のぼうの城単語

ノボウノシロ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

のぼうの城とは、和田による歴史小説石田三成による忍城攻めを描く。また、その映画版。

あらすじ

豊臣秀吉天下統一前に迫った戦国時代末期秀吉に抵抗していた小田原北条氏配下にあった成田氏の治める忍城下で、当従兄弟成田長親は「でくのぼう」を略して「のぼう様」と呼ばれ領民に親しまれていた。

そんな忍城のもとに、石田三成率いる豊臣軍2万強の兵が迫る。領民を加えても僅か数千の兵しかない忍城におよそ勝ちはなく、小田原城に向かった当・氏長からは豊臣軍への内通が命じられていた。が、豊臣軍の使者・長束正家礼な振る舞いに、急遽総大将となった長親は籠戦を決断する。

士気の高い成田軍に、豊臣軍は思わぬ苦戦を強いられる。石田三成は、かつて見て憧れた備中高松の戦いのように攻めで忍城を落とそうと決めるが、それに対して長親が選んだ奇策とは――。

概要

2007年小学館から刊行。2010年小学館文庫から上下巻で文庫版が出ている。単行本・文庫版とも装画はオノ・ナツメ

もともとは『ぶの』というタイトルで、2003年城戸賞を受賞した脚本。これを映画化を前提に作者和田が自ら小説化したものである。和田にとっては小説デビュー作。第6回本屋大賞2位、第139直木賞ノミネートなど高い評価を集め、ベストセラーとなった。

作品の内容は基本的に史実に基づいており、それまでにも同じ忍城攻めを題材にした作品はあったものの(例:山田風太郎』、知雄『 いまだ落せず』など)、本作の大ヒットにより、戦国時代の合戦の中でもマイナーだった忍城の戦いや、ほとんど全く知名度がなかった成田長親が広く知られることになった。

美味しんぼ』のアキラによる漫画版も存在する。なんでアキラ また、甲斐姫役にした木えりん作画スピンオフ~のぼうの城 甲斐姫外伝~』も出ている。

映画版は童一心と樋口嗣のダブル監督野村萬斎演。配給は東宝2012年11月2日開され、2週連続週末観客動員1位になるなど、行収入28億円ヒット作となった。当初は2011年開される予定だったが、攻めのシーン東日本大震災津波を想起させるため、開が丸1年延期になり、攻めのシーンにも修正が入ることになった。

主な登場人物(カッコ内は映画版のキャスト)

成田家・忍城領民

豊臣軍

関連動画

関連商品

原作・漫画版

映画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 13ななしのよっしん

    2018/02/25(日) 11:59:36 ID: yiYwWV8Kz4

    秀吉が稀代の攻め名手というのは司馬小説イメージだからなあ
    それはともかく、攻めは紀州征伐の時からプロパガンダ矢も使わずに勝った」の材料として行われるようになった
    忍城攻めについては、困っていた三成を助けるために秀吉応援に送った浅野長政(妻の兄弟)が、攻めの手伝いどころか攻めして敵兵の首獲ったのだが(攻めのやり方変えるべきという進言に等しい)、
    秀吉攻めのゴリ押しめなかった

    実際に攻めでを落せるかどうかはもう気にしてなかったのかもね
    宣伝材料作れればそれでよいって感じで
    漫画センゴクで「下人事を見てはいない」という三成の台詞があるけど、まさにそんな感じだったのかも
    天下統一前の時期に三成、大谷、長束の奉行組に武功立てさせても意味ないし

  • 14ななしのよっしん

    2018/02/25(日) 12:13:09 ID: LheYqYW8oW

    天下統一前の時期だからこそ武功が必要じゃろ
    外に敵がいなくなったら内の争いが始まるのは必然

    そしてそのまま駄に兵を死なせくないからという選択になる

  • 15ななしのよっしん

    2020/04/28(火) 22:39:11 ID: 1jKo4kL9PN

    2011年開の年に東日本大震災とかね
    ワンピース思い出すな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/16(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/16(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP