今注目のニュース
ガーゼと絆創膏でタイヤのパンク修理 不審な男を逮捕(米)
エエーっ!?マスオさんの声が変わりすぎてネットざわつく
夫の交際相手から電話が… 女性が浮気の証拠を発見した瞬間

ねこぢる単語

ネコヂル

掲示板をみる(169)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ねこぢる(本名:橋口 千代美)は、女性漫画家である。埼玉県出身。

1998年5月10日東京都町田市の自宅で首つり自殺により死去。享年31歳であった。

ねこぢるとその作品について

のようなをした主人公とする一話完結の不条理漫画を描いていた。その内容は様々で、単純なコメディグロテスクブラックジョーク、自身をとした日記などがある。主人公とはいえ、世界観は人間社会そのものであることが多い。作品によっては血が出たり内臓がはみ出したりミンチになったりすることも多く、読み手は何らかの狂気を感じることも多いだろう。

デビュー1990年の「ねこぢるうどん」。子猫うどん屋睾丸を切り取られる話で始まった。だけでなく、人や、それ以外の動物も皆「痛い痛い」と泣きながら腕を切られ頭を割られる。

彼女の作品には「裏」がない。例えば彼女世界では、は罵られ、殺され、食べられるだけの存在である。そこに基本的には救いはない。そのような描かれ方にをひそめる人も多かったが、その人は現実世界で食加工されるを救おうとはしない。生前の「トンカツっての死体だよね」という発言にはそれが端的に現れている。彼女の描くい眼は、そんな世の中の矛盾をありのまま捉えていたのではないか。

彼女自殺した理由は本人の遺志により表されていないため、巷には様々な憶測が流れている。気が狂ったのか、多忙による疲労か、商業化に嫌気がさしたのか?相は分からないが、確実に言えるのはその憶測をしている々を姉弟機質なで見ているということである。

その後

ねこぢるの夫であり漫画家である山野一は、「ねこぢるy」名義で、

にゃーこやにゃっ太らを主人公にした漫画イラストを手がけるようになった。

exit

しかし、一部のねこぢるファンからは批判も受けている。

関連動画 

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP