ひめ 単語

205件

ヒメ

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ひめとは、・媛・売・毘売などと表記し、高な生まれの未婚の女性、あるいはただ単に女性を意味する言葉である。

詳しくは「」の記事を参照。また、カタカナの「ヒナ」の記事も参照のこと。現代では若い女性に対する称ともなりえる。ペットなどの名前として付けられることも多い。

曖昧さ回避

概要

ひめとは、mochi氏exit_list情をいっぱいに受けて元気に育っているの名である。氏が「彼女」と言っているので雌のようだ。

ことの始まりは2008年9月のこと。とある高架下駐車場に小さな段ボールが置かれていて、そのの中には小さな牛乳パックと一緒に捨てられていた子猫が大きなで助けを呼んでいた。これがmochi氏との出会いだった。

保護した当時は衰弱もしかったようで体も細く、左はヤニで開くこともできず、自歩ける状態ではなかった。自での食事もままならない様態を見ていた氏の心は穏やかではなく、「このまま一生歩けないのかもしれない」と、常々悪い方向へと考えが進んでいたようだ。しかし泣き元気で、今ならまだ助かるかもしれないと思った氏は翌日、子猫を看てもらえる動物病院へと向かった。

医の診断と適切な治療によって快方したが、当初氏は保護しただけであり、自身の仕事けることも多く、そんな生活環境では育てるのは難しいと里になることは考えていなかったようだ。しかし医の「君が育てられなければ、安楽死しかないね」の一言で、めて生と死の瀬戸際にいる子猫の存在に氏の気持ちは大きく揺らぐ。その二日後、氏は自身で里として引き取り育てることを決意。名を「ひめ」とした。

氏の献身的な介護ストレスの少ない環境下でひめは順調に回復し、僅かずつではあるものの自での歩行ができるようになった。子猫らしくやんちゃで氏の手を焼かせることもあるようだが、それでも氏はひめの為に新居へ移るなど、まさに生涯を供にする決意でいるようだ。

2009年9月13日動画を最後に長らく音沙汰がなかったが、約4年ぶりの2013年6月、そして3ヵ後の9月にひめの元気な様子を撮した動画うpした(撮自体は2009年とのこと)。

今日もひめはであり、命の恩人である氏の傍で、優しく見守られながらリハビリを兼ねて元気にはしゃぎ回っているに違いない。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/25(木) 10:00

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP