今注目のニュース
ほんやら堂は8月20日(火)から新仕様の「大臣靴下」を販売しています
クルマOKバイク不可の通行規制、実施箇所が大幅に減っているワケ
タカアンドトシ・トシさんの画像が生理痛に効く?全女性に朗報の都市伝説が流行中

ものまね士単語

モノマネシ

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ものまね士とは、ゲームファイナルファンタジーシリーズに登場するジョブ職業)の一つである。
作品によっては「ものまね師」「ものまねし」とも書くが、「ものまね士」がやや多い。

概要

FF5FF6FFTDFFに登場する。

他のキャラクターの行動を真似する事をとしたジョブであり、上手く使えば特定キャラしか使えず消費も多い強な攻撃を連発する事が出来るが、自分からは何も出来ないなど玄人向けの要素が強い。

デフォルト状態では「ものまね」以外の特徴を持たないが、代わりにプレイヤーなどをカスタマイズ出来る事が多い。
使い勝手は作品によって大きく異なり、かなり高いものもあれば使いづらいものもある。

ジョブチェンジシステムを持つブレイブリーデフォルトではジョブとしては存在しないが、すっぴんジョブレベル14でアビリティとして修得できるが、他のジョブレベル14に達するには5000ジョブポイントが必要なのに対してすっぴんだけは9999も必要となる。おそらく下記のFF5の項でのアビリティ修得に必要な数値を踏襲したものとみられる。

ファイナルファンタジーV

ものまねしゴゴ

物語後半になってから、とある場所にいる「ものまね士ゴゴ」に勝利すると入手出来るジョブ
一応、ストーリーでは2番に入手するクリスタルジョブであるが、最初の段階ではクリスタルのかけらをを回収し損ねてしまう為、入手は第三世界に入ってから、没したウォルスめて侵入して入手することになる。
本作一の隠しジョブであり、他のジョブべて扱いが特殊である。姿はすっぴんマントを追加したものになる。

アビリティはLv1の「ものまね」1つのみでマスターとなり、必要AP999
アビリティの「ものまね」は、1つ前に行動した味方キャラクターのとった行動をそっくり真似る。攻撃でも魔法でもアイテムでも、例えその時自分が使えない魔法であっても全く同じ行動を繰り出す。
ものまね」によって繰り出された攻撃は、魔法ならMP消費しで、アイテムなら該当アイテムの消費をする事ノーコストで繰り出される(例外あり)。そのためうまく使えば極めて強
ちなみに戦闘開始直後に、「前の順番のキャラ」がも居ないときにものまねをすると何もしない。

特筆すべきはアビリティそのものよりジョブの性質のほうで、すっぴんと同じように「マスターしている他のジョブステータスジョブ特性を全て受け継ぐ」という特性を持っている上、固有コマンドの「ものまね」が「たたかう」の代わりにコマンドの1番上に来ており、2~4番が全てアビリティセット出来る欄になっている。
そのため、最終的にはすっぴん同様の最強すっぴんえるカスタマイズ性を誇る。
ただし、「たたかう」「アイテム」等の基本コマンドアビリティ扱いになっており、アビリティ画面でセットしないとこれらのコマンドも使えないという点には注意が必要。

最終的にはすっぴんと並ぶ最強ジョブであるが、何でも装備できるすっぴんと異なり武器は大したものは装備できないため、物理攻撃を重視するなら武器が強いすっぴん魔法メインに戦うならアビリティが多いものまね士が最終ジョブとなることだろう。

ファイナルファンタジーVI

物語後半で仲間に出来るキャラクター「ゴゴ」のジョブ
FF5のものまね士ゴゴとの関連は不明。装は似てるけど。

基本的にFF5のものまね士と同様である。
FF6にはアビリティシステムは存在しないが、ゴゴのコマンドFF5同様に3つ欄になっており、他キャラの固有コマンドアビリティのように自由セット出来る(一部例外あり)。「たたかう」などの基本コマンドセットしないと使えないのも同様。

FF5と違う点としては、ゴゴは魔石を装備出来ず自での魔法習得が出来ない。その代わり、パーティ内にいるキャラクターか一人でも覚えている魔法は全てゴゴも自分の魔法として使える。その魔法を覚えているキャラクターパーティからいなくなったら忘れる。
また、ジョブ特性に相当するものが存在しないため、FF5の「他のジョブ特性を引き継ぐ」と言うは実質消滅している。「かばう」など、一部のジョブ特性アクセサリーの効果として存在するが、パーティ内にそのアクセサリーを装備しているキャラクターが居ても真似する事はい。

FF6にはジョブチェンジシステムいため、上記の特徴を有するのはゴゴ一人だけである。そのため極めて高い汎用性を遺憾なく発揮する事が出来、使い勝手の良いキャラクター
デメリットとしては、ゴゴ自身のステータスはお世辞にも高い方とは言えず、魔石を装備出来ないせいでレベルアップによるステータスの上昇も見込めないため、基礎で他キャラに大きく劣ってしまう事。そのため特化したパーティを組む人からはお呼びがかからない事が多い。

1戦1回しか使えないのに成功率の低い魔石「ラグナロック」を物真似し続ける事が出来るため、アイテムコレクターには用されている、かも。

ファイナルファンタジータクティクス

アイテム士Lv8・見習い戦士Lv8竜騎士Lv5士Lv5・召喚士Lv5・話術士Lv5チェンジする事が出来る様になるジョブ
FF5FF6のそれと基本的に同じもの…のはずだが、性質的には逆方向と言ってよいほど変わっている。

有能として「ものまね」を持つという点こそ同じであるが、

「色んなカスタマイズが出来るが本体は弱い」と言う今までのものまね士とかなり異なっており、基本的にものまね専用である。

その肝心のものまねも、「位置関係まで真似てしまう」(FFTシミュレーションRPGであり敵との位置関係も重要になる)、「固有ジョブの技は真似られない」(固有ジョブ特定キャラのみ就く事が出来るジョブ)など制限が多く、玄人向け過ぎるキャラクターとなっている。

ディシディア ファイナルファンタジー

ディシディアでは、登場キャラの一人・バッツの所持ジョブとして抜されている。
コスモス営の他キャラクターの技を真似る。

従来のものまね士と大きく異なる点として、真似るのは「直前の味方の行動」に限らないと言う事。
真似る技はいつでも任意のタイミングで、普通に自分の技として発動できるため自由度がかなり高い。

また、ものまね士といえば「装備制限がきつめ」なのが常であったが、バッツは逆に技を真似る関係からか、ガンブレードなどの他キャラ専用装備も装備出来るようになる。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP