今注目のニュース
危険な所には近づかないで
海岸でいかだの下敷きになった女性の遺体が見つかる(台湾)
兄から結婚相手を紹介された女性 まさかの人物に「認めたくない」と怒り

ぶっかけ単語

ブッカケ

掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ぶっかけとは、「ぶっかける」の名詞的用法であり、「かける」の意味を強めた言葉である。勢い良く「かける」こと。

また生して以下の意味等でも使われる。

  1. うどんの調理法の一つ。ぶっかけうどん
    倉敷のものが元祖とされるが、現在日本で一般的なのは香川のぶっかけうどんである。
  2. 精液を大量にかけることで奮を満たす性的嗜好のひとつ。精子ぶっかけ。

概要

ぶっかけとは勢い良くかけることである。
かけるものは液体であることが多い。

「ぶっかけうどん」とは、それまで冷やしうどん麺つゆにつけながら食べるのが当たり前だったが、勢い良くつゆを麺にかけてから食べるため「ぶっかけうどん」と呼ばれるようになった。

また、アダルトビデオで頻繁に登場する男優女優に対して精子を体に勢い良くかけることも「ぶっかけ」と呼ばれる。精子ぶっかけ。

概要(精子ぶっかけ)

未成年の閲覧注意 この記事の一部にはあんなことやこんなことが書かれています。
この記事を開いたまま席を離れたら大変なことになる可性があります。

でる対精液をかけるという行為は、征感や独占欲といった性的欲求を満たすサディズムな性的嗜好であり、論ぶっかけもこれにあたる。なお、ぶっかけ自体は同じ要素を持つ「顔射」から生したものであり、ぶっかけ描写には顔射がつきもので密接な関係を持つ。もっとも原始的なぶっかけは、対に対し多数の男性が矢継ぎ精液をかけるというものではあるが、近年ではこのスタイルにとらわれないぶっかけも多い。

女優との契約上いわゆる本番が出来ないアダルトビデオの場合だと、牛乳ヨーグルトなどで精液を代用する場合がある(=擬似ザーメン)。これは顔や体などにかけてぶっかけを再現することも多い。また、非18禁アニメ漫画の場合でも、このような精液ではないけど精液のようなものをかける描写をする場合がある。これはあくまで精液ではないため規制には引っかからないが、見ている側には性行為を彷彿とさせるため、際どさを売りにした漫画アニメではよく使われる手段である。現状男が精液をかける事に必然性はなく、いものがいっぱいかかってればそれだけでぶっかけであると捉えることが出来る。
なお、かける量についてだが、これは個人差がしい。「全身の〇割上精液ならぶっかけ」のような定義はないので、描き手や演出に委ねられることになる。

ニコニコ動画では、釣りサムネにぶっかけられたキャラクターを使用することが多く、コメント内では「なんだケフィアか…」「ケフィアなら仕方ないね」などいったコメントが飛び交う。まぁ実際ケフィアだから何の問題もないね。

なお実際やろうとするととっても大変なので絶対にやめよう。AVの出演者方は特殊な訓練を受けているプロです。

BUKKAKE

実はこのぶっかけ、海外に意図せず輸出されており、「SUSHI」「TENPURA」「FUJIYAMA」などと同じく、日本語がそのまま英語になるというパターンで浸透している。このためアングラ界に多少理解がある英語圏の人間ならば「BUKKAKE」で普通に通じてじまう。また、英語版Wikipediaには「BUKKAKE」の記事が存在するexit

Google検索してみると…

…その割には好みが分かれているようで、「吐き気がする」、「スカトロと同じぐらい嫌い」などの意見もあるようだ。

歴史

をたどると、80年代に一部の顔写モノが「ぶっかけ」などと評されていたようではあるが、普通顔射モノと大差はなかったようである。現在のような全身にかけるタイプのぶっかけは80年代後半~90年代前半にかけての成人向け漫画及び同人誌の影が強いとされる。2次元媒体は男性の人数に物理的な制限がいので、時代が下るたびに顔射から全身へ、かける量は少量から多量へと洗練化されていった。これをアダルトビデオ再現しようとすると、行為をする男優の他に精液をかけるだけの男性が相当数必要になる。これが「男優の誕生であり、彼らを使う事でぶっかけジャンル3次元でも確固とさせることが出来た。

現在では成人向け漫画などの2次元媒体ではもはや欠く事の出来ない域まで達しており、3次元媒体でもぶっかけやぶっかけから生したものなどかなりの数の作品が存在する。

なお、先述の英語版Wikipediaでは「ぶっかけの起は、日本の封建時代に行われた不貞な妻への懲罰にまでさかのぼる」などと一時期書かれていたが、説としては上記のものが濃厚とされる(なお現在削除されている)。

ちなみに欧では「BUKKAKE=日本発」のイメージが強いようだが、ヨーロッパ圏ではそれ以前から顔射などを特に扱うジャンルがあり、その中には現在のぶっかけ近いようなものがあったようである。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP