はたらく細胞BLACK単語

ハタラクサイボウブラック

  • 17
  • 0
掲示板をみる(503)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

『疲労蓄積、睡眠不足、暴飲暴食
今、この身体は過度のストレスされている!
この危機を乗り越えられるかは、君たちにかかっている
酸素を運んで運んで運びまくれ!

働け!細胞ども!!

はたらく細胞BLACK(-さいぼうブラック)とは、漫画はたらく細胞』のスピンオフ作品である。

概要

原田原作・初嘉屋一生作画。『はたらく細胞本編の著者・清水も監修に携わっている。漫画誌「モーニング」2018年27号から36・37合併号にて第1シリーズが連載、同年45号から第2シリーズ2021年8号まで連載。

本作では生活習慣病をはじめとした内的要因による疾患をメインに描いている。飲喫煙ストレスなど様々な不摂生でボロボロになった体内が舞台。病原体の侵入さえなければ平和(健康)である本編の人体とは異なり、血管コレステロール歩くのもままならず、喫煙により一酸化炭素が充満し、過度のストレスでT細胞暴走する過酷な環境である。

モーニング連載のため、本編よりもエログロ描写が多い。また、本編ではまだ描かれていない生殖細胞に関する描写も第1巻から登場しており、あちら側では描かれていない細胞達の死亡シーンも直接かつ凄惨な描写がなされている。

2021年1月にはTVアニメ版が放送開始。本編アニメ版第2期『はたらく細胞!!』と同時期に放送された。

注意:この先、本編ネタバレが含まれます。

登場人物

外の人

作品の舞台である人体。本作の「外の人」は、過度のストレスと飲喫煙という不健康な生活を送っており、細胞たちはブラック労働を強いられている。本編と異なり、性別とおおよその年齢が判明している。陰茎や精細胞が存在することから男性であり、飲喫煙クー生殖行為をしている様子があることから成人と考えられる。
第1シリーズの第1話で10年振りに喫煙したということなので、飲喫煙も過度のストレスが原因であり、もしかしたら「外の人」もブラック労働なのかもしれない。
第2シリーズ開始となる第11話からは、より劣悪な体内環境を持つ「外の人」が登場する。

はたらく細胞たち

装などは、基本的に本編と共通する。
しかし、一部細胞の性別が本編と逆だったり、バリエーションがあったりする。

血球

酸素二酸化炭素を運搬する血球。本作ではほとんどが男性である。
酸素の運搬が仕事だが、血管内は不法投棄されたコレステロールで塞がれてまともに通れず、思うように運べないでいる。そのため要臓器に酸素を優先せざるを得ず、回してもらえない末端細胞にしょっちゅうクレームを入れられている。
病原体の侵入などで生存率が低い。一酸化炭素に触れると暴走し、しばらく酸素を運べなくなる。

AA2153 CV:榎木淳弥
本作では、メガネ男子の個体が主人公を務める。
過酷な環境の中職務を果たすが、その中で散り続け 時には職務に忠実に「暴走」する仲間たちや崩壊寸前の「世界」の中で、自分の働く意味を自問自答し続けている。

AC1677 CV:KENN
第1の外の人の中で一生き残った同期血球。フランクな物言いが特徴。AA2153にとっては当時折れかけた心の支えであり、後に訪れる出来事が彼のターニングポイントとなる。

BD7599 CV:横山
AA2153の先輩モミアゲトレードマーク。少し荒っぽいが、AA2153が苦に立たされた際は温かく励ます後輩想い。第2シリーズでも彼と共にブラック体内で奮闘する。

NC8429 CV:八代拓
AA2153の後輩いホッペがトレードマーク。彼もまた先輩たちの背中を追いかけ、血球としての仕事を果たすため共に体内を駆け抜ける。

好中球 CV:日笠陽子(1196)、Lynn(8787)、内山夕実(1212)

本作の好中球は女性。細菌など、体内異物の駆除が仕事免疫が低下した人体の中で苦戦を強いられており、致死率も高い。

第1シリーズでは、本編の好中球をそのまま女体化したような個体の1196がもう一人の主人公大胆に開いた胸元とあふれるおっぱいが特徴。
通称:血球さん。本編よりも寡黙だが、過酷な労働環境にめげず職務を果たす血球に敬意を抱いている。アニメ版では後輩血球の8787、1212が登場(元々は原作6話に登場したモブ血球の一部)。共に過酷な任務に就いている。

第1シリーズより外の人が更に弱体化した第2シリーズからはツインテール貧乳という、本編の好球を幼くしたような容姿を持つ新たな好中球が登場。通称:血球ちゃん。
助っ人として別の外の人体に”異動”となった血球、好中球たちと共に、更なるブラック環境の元で活動する。

血小板 CV:久保ユリカ橋本ちなみ綾瀬有、小田

体表面や膜にできた傷口を塞ぎ、出血を食い止める血球。

本編と同様幼女の姿をしているが、あちら側の様な邪気さは皆無。本作では、潰瘍で破壊された膜の修復などの危険な仕事に就いている。アニメ版では本編レギュラーの個体が5人存在し、それぞれに異なるキャラ付けがなされている。
また、ぼかされてはいるが、世界(体)を守るためにつくった血栓が最大の危機を誘引してもいる。

LDL

低密度リポ蛋白質
いわゆる悪玉コレステロール。動脈の細胞に取り込まれると動脈硬化の原因となる。

細胞ではないのだが本作では擬人化されている。
コレステロール血管内に不法投棄し、コブをつくるために血球の通行を阻しており、忌み嫌われる存在。

細胞 CV:鳴海崇志

食べ物を消化する細胞ペプシンの元となるペプシノーゲンを分泌する。

暴飲暴食が続く外の人の下で仕事するの番人。
体内環境の影か、も薄くなり言葉遣いも荒っぽくなっている。

マクロファージ CV:椎名へきる

本編同様に細菌などの異物を捕らえて殺す掃除屋の細胞

疲弊しきった外の人環境により、周辺の物音一つでそのを向ける程物騒になっている。

細胞 CV:ブリドカットセーラ恵美前田玲奈

肝臓細胞で、体内の栄養分を蓄え、素を分解する。

本編未登場だが、本作ではキャバ嬢のような姿をしている。
アルコールを浴びた血球たちにアルコール分解酵素(ADH)やアルデヒド分解酵素(ALDH)を飲ませ、分解した。

大量の飲により分解しきれなくなったアセトアルデヒドが体を蝕んでおり、具合が悪い。

クッパ細胞

肝臓内の類洞に存在するマクロファージの一種。
他のマクロファージと同じく貪食作用があるが、彼女の役割は内素の化や古い血球を貪食し、胆汁色素にすることがである。

本作ではおっぱい丸出しの踊り子のような姿で登場。アニメ版ではインド調の衣装に身を包んでおり、どちらも露出が多い。
主人公血球を肝臓に誘った老人血球のJJ4141寿命を迎えたため、最期を看取った。

細胞 CV:平川大輔()、髙坂篤志斎藤寛仁、中村慈、泊明日菜(いずれもオペレーター)

頭部に位置するの中枢神経を管理する細胞達。

生殖行為における射精任務では某ロボットアニメのような室で奮闘した。
剤込みでの治療が相次ぐ人体の先行きに不安を抱いている。

精原細胞/精子

オスの生殖細胞。精原細胞睾丸の中でセルトリ細胞に育てられ、精子(精細胞)へ成長する。

本作では、精原細胞人間赤ん坊のような姿をしているが、精子リアル精子に頭がついただけ」という潔すぎるキャラデザである。
EDというトラブルに見舞われながらもなんとか射精された。
その後の行方は不明だが、細胞にたどり着くまでののりも過酷であり、卵子の元にたどり着けるのは(通常)1個だけである。

セルトリ細胞 CV:杉山里穂

精原細胞に栄養や酸素などを供給する細胞

本作では、保母さんのような姿で描かれている。

ヘルパーT細胞 CV:伊藤健太郎

キラーT細胞に出動命を下す。

本編の落ち着いた印とは異なり、軍国主義国家の将校のような性格。
度重なる過剰なストレスにより「病原体の可性のあるものはすべて排除する」という恐怖政治を敷いており、「増殖が速い(から細胞の可性がある)」という理由で毛細胞の攻撃を示。円形脱毛症を引き起こす。

キラーT細胞 CV:丹沢晃之平林

ヘルパーT細胞示で異物を攻撃するT細胞

しい戦闘のせいか、本編キラーT細胞よりムキムキであり、体は傷だらけである。
ヘルパーT細胞暴走により彼らも暴走し、仲間であるはずの毛細胞を攻撃する。

細胞 CV:高坂篤志斎藤寛仁、鳴海崇志

毛根を構成し、毛を作る細胞たち。

本編と同じく毛のような頭巾をかぶった姿。暴走したキラーT細胞の襲撃を受けて行動不能になったため、円形脱毛症を起こしてしまう。

色素細胞

髪の毛や肌の色を作るメラニンを生成する細胞

同じくキラーT細胞の攻撃を受けてボロボロになっている。もし毛が抜けていなければ、彼がダウンしたことにより白髪が生えていたものと思われる。

糸球体 CV:島袋美由利有賀

沈黙の臓器と呼ばれる腎臓で働く、血液を濾過する役割を持つ細胞

某湯屋を髣髴させるネフロンにて血球達の洗浄作業にいそしむ。老年糸球体のババ様が若い糸球体を取り仕切っており、私厳禁の環境下にある。
尿路結石レーザー破砕の際、カテーテルより細菌が腎臓まで侵入。この際、細菌の襲撃から糸球体をかばったババ様が犠牲となり、腎臓の役を後の世代に託しこの世を去った。
なお、原作アニメで登場タイミングが異なる(原作は異動後となる第2シリーズの話で、アニメは異動前の体で起こる話として描写されている)。

皮脂腺細胞 CV:樫井笙人

の横にある皮脂腺で皮脂を貯める細胞

中年男性のような出で立ちをしており、血球が訪れた時に細胞としての最後の仕事日を迎えた。
背中は皮脂を貯める袋と直結しており、彼が最期を迎えると同時に袋が破裂。活性酸素と結合し加齢臭を引き起こす。
こちらも原作アニメで登場タイミングが異なり、原作では別の体の血球の嫌がらせとしてAA2153達異動組をこの場所へ向かわせた。

末端細胞

本編の一般細胞はほぼ全員若々しいちゃんたちという貌だが、こちらの細胞は様々な年齢層の一般細胞がおり、末端細胞は中年太りしていかにも不摂生な出で立ちをしている。要臓器に酸素が優先されたことにより酸素の運搬が滞っており「自分たちには死ねっていうのか!」と血球に罵を浴びせている。おそらく彼らの貌は外の人のその部位における年齢を表しているのだろう。

病原体たち

本作は生活習慣病やストレス性疾患を扱うことが多いため、本編より病原体の出番は少ない。

肺炎球菌

肺炎を引き起こす細菌。

本作でも本編と同じ姿で登場。ろくすっぽ出番のないまま好中球に駆除される。

菌 CV:高橋伸也

性感染症の一つ「病」を引き起こす細菌。感染すると尿に強い炎症と痛みを生じさせ、尿から膿が流れ落ちる。この様から「」病と名付けられた(「」はここでは「ポタポタとしたたり落ちる」の意)。

マーラ様のような姿をしており、「シイ…シイ…」とつぶやきながら現実と同じく触手数の繊毛を活発に動かし、好中球たちを多数葬った。

血球の貪食よりも増殖が速いため自然治癒は望めず、負け戦だったが、最終的にはペニシリンの作用により殲滅された。

薬剤たち

本編と同じく、ロボットのような姿で描かれている。

本編の「外の人」は並大抵の病気なら自己の免疫作用で治してしまうが、本作の「外の人」は荒れた生活により免疫が低下しているため、たびたびお世話になっている。

そのためか、本編と異なり、細胞たちが剤の存在をある程度知っている。

シルデナフィル

商品名「バイアグラ」など。もとは狭心症の治療という来歴を持つ。
PED5の働きを抑え、サイクリックGMPを増加させることで勃起しやすくさせる剤。

本作では、重度のストレスでEDに陥った「外の人」が投入。再勃起に成功したが…?

ペニシリン

魔法の弾丸」と呼ばれた奇跡剤・抗生物質の元祖。
細胞の合成を阻する作用がある。細胞植物と菌類のみが持っているため、細菌は一掃されるが動物細胞はほとんど傷つけず、つまり副作用がほとんどないという優れた性質を持つ。

菌の襲撃により血球が多数犠牲となっていた陰茎深動脈に投入され、菌たちの弱体化に成功。

ちなみに抗生物質はその利便性により、かつてはとりあえず出しておこうというノリで利用されてきた。その結果、近頃は多耐性細菌という新たな脅威が発生している。

ステロイド CV:高橋伸也

自己免疫疾患の原因となった細胞を軒並み攻撃し、炎症を抑える剤。

本作では、円形脱毛症の原因となったキラーT細胞ヘルパーT細胞を制圧した。

テレビアニメ

上記通り、2021年1月より3月まで放送された。全13話。アニメーション制作本編デイヴィッドプロダクションとは異なり「アルスラーン戦記」のライデンフィルム

監督は「ストライク・ザ・ブラッドシリーズ山本秀世が担当。シリーズ構成には「チャンネルはそのまま!」を手掛けたハヤシキャラクターデザインに安英二、音楽菅野祐悟がそれぞれ担当する。

アニメ化により、本編アニメ版同様にナレーションが追加された。担当は津田健次郎原作では未登場の個体が新たに追加されていたり、原作第3巻の第2シリーズで起きる疾患(12話:カフェイン、13・14話:尿路結石、16・17話:肺血栓)を前倒してアニメ版に組み込む、などの差異がある。

放送局の内AT-XRKB毎日放送北海道放送テレビ愛知については、本編第2期から連続して最新話が放映される(配信を含めるとABEMAニコニコ生放送も同様)。の全く異なる2作を見べてみるのも良いだろう。

スタッフ

放送情報・配信情報

放送情報
放送局 放送日 曜日 時間 備考
TOKYO MX 2021年1月9日 土曜 24時00分~
とちぎテレビ
群馬テレビ
BS11
MBS 27時08分~
AT-X 2021年1月10日 日曜 21時30分~ リピート放送ありexit
RKB毎日放送 25時50分~
北海道放送 25時55分~
テレビ愛知 2021年1月12日 火曜 27時05分~
放送情報(第3~4話1時間特別編成)
放送局 放送日 曜日 時間 備考
TOKYO MX 2021年1月18日 金曜 25時40分~
BS11 26時00分~
MBS 27時10分~
北海道放送 2021年1月19日 土曜 25時55分~
RKB毎日放送
AT-X 2021年1月22日 金曜 18時00分~ リピート放送ありexit
とちぎテレビ 25時30分~
群馬テレビ
テレビ愛知 2021年1月25日 月曜 27時00分~
配信情報
配信サイト 配信日 曜日 時間 備考
ABEMA 2021年1月9日 土曜 24時00分~
dアニメストア
(ニコニコ支店)
(for Prime Video)
2021年1月10日 日曜 12時00分~
ニコニコチャンネル 2021年1月12日 火曜 第1話常設無料
最新話1週間無料配信
ニコニコ生放送 23時30分~ タイムシフトあり
2021年1月12日(火)12時00分~
バンダイチャンネル GYAO! Hulu J:COMオンデマンド TELASA
Video Market music.jp ひかりTV FOD Netflix
U-NEXT アニメ放題 Tver MBS動画イズム Amazonプライム・ビデオ

各話リスト

話数 サブタイトル
(原作話数/疾患、摂生による影など)
シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督 配信日
(ニコニコ)
動画
(ニコニコ)
dアニメ
第1話 喫煙、細菌、終わりの始まり
(1話/喫煙)
ハヤシ 山本秀世 北村 緒形厚 2021
1/12
動画 動画
第2話 肝臓アルコール、誇り。
(シリウス出張版/口内炎、2話/飲)
木村 なまため
やすひろ
1/19 動画 動画
第3話 奮、膨虚無
(3話/勃起射精)
代和也 清水 1/21 動画 動画
第4話 最前線、菌、
(4話/病)
Lee seongjea
Park Younghi
J.W.Kim
S.G.Lim
動画 動画
第5話 過重労働、脱毛、錯乱
(5話/円形脱毛症)
山崎立士 三好和也 1/26 動画 動画
第6話 腎臓尿路結石
(13・14話/尿路結石)
曽根利幸 三橋桜子 2/2 動画 動画
第7話 カフェイン、誘惑、嫉妬
(15話/加齢臭、12話/カフェイン)
池田 村山 緒方 2/9 動画 動画
第8話 ふくらはぎ、肺血栓、機転。
(16・17話/肺血栓)
山本秀世 代和也 清水 2/16 動画 動画
第9話 異変、水虫、働く意味。
(6話/水虫)
木村 森野
Kim Cheolsu
Min Hyeon
Ahn Hyojeong
2/23 動画 動画
第10話 潰瘍、友情、喪失。
(7話/潰瘍)
西田正義 三好和也 3/2 動画 動画
第11話 自暴自棄痛風、反乱。
(8話/痛風)
北村 北村
Kim Jeong Woo
Lim Su Kyeong
CHO WONHA
3/9 動画 動画
第12話 復帰、心臓終焉
(9話/狭心症心筋梗塞)
山本秀世 曽根利幸 三橋桜子
緒方
清水太郎
高橋香織
柑原豆
坪田太郎
Lee Seung Hee
Min Hyeonsuk
3/16 動画 動画
第13話 心筋梗塞蘇生、変化。
(10話/心筋梗塞からの蘇生方法)
清水
三好和也
清水太郎
高橋香織
柑原豆

及川博史
園田高明
隆太
和田佳純
Kim Jeong Lim
3/23 動画 動画

主題歌

オープニングテーマ走れ! with ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)
歌:POLYSICS、ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)
作詞作曲Hiroyuki HayashiFumi 編曲POLYSICS
エンディングテーマ上を向いて運ぼう with 血球 & 血球
歌:POLYSICS血球(CV.榎木淳弥)、血球(CV.日笠陽子)
作詞作曲編曲Hiroyuki Hayashi

Webラジオ

一緒に「はたらく細胞」らじおexit
「はたらく細胞BLACK」サイドパーソナリティ榎木淳弥(血球(AA2153) 役)、日笠陽子 (血球(1196) 役)
インターネットラジオステーション<音泉>にて2021年1月6日()より隔週水曜日配信

関連チャンネル

関連生放送

関連商品

原作コミック

映像

関連Twitter

関連リンク

関連項目

働け。命ある限り___。

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/13(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/13(日) 22:00

ポータルサイトリンク

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP