なかにし礼 単語

176件

ナカニシレイ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

なかにし礼(1938年9月2日~)とは、満州生まれの北海道出身の作詞小説家である。本名は中西三(なかにしれいぞう)。

概要

満州で誕生。戦後すぐに両の出身地である北海道に戻るために満州引き上げの時に一家が何度も命が奪われる危険なに遭ったことが、後にこの経験が作するようになる。

立教大学卒業後は、シャンソンの訳をしていたが最初の結婚の時に立ち寄った静岡県下田市ホテル映画を撮中の俳優石原裕次郎に出会い、石原から「歌謡曲を書きなさい」と言われ作詞に転向をする。

代表作としては、『石狩挽歌』、『心のこり』、『北場』、『フーガ』等のヒット作が多数あるが、作詞時代は、私生活でのトラブルが多かったので思わず「何だこりゃ?」と思える曲も作詞をしている。これが伊集院光が『おバ歌謡』としてネタにしていて、なかにし礼本人も番組に出演しているほどである。それでも、阿久悠と並ぶ日本名作である。

昭和が終わると作詞仕事を辞め、小説家テレビゲストコメンテーターとしての顔を持つようになる。小説家としては2000年に『長崎ぶらぶら節』で第122直木賞を受賞。また現在テレビ朝日の『ワイドスクランブル』でコメンテーターを務めている。

関連動画 

 

関連商品

関連リンク

なかにし礼公式ホームページexit

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/24(水) 21:00

ほめられた記事

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP