はしか 単語

31件

ハシカ

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
医学記事 【ニコニコ大百科 : 医学記事】
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

はしかとは、感染症の一種である。よく風疹と混同されるが別物である。

概要

「はしか」は、「麻疹ウイルス」が原因でひきおこされる。「風疹」と「はしか」はよく似ており、俗に風疹のことを「三日はしか」などと言ったりするが元のウイルスが違う(両者は、全くの別物であり、どちらかにかかったからといって抗体ができるわけではないので注意したい。はしかにかかっても風疹にかかることはあるし、その逆もしかりである)

一般的に、はしかのほうが風疹よりも重症であるが(ときには、炎などの合併症を引き起こし命に関わることもある。また、大人がかかると重症化するケースが多い)、女性妊娠初期に風疹にかかると胎児にが出るため風疹のほうが軽い、とは言い難い。更に、はしかは感染率も高いので(インフルエンザよりも高いと言われている)より注意が必要である。

症状[1]

  • 感染が強い。ウイルスは、せきやくしゃみの飛まつや、直接触れることで広まる
  • ウイルスは何時間も空気中や地表に残る
  • はじめに発熱や気分の悪化、の痛み、せきなどの症状がみられ、熱が上がり発が出る
  • 症状が軽い場合、子どもは気分がすぐれないが7~10日で回復する。しかし、感染症やひきつけ、下痢炎、脳炎などの合併症もよくみられる
  • さな子ども、成人、免疫不全の人は症状が深刻化しやすい

予防

「はしか」を予防するためには、幼児期にきちんと予防接種を受けることが大事である。また、はしかに感染すると高熱や発ができるといった分かりやすい症状が出るため、めに病院を受診することが大事である。

また、昔は民間信仰で「まだ、はしかにかかっていない子供がいたら、はしかにかかった人の元に行ってわざとかかる(大人になって患して重症化するのを防ぐ)」というものがあったが、これは全くの迷信である。ワクチンがなかった時代ならいざ知らず、現代はワクチンがあるため(風疹との混合ワクチンもある)、ワクチンを接種するのが一番である。特に2018年4月現在で26歳から39歳の人は、幼児期にはしかのワクチンを受けていない世代なので(ワクチン副作用が懸念され、数年間幼児への強制ワクチン接種が控えられた)特に注意が必要である。

何度も言うが一番の予防法はワクチン接種である。自分がその世代であるならば即座にワクチン接種をすべきである。(はしかは、風邪インフルエンザと違い、手洗いうがいでの予防が難しい)

関連動画

脚注

  1. *はしかで14万人死亡 ワクチン接種率上がらずexit 2019.12.6
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/22(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/22(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP