みおあい単語

ミオアイ

1.7千文字の記事
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

みおあいとは、ゲームアイドルマスターシンデレラガールズ』における
本田未央高森藍子カップリングの呼称である。

概要

この二人に日野茜を加えた3人組ユニットである「ポジティブパッション」が存在し、
トライアドプリムス」「ピンキーキュート」と並び、シンデレラガールズの3属性を代表する属性ユニットとして有名。
みおあいは、このポジティブパッションから生したカップリングとなっている。

二人組としての成立は後述のアニメ版を待たなければならないが、
当然ながら公式での絡みはそれ以前からも多く、シンデレラガールズ劇場はもちろん、
(日野茜を含めた)お互いのカードイラストに写りこんでいたりするパターン過去に幾度も存在しており、
後発のゲーム作品であるアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージにおいても、
子のカードイラスト未央が写っているツーショットが存在したりもする。
また、同ゲーム内の未央ストーリーコミュにおいては、彼女に心から身になり、共感し、励ます子の姿や、
子のストーリーコミュにおいて彼女でたり(?)会議したりする未央の姿が見られる。

ラジオ番組「CINDERELLA_PARTY!exit」においても、二人の絡みを見る事が出来る。
ゲストとしてやってきた子が本番中に眠ってしまい、未央がそれを慌てて支える回や、
未央子を直接紹介する回(あーちゃんは私の癒し、との発言が聞ける)等々。

成り立ち

カップリングとしての本格的な成立は、アニメアイドルマスターシンデレラガールズから。

アニメ版は未央が新人と言う設定なので、未央後輩子が先輩と言う立場
(実際は未央15歳子が16歳の同じ高校一年)となっている。
子がパーソナリティを務めるラジオ番組「高森藍子ゆるふわラジオ」に
ニュージェネレーションとしてゲスト出演した事が最初の接点となっており、
番組内において子が未央達を紹介している。

その後に開されたマジックアワーexit#SPにおいては、
会の川島瑞樹から「最近注しているアイドル」を聞かれた子が未央一人の名前を挙げている。
理由としては、デビューイベントを終え、反省(NO MAKEexit#8にて仲間に内緒で特訓している事が確認できる)と
再出発を胸にレッスンスタジオで一人レッスンを続けている未央を見つけ、
標に向けて頑っている姿を応援したくなったとのこと。

アニメが2クール後半に入り、
突然新たな挑戦に挑みたいと持ちかけてきたに困惑してしまった未央は、
彼女と同じ線に立ってその気持ちを理解しようと思い立ち、
自らも新しい挑戦としてソロの活動、すなわち演劇秘密の花園exit」に挑む事となる。
慣れない演劇世界に対する緊もあってか、当初は稽古に苦戦してしまう未央
そんな未央背中を優しく支える子の姿が見られる。
彼女達の努は、最終話エピローグにおいて流れた舞台本番の大成功と言う形で実る事となった。

二人の関係

なお、未央子を「あーちゃん」、子は未央を「未央ちゃん」と呼び合う仲である。
友人あだ名を付ける事が多い未央だが、普段の作(?)とは異なりストレートな呼び名である点もポイント

明るく元気で、男女わけ隔てなく友達になれる未央
しかし、意外にも恋愛に関しては意外なほど初心だったりする(マジックアワーexit#SP3参照)。
そんな彼女が、自らにとても身で優しく接してくれる子に特別な感情を抱いたら・・・?

他者の笑顔を願う、心優しいゆるふわ少女子。
辛い事を抱え込んでしまいがちな未央を時には支え、
時にはのんびり屋すぎる自分の手を引いてもらったりと、彼女との仲を深めていったら・・・?

彼女達の関係を想像し、日々作品が創作されている(発表の場は主にpixivexit)。
興味をもたれた方は是非覗いて見て欲しい。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/06(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/06(木) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP