みずいろブラッド 単語

27件

ミズイロブラッド

2.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

みずいろブラッドとは、ニンテンドーDSソフトとして2007年6月14日に発売された
即死系ハチャメチャラコメディである。公式ページにそう書かれているんだから間違いない。

概要

無限に広がる大宇宙。そこでは悠久の刻の中で様々なが生まれ、そして消えていった。
銀河系の外れに位置するアルファが、異常な地殻変動の観測データを最後に突然連絡を絶つ。
その日をに、周囲の惑星も相次いで連絡を絶っていった。ただちに調のため、UGSF派遣された。
そこで遭遇したものは、人類にとって最初の「敵」であった。 それは、大小数の戦闘機械としてしか存在しない、
機物で構成された生命体、「生きた兵器ライフ・ウェポン)」だったのだ・・・

公式ストーリーより引用

そしてそんな宇宙の事情とは全く関係なく、ブラッド学園に通うみずいろちゃんの生活ミニゲームをしながら見ていくという、極めてゆるいゲームです。

内容は、一言で言ってしまえばミニゲーム集である。それもそんなにバリエーションが多くない、乱暴に言えば"子供向けを地で行くような"デザインとボリュームとなっている。しかし所々に散りばめられたあからさまなパロディや、要所で炸裂するブラックユーモア子供向けとは程遠い狂気を感じるものである。人によっては単なるつまらないゲームとか評価されても仕方のないものであろう。しかし、このゲームの本当のテーマはそんなおちゃらけたものではなかった。

特に終盤は。

愉快すぎて反応に困る仲間達

他、チョイ役多数。

「UIMS」という存在について (←ネタバレ反転)

Unknown Intellectual Mechanized Species、通称UIMSと呼ばれるそいつらは、生きた兵器である。実はこの存在は公式ページの「ゲーム」で見れるストーリー冒頭の説明でめかされていた。このゲーム公式サイトから行けるブログを熟読すればこのUIMSがどういう存在なのか、いは「UGSF」について知っているという人間であれば多少はどういうものなのか理解できるはず。

ちなみに、UGSF公式サイトには「オペレーション・ドレッドノート」として今回の話の末がられている。

ゲーム中は多くはられなかったが終盤でみずいろちゃんが乗ったロケットに「UIMS」と描かれていた。

ゲーム内容

んなこたぁどうでもいいからミニゲーム内容を教えろという人もいると思うのでここに紹介する。

これら3種類の操作で結構な数のミニゲームをこなす。簡単なようで結構難しい。
中には太鼓の達人ミニゲームも用意されていて、「ドキッ!新曲だらけの祭り」(2代目)のOP「太鼓ラブ」(インストゥルメンタル)が演奏できる。後に太鼓の達人DSの2作にてこのゲームのED曲が採用された。 

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
WhiteCUL[単語]

提供: mochachip

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/23(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/23(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP