はたけカカシ単語

ハタケカカシ

1.4千文字の記事
掲示板をみる(412)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

はたけカカシとは、漫画NARUTO』に登場するキャラクターである。

CV井上和彦

概要

木の葉の里の上ナルトの属する第七班(カカシ班)を担当する教官。木の葉のの中でも名の知れた存在で、一時睡状態に陥った五代・綱手の後任に推薦されたこともある。

得意技は「切(千鳥)」。また、写輪眼の持ちであり、1000以上の術を写し取って来たことから「コピー忍者カカシ」の異名を持つ。しかし、血継限界である写輪眼イレギュラーに所持していることからチャクラ消費がしく、戦闘後によく寝込む。登場キャラにまで「戦いのあとは病院で寝込む」というイメージを持たれてしまっていた。

仲間思いで、里の皆からの人望は非常に厚い。しかし、万―悪くいえば器用貧乏のため、かませ役や引き立て役になってしまうことも。とはいえそれはペインをはじめ相手が悪すぎるということもあり、戦になっているだけで十分凄いといえる。

後半では万華鏡写輪眼開眼しており、万華鏡写輪眼に宿る固有の術の一つ「神威」を習得している。
これはカカシ写輪眼の視界に捕らえた任意の位置の間を引きちぎって別の場所に強制的に飛ばすという術で、物理的殺傷のみならず応用性も高い術だったのだが、カカシ写輪眼の本来の持ちであるうちは一族ではないためかチャクラの消費が膨大で使うたびに寝込んでしまうというリスクがあった他、当初は術を発動してから間を引きちぎるまでに時間がかかってしまい、動く対を捉えきれないという使い勝手の悪さが立った。
後に術の発動スピードはかなり高速化され、爆発の術をとっさに爆発が起こった間をまるごと飛ばす事で爆発を防いだり、飛んで行くクナイワープさせて意表を付くなどかなり応用の幅が増えている。

最終決戦チャクラの祖であるカグヤとの戦いでは、写輪眼を元の持ちであるオビトに返してしまったため、「せめて弾除けにはなろう」と、瀕死だったオビトと共にナルトサスケに向けられたカグヤの攻撃を受けようとするが、「お前はまだ生きるべきだ」と言うオビトによって自身もわれ、オビトだけが弾除けになって死亡
この時、立つオビトのに「ちょっとい火就任祝い」として両の写輪眼を譲り渡される。これにより、カカシが以前使えていた間を引きちぎる「左の神威」と自身の体を含めた任意の物体を時間に出し入れするオビトの「右の神威」、そして両の万華鏡写輪眼に固有術を宿したものだけが開眼できる「須佐乎」まで開眼。カグヤとの戦いに大きく貢献した。

全てが終わった後の後日談では、六代として任を全うし、成長したナルトに火の座を任せて隠居している姿が描かれた。

その他の特徴

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 410削除しました

    削除しました ID: G01yJpKaUs

    削除しました

  • 411削除しました

    削除しました ID: G01yJpKaUs

    削除しました

  • 412削除しました

    削除しました ID: G01yJpKaUs

    削除しました

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/29(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/29(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP