りん(ケムリクサ)単語

リン

2.3千文字の記事
掲示板をみる(99)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(13)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

りんとは、アニメケムリクサ」の登場人物である。
この記事では特筆がければテレビアニメ版について扱っている。自主制作アニメ版については「ケムリクサ」の記事を参照。

概要

声優自主制作アニメ版が琥遥ひよりテレビアニメ版が小松未可子
自主制作アニメ版での表記は「」。物語の中心人物。

"さいしょのひと"から生まれた姉妹の一人。一人称は「私」で、髪型は上向きのポニーテール
テレビアニメ本編の配信・放送に先駆けて開されていた趣味のアニメexitの各話にも登場しており、0.5話exitでは半袖の軽装をしていたがスカート髪留め手袋マフラーと言った装飾品が増えていき、また、それに伴い袖や裾が伸びている。

りつりなと共に生まれ故郷の一に留まってを探す生活を送っている中でわかばと出会い、紆余曲折を経て再び立つ決断をした。

他の作中の登場人物が全て何かしら持っている『好きな物』を一持っておらず、他人の心配ばかりをして生きている事を全く楽しめてい事を他の登場人物から気に掛けられていた。

人物

とした振る舞いのしっかり者で、責任感が強く姉妹の安全の事を第一に考えている。
しかし以前は臆病でよく泣いていたようで、理をしているとも評される。
事実漫画ケムリクサ わかばメモ」では姉妹を失いそうな状況でを浮かべているのが描かれており、心情が顔や態度に出やすい元来の性格が伺える。

りょう付きの頑丈な体と強さを持ち、建物を渡るジャンプや岩を砕くパンチなど驚異的な身体を見せる。みどりケムリクサを撃ったりブレードにして使いこなしてと機敏に戦う。現在の一行のである一方、戦としてはりょうの方が強かったらしい。
自分の"葉"に加えてりょくの"葉"とさいしょのひとの"記憶の葉が"体内にあり、"視覚"のを持ち遠くの物が見えたり色を識別する事が出来る。

姉妹には甘い一方でわかばへの警は強く厳しい態度をとっている。
わかばを見たり会話していると胸元がどくどくし赤面してしまう現に見舞われており、りょくに存在を聞かされていた""の仕業だと考えている。わかばく、顔をあまり合わせてくれない。
とは言うものの、わかばが来てからは顔が柔らかくなり、りつからは""ではなく""だったのかもしれないと摘されている。最初の頃は"記憶の葉"を体外に出すと少し収まっていたそうだが、途中からはもう変わらないようだ。
シロ達に頭が固いと言われたりおこりんぼと言われムッっとする事も。

元々はわかばと同じように知らない所を探検するのが好きだったが、その中での辛い出来事を経ていつも気をり詰めるようになっていった。自身の選択で姉妹の命運が決まる立場である為、身動きが取れなくなる事もあったが、わかばをきっかけに変化が見られるようになる。
での束の間の安寧が覆され岐路に立たされた際に、りんのしたい事を問われ「姉妹を苦しめる赤霧の原因を突き止め何とかしたい」と言う本音を打ち明けた。それを受け入れ同行を決める一行と共に新たな決意を固めた。
りつとりなに未来を託され歩みを進める中、い木との戦いを前にしてわかばの提案を受け入れ"記憶の葉"の秘密に迫り、さいしょのひとことりり的を知った。

戦いを終えるもを使い果たしてしまっており、穏やかに終わろうとするが、の果ての先に広がる大量のの溢れる未知の世界を発見し、わかばの前で大粒のを見せる。
姉妹達の促しも経て新たな好きを自覚したりんは、わかばに自らの好きを告白した。

反応・小ネタ

趣味アニメにて、登場しなくなった姉妹が身に付けていた物と似た装飾品をりんが身に着け始めている事が着されると、りょくスカートはりんに剥ぎ取られたと言う解釈が見られるようになった。
なお、実際はりょくスカートを始めとする居なくなった姉妹の持ち物と増えていったりんの装飾品はデザインの相違が見られる(モデルデザインが変わった可性もあるが。)。りくのマフラーは全体の色が違っており特に分かりやすい。
ちなみに最初期に開されたビジュアルだとマフラーの色が異なっていたexit。また、コミックマーケット94にてグッドスマイルカンパニーから販売されていたアクリルキチェーン等では漢字で「」と言う表記だった。

テレビアニメ版の1話が開されると、自主制作アニメ版ではクールキャラの印が強かった事もあり、それまで見られなかった予想外な一面が注を集めた。

2019年2月にはケムリクサキャラクターとして初のねんどろいど化を果たし、彩色原型が公開されたexit

その後、りんの髪型サツマイモに見えると言う「おいもネタ」が何故か台頭すると、irodori公式アカウントが反応を見せたexit。また、ブルーレイ中巻の発売時には尻尾のように動く動画投稿された。

関連動画

関連静画

関連立体

関連お絵カキコ

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 97ななしのよっしん

    2019/08/17(土) 17:50:00 ID: ngaNSIhZSv

    今思うとさ、序盤のリンって記憶ケムリクサを体から離したら治まるって言ってたから、
    絶対にリリ記憶によるものであって、リンが本当のにさらされたのは7話以降じゃないかって・・・

    ぶっちゃけリンは序盤の方はも信じてなかったほど荒んでたと思うんだよね
    一緒にいるはずの姉妹にも死という形で裏切られてさ
    も信じられないから、どんなに自分を犠牲にしてでも敵の可性になる全てを排除するしかないって考えだったんだともうわ

    こう考えると、いろいろ個人的には合点がいくんだよね

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 98ななしのよっしん

    2020/01/08(水) 07:19:31 ID: 3zuUF6/Dio

    唐突にりんの第六感(=心)説を思いついたのでおおざっぱぁ!(りょく感)に書いてみる。
    根拠はめっさ少ないし薄いしみんなご存知なんだけどね
    あともしかしたらうろ覚えかも

    1.昔は泣き
    2.同じく昔はわかばのように好奇心旺盛だった
    3.そこから悲劇の繰り返しによって他の姉妹より明らかに心情(テンション)などが変わっている
    4.一話から十二話までのV字回復(もっともメインキャラだから普通か?)

    ……と、心理描写(や心理に関する情報)が恐らく一番強いのではないかと。
    とっくの昔に出てる考察な気がしないでもないけど、思いついてしまったので念の為ここで吐き出しておくよ

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 99ななしのよっしん

    2020/01/08(水) 07:25:55 ID: 3zuUF6/Dio

    ごめん>>79とその前後で出てたので忘れてくれ

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/04(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/04(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP