ぴたテン単語

ピタテン

2.3千文字の記事
掲示板をみる(49)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ぴたテンとは、コゲどんぼ(=こげどんぼ*原作漫画である。2002年にはアニメ化された。

概要

小学6年生の主人公樋口太郎を中心としためぐり合わせを、コメディタッチで描いている物語である。
なお、ぴたテンとは「ぴたっと天使」の略。

アニメは終始そのノリを貫くが、原作は途中からややダークな展開へと発展する。

原作は全8巻。アニメは全26話で、テレビ東京系列を中心に放送された。

作者コゲどんぼであることや、アニメ化したことによる知名度上昇により、単行本の7巻と8巻は、他の週刊少年誌系のコミックスと一部のランキングで順位を競うほどになった。

なお、アニメ化したころに幼児雑誌にも2ページ程度の連載が組まれたが、大きいお友達がその確認のため、本屋でそれを購入していく姿が見かけられたようである。

登場人物

樋口太郎(CV:沢城みゆき)
主人公小太郎ではなく""太郎である。
中学受験を控える小学6年生。母親を亡くし、父親と二人暮しをしている。
とあるきっかけから天使美紗にくっつかれるようになる。
やや寡黙で大人びている。あまり内面を表に出さず一定の距離を保って付き合うタイプで、やたらと付きっては問題を起こす美紗を疎ましく思っている。
霊感が強く、人に見えないものが見えるせいで、霊的なものが苦手である。

美紗[みしゃ](CV:田村ゆかり)
もう一人の主人公。とある日、太郎に「わたしと、付き合ってください!」という一言とともに現れ、いつのまにか太郎お隣に引越し、毎日のように彼にぴったりくっつくようになった落ちこぼれの見習い"天使"。
天使であるにもかかわらずを着ている。「てひひ~」「~っス」という口癖を持ち、明るく開放的な性格だが、アニメではやや傍若人がに付くところがある。
原作主人公アニメでもりを担当している太郎だが、アニメ本編では彼女役扱いであり、エンドテロップでも美紗のほうが上である。

亜[しあ](CV:ゆかな)
魔界からやってきた見習い悪魔悪魔であるにもかかわらずを着ている。
おっとり庭的だが、かなり天然である。美紗に助けられて彼女と同居するようになる。
その中で、生活費を助けるために、頭で見かけた客寄せを真似「ごはんとか、できます」という看をかけて仕事を募集しようとした。その後、紹介により彼の戚の喫茶店tricot」でアルバイトをするようになる。
原作アニメで設定がかなり異なる(内容は原作ネタバレなので触れない)ものの、上記の点は同一である。

ニャー[にゃー](CV:冬馬由美)
亜のお付け役として魔界から伴われた黒猫姿の悪魔。ニャーというのは単純に鳴きから美紗が勝手に呼び出したのを、多くの(亜も含めて)者が呼ぶようになったための通称で、小説版で明かされた"クラウス・ローゼンバーグ"という本名がある。(ちなみにこの本名は原作者もうすぼんやりだったらしい)
亜にあわせて原作アニメで(内容は原作ネタバレ(ry)設定が異なる。

植松[うえまつこぼし](CV:釘宮理恵)
太郎クラスメイト幼馴染。知り合ったのは幼稚園のころであり、そのときにファーストキスを経験済みで、それ以降彼を一途にい慕っている。そのため、太郎に常にくっつこうとする美紗嫉妬にまかせてその都度引き剥がしている。
なぜか猫耳がついている。原作ではたんに強気であるくらいなのが、アニメでは男勝り傑ぶりがきわだつところがあり、幼いころに太郎いじめっ子から守るなどの強さを見せている。
釘宮病KOの感染である。

綾小路[あやのこうじたかし](CV:斎賀みつき)
太郎クラスメイトあだ名は「テンちゃん」
容姿端麗成績優秀運動神経抜群と、非の打ち所のを持ち、クラス女子からも人気が高い。それらはの努があってこそなのだが、本人はそれを表に出そうとしない。学力的に有名な進学校も狙える実があるが、経済的な事情もあって難しい状況にある。
亜のことをひそかに想っているようであるが、その後はアニメ原作で異なる。

御手洗大[みたらいひろし](CV:くまいもとこ)
模試で負けたことを根に持って、太郎たちのクラス転校してくる、御手洗御曹司あだ名は「ダイちゃん」のはずであるが、からは「ウンコ」よばわりされる。もっともアニメではさすがにそれはまずいせいか、せいぜい「トイレ男」どまりであるのだが。ライバル視するもののからは相手にされていない。
すべてにおいて一番でなければならないという御手洗の嫡男としてのプレッシャーを背負いつつ、美紗一目惚れする。

御手洗[みたらいかおる](CV:野川さくら)
大の。頭にメジャーのような飾りをつけている。
に一ぼれするものの、原作ではあまり出番が存在しない。典的なお嬢様口調をしている。
アニメでは大のツッコミ役に回る、へ惚れた弱みから御手洗の恩恵? を大に隠れて与える(プライベートリゾートを貸す約束をする、御手洗の入り口の仕掛けを抜けるを通すなど)ところがある。

紗[さしゃ]CV.岡村明美
美紗で、正式に免許を持つ天使美紗からは「さっちゅん」と呼ばれる。
美紗天使昇格試験をサポートするために下界に降りてきた、やや気の強いお姉さん
手厳しい所はあるが、困っている人を見かけたら人助けをせずにはいられない。
悪魔のニャーとはの仲で、遭遇する度に喧嘩になる。

関連動画

関連静画

関連商品

関連アニメ

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 47ななしのよっしん

    2021/12/14(火) 22:01:18 ID: tpzWS4dU2P

    原作美紗太郎の関係が刺さってアニメ見たら全然雰囲気違って絶望したわ
    お子様向けアニメとしてはあれで正しかったんだろうが

  • 48ななしのよっしん

    2021/12/14(火) 22:04:53 ID: tpzWS4dU2P

    アニメ美紗はただのアホの子にしか見えなかった...
    太郎もお子様だし(冷静に考えれば原作はあんな小学生がいるかという感じだし、アニメ版の方が年相応だが)

  • 49ななしのよっしん

    2022/05/04(水) 01:41:23 ID: 3w+b8MzvAO

    久しぶりに読み返した。

    この漫画彼女的な存在がかつての母親的な存在でもあった、
    という設定にずっと気持ち悪さを感じていたんだけど、
    初めから彼女の位置付けではなくて、母親情を直接的に表現する役割として、
    近しい他人として彼女的な立ち位置があっただけであって、
    また、実際の母親がいないコタローくんに対して、美紗亜さんが、母親の、ひいては情が持つ二つの役割を描くものとして、実の代わりに配置されており、
    物語の終盤で、その存在自体はやがて消えてしまうが、存在が消えても残るものがあることが示されている。

    それが最後の「想いのつなぎ方」というタイトルで表されているという、
    家族との別れ、する人との別れなどの離別の悲しみはあるけれど、
    そこに至るまでに注がれた幸福が沢山あったということに
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/02(金) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/02(金) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP