーマ
サウンドトラック

裏事情

原作者の吉沢やすみはこの作品以降ヒット恵まれず、この作品が重荷となった。今でこそ、連載原稿を落とす作家しくないが、この作品が連載された当時は落とす=干すという非常に厳しい世界だった。そして「ど根性ガエルの作家先生に」と仕事は舞い込んだが、一向にアイデアは出ず、ついには連載3本、読み切り10本を一度に落とし失踪事件も起こした。

さらに事態は悪化し、ノイローゼとなってギャンブルに溺れ、自殺未遂まで起こした。それでも離婚を一切考えなかったという妻を中心とした家族の支えにより、の清掃員などを経て社会復帰、現在は本作の再ブームもあり々自適の生活となっている。

このあたりは週刊アスキーにて連載中の大月祐子による無料漫画『ど根性ガエルの』に詳しいので、何故大ヒット作品を生み出した作家が第2作を生み出せなかったのか、そしてどのようにして一家再生となったのかを知りたい人は読んでみよう(2015年11月に単行本発売、なおまだ未完)。

関連動画

公式配信動画とチャンネル

パロディなど

その他名台詞など

カエル関連用語

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP