りり単語

リリ

掲示板をみる(73)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(14)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
曖昧さ回避 曖昧さ回避
当記事ではあるファミコンソフトに関する情報を記述しています。
他の「りり」については、
カタカナの「リリの記事を参照してください。

りりひらがな)とは、徳間書店(旧:徳間書店インターメディア、通称:TIM)の発売したファミコンソフトゴーストバスターズ」のエンディングに表示される文字列である。
なお当ゲーム本編の内容については「ゴーストバスターズ」の記事を参照。 

前述の通り、「りり」のたった2文字だけがエンディングメッセージである。
ゲームシステムな上に酷いゲームエンディング」という隠語としてもり継がれることもある。

それ故に、最近リリースされた新作のほうの「ゴーストバスターズ」の動画にも何故かコメントされることもある。

1249

ゴーストバスターズ
(わーい、勝ったー)

概要

VIP先生にそっくりなラスボス「ZULL(?)」を倒したら暗転したままBGMが流れ、
しばらくすると、左下から「りり」の文字ゆっくりとあがってくる不可解なエンディング

ゲーム界で、ありえない不可解なエンディングとしてり継がれている。
IOSYSの「HVCファミコン放送局」では、「画面の故障ではありません」とテロップまでされたほど。

「りり」は、を表現しているのではないかと言う噂もあった。

だがその相は、プログラムミスであったようだ。

解析によって「プログラムミスにより正常にエンディングメッセージが表示されず、 かなりの時間を置いて「りり」のみが表示される事態となった」という事実が判明している。とある箇所をわずかに書き換えるのみで正常にエンディングメッセージスタッフロールが流れることを実した動画も作られている。

ファミマガのプレゼント企画

なお、当時ファミマガ(正式名称はファミリーコンピュータMagazine。かつて存在した徳間書店刊のゲーム雑誌)とのタイアップ企画で、この「りり」というキーワード徳間書店に送ると、ゴーストバスターズグッズが貰えた……という噂もあった。

例えば2004年に、インターネット掲示板サイト2ちゃんねる」(2020年現在の「5ちゃんねる」)の以下のスレッド掲示板)において、「徳間書店プレゼントキャンペーンパスワードだったような」といった内容の書き込みが確認できる。

しかし、そういった断片的な情報を元に国立国会図書館にまで足を運んで、収蔵されている当時のファミマガに掲載された「ゴーストバスターズ」の記事を見て回ったにも関わらず該当のキャンペーンは確認できなかった、という調報告を行った2016年ブログ記事もあった。

そのため、確固たるソースの存在しないガセ情報であるとも見られていたが……。

2020年7月18日YouTubeチャンネル「4ST」exit(よんすた)が行っていたライブ配信のチャットにおいて、「その企画が載っているのはファミマガの1986年11月7日号」という視聴者からの情報が寄せられた。スーパーチャット(有料で立つコメントにする機コメントだったので立ち、配信者にも止まった。

そこで配信者が所有する1986年11月7日号のファミマガで確認するも、なかなか発見できない。しかし、さらに同じ視聴者から「「ハイスコアルーム」のページにその企画の記事が載っている」との追加のスーパーチャットも寄せられ、ついに該当の記事が見つかった。

その「ハイスコアルーム」のページの片隅には確かに、「ゴーストバスターズクリアすると秘密のパスワード(※「りり」のこと)が表示される。このパスワードを送ると、徳間ソフトから抽選で300名の方にファミマガ特製テレフォンカードプレゼントする」との内容が記された小さな囲み記事が存在していた。

なお、この囲み記事の掲載位置から、上記の2016年ブログ記事主がこの記事を発見できなかった理由も導き出される。ブログは当然プレゼントキャンペーンは「ゴーストバスターズ」の特集記事内で告知されていると想像してそういった特集ページの中から探していたが、実際には全く関係がページの片隅に乗っていた小さな囲み記事だったためだ。

この情報提供した視聴者は「takapoo ミュージアムexit」というウェブサイトからこの記事の情報を得たとのこと。たしかに同サイト内のファミマガ1986年11月7日号を扱ったページexitにおいて、

この号のハイスコアルーコーナーにて「ゴーストバスターズ秘密のパスワードを探せ!」という企画があり、ゴーストバスターズエンディングに表示される「りり」という2文字を探すプレゼントつきキャンペーンが行われている。

との記述がある。

こうして、ガセ情報ではかったと判明した。この検証経緯はその後、同チャンネルによる下記のYouTube動画にもまとめられている。

「じゃあプログラムミスではなく意図した仕様だったのか?」という疑問もわいてくるが、上記の動画内では「おそらく、プログラムミスをしてしまったがそれを認めたくなかったので、後からキャンペーンだということにしてごまかしたのではないか」と推測されている。

秘密のメッセージを表示したいだけならそうプログラムすればいいわけで、あえて正常なスタッフロールエンディングメッセージを犠牲にするような妙なプログラムにする意味などなく、たしかに「意図した仕様です」というには苦しい。

海外版では・・・

海外版では前述のバグが修正され、「りり」ではない正常なエンディングメッセージが表示される。

内容は初歩的な英語ミスが多く、以下の動画AVGNが丁寧に赤ペン先生してくれています。
「りり」2文字だけの日本メッセージ較すれば、まだ羨ましいと思うよ。わーい負けたー!
なお、実はこれでも日本版で本来表示されるはずだったメッセージから修正されている。GRATEとなっていたのがGREATと修正されているのだが、なぜ他の部分も校正しなかったのだろうか。

関連動画

ネタにされた動画

関連商品

関連語句

この記事を編集する

掲示板

  • 71ななしのよっしん

    2021/01/06(水) 03:31:00 ID: zm5iuoD71s

    そもそもない事の明は不可能だが逆は簡単。
    要するにでもソースが分かる形で出典を示さなかったのが悪い。

  • 72ななしのよっしん

    2021/05/06(木) 03:51:48 ID: iD+igj5EwU

    しかし当時の雑誌を丁寧にとっておくというのも子供には理でな……
    DQIIの没敵「まだらくも」({まだらぐも」だったかな)を
    ファミマガかヒッポンでみたことあると言っても「それいつのだよ」といわれたら
    はっきりとは覚えてないとしか答えようがないからなぁ
    後に国会図書館かどこかに取材に行った人がその記事見つけて
    判明したというニュース見たときはちょっと感動したぞ

  • 73ななしのよっしん

    2021/05/23(日) 12:25:36 ID: rDpGOt4+Hh

    すげーな・・・ 結局「りり」がプログラムミスであることをつきとめ、 
    長年デマと思われていたファミマガのプレゼント企画も本当にあった訳だ・・・


    解析解明に関わった人達本当にお疲れさまでした。 ちょっとした感動モノだわ本当に。

    しかし不具合を誤魔化すためにプレゼント企画にするって後年のボンバザルでも同じ事あったな
    (絶対クリアできない面があるのでそれを当てる)

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/06(金) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/06(金) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP