にわとり単語

ニワトリ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(86)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

にわとり()とは、キジ科のである。くていトサカがあり飛べない。食用として利用される。

曖昧さ回避

概要

は「庭の」という意味の「ニハツトリ」という言葉が元になっているとされる。

較的昔から世界各地で食用にして食べられている。その癖のない淡な味わいで、健康的な食品として人気が高い。

が先か、にわとりが先か。

になるとけたまましいで鳴く。

小学校で飼われる動物としてはウサギに並ぶほどだったが、鳥インフルエンザの影もあってニワトリを飼う学校は急速に減りつつある。

飛べないだが、いざという時は一時的に滑することが出来る。

畜としては、東南アジア中国が由来とされている。セキショクヤケイハイイロヤケイなどといった野仲間から畜化されたとされており、紀元前8000年前から畜化されたという説や紀元前4000年前に畜化されたという説などがある。もともとは祭用や闘をするためだったといわれているが、を食べるために飼育されるようになっていった、というわけである。

日本においては、江戸時代にはが孵化しないことから殺生には当たらないとされ、的とした飼育が行われるようになった。それだけでなく、自体にも料理法も確立されレシピが存在しており、大切なたんぱくとして活用されるようになった。
放し飼いだけでなく、大規模な養場での飼育も可と、大量生産も行いやすいだけでなくストレスを与えないように低密度に飼育することでの価値を上げることができるなど、を食用に、羽を防寒具や布団などに使う、宗教上の理由で忌避されることもないといった複数の理由から、世界でも最も飼育される動物といっても過言ではない。
品種も世界中に存在しており、観賞用、用、食用、兼用品種など、多くの数が存在している。日本においては名古屋コーチン軍鶏内地などが有名。

知っている人は知っている話

ニワトリと言えば雄のほうが印深いだろうが、実は畜としての雄ニワトリはほとんど価値がない。食にするにも味は雌より数段劣るうえ、食べられる部分も少ない。よって商品価値は一切存在しない。
(一応シャポンと呼ばれる去勢も存在するが、コストが高いようで流通量は少ない)

かといって生かしておいてもを食らうだけ、ならどうするのか?

身も蓋もいこと言えば、殺処分である。

ニワトリは、の段階で選別されるが、その時点で雄と判明したは、雌が辿り着く間とは別の場所に行く。
商品価値がないのであれば、牧場側は処分するしかないのである。ちなみに処分方法はシュレッダーにかけ、一のうちにミンチにするというもの。
ミンチにしても商品価値はないので、のミンチはそのまま処分される。 

残酷なように思えるが、これも大量生産・コスト削減のためである。ちなみにもしこういった作業をせず飼い続けたのであれば、鶏肉の値段はもっとガツンとあがってしまう。

ちなみに捨てるくらいなら何か一けしよう、ということで生み出されたのがカラーひよこである。

「可哀想だ」、「やめるべきだ」、と思うのであれば、まずは処分される直前のひよこを一羽引き取る努をすることから始めよう。基本、ニワトリは一般的な庭で飼育することはままならない(騒音、異臭、感染症の問題から)。
ちなみに多くのカラーひよこの末路は、塗料を付けられたことによる衰弱死が大半である。よしんば育っても、鳴きが大きすぎて飼いきれず、最終的には家族に収まることになる。その代償としては家族一同の微妙な顔が食卓に並ぶしかないのである。

奇跡の鶏、「まさひろ」君

また、もうひとつの活用法として、動物園タヌキアライグマなどのの「生き餌」となるというものがある。こちらはまだ新たな生命の糧となるぶんマシとも言えようが、残酷な運命であることには変わりない。
逆に動物園で飼えば・・・というもあろうが、ありふれた畜であるを展示しても、集客にならないという現実がある。

ところが、このような運命を乗り越えて、有名になった雄がいる。
大阪は、天王寺動物園にいる「まさひろ」君である。

彼は、2015年に生き餌となるべく搬入され、その生命はく露と消えるはずだった。しかし、同時期に人工孵化されたマガモヒナに餌の食べ方をレクチャーする役(一羽だとヒナは怖がって食事しない)を与えられ生き延びた。次に、イタチが飼われている鳥類を狙って出没したため、捕らえるための「囮」とされたが、その時もイタチがそのまま去ったので難を逃れた。そして、ある程度育ったので今度はライオンのような大の餌にされそうになった(普段は加工したを与えるが、体調が悪い時などに「生命をつけるために」生き餌を与えることがある)が、偶然にもどこからも餌にしてほしいという要請はないまま日が過ぎた。
ついに三度の生命の危機異能生存体りの強運で乗り越えた彼は、正式に「まさひろ」の名を与えられ、晴れて園の飼育動物となった。その飼育員に抱かれても騒がないおとなしい性分もあって開されることになり、「会えれば幸せになれる奇跡」として評判を呼び、「客寄せパンダ」ならぬ「客寄せニワトリ」としてメディアにまで取り上げられる存在になったのである。2017年6月現在も、もう一羽の分「よしと」も加わり、彼は元気に生きている。

その他

関連動画

お絵カキコ

若干修正 コイツに気付くのはいつの日か・・w 手羽です、よろしくお願いします。

関連静画

関連コミュニティ

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 84ななしのよっしん

    2020/12/08(火) 16:35:31 ID: AgEuIzmIZH

    首なしマイクを記事に載せないとかダメでしょう?

  • 85ななしのよっしん

    2021/02/07(日) 17:00:14 ID: zSS0N/cBLM

    の時点で見分けてオスはワクチン生産に使おう

  • 86ななしのよっしん

    2021/03/24(水) 01:45:51 ID: XQiSq+x85o

    チキン野郎→実際は荒くれ者の如き暴れる
    ブタ野郎→食用の人間アスリート並みに低脂肪ハム用の個体が顕著

    野生の個体はどうなのかは知らん

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/24(土) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/24(土) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP