今注目のニュース
JR山手線、全駅の発車標で「待ち時間」表示へ 「約○分後」と分かりやすく通知
大相撲を生で見たことある? 観戦経験者は少数派だが実際行ってみると…
5880グラムの赤ちゃん誕生に母は「まるで小さなお相撲さん」と驚愕(豪)

わたし(人類は衰退しました)単語

ワタシジンルイハスイタイシマシタ

掲示板をみる(59)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

わたし(人類は衰退しました)とは、田中ロミオライトノベル、またはそれを原作としたアニメ作品「人類は衰退しました」に登場するキャラクターである。

CV.中原麻衣

概要

主人公にして、物語り手。

生徒数の減少により校になってしまった人類最後の教育機関「学舎」の、最後の卒業生の一人。卒業後に「国連調停官」として、故郷のクスノキの里に赴任してきた。他人からの呼ばれかたは

など。名前は設定上存在するが、作中には登場しない。これは彼女だけでなく、本作の要登場人物どに言える。

容姿・性格

明るいオレンジアニメではピンク色)のロングヘア170cm以上の長身。十歳を前にして学舎に入学し、10年以上そこに在籍して卒業したので年齢はおそらく二十代前半。見たの印は「深で薄幸で失意の嬢」(本人談)だが、祖く「深のご嬢に足る秘性がスッポリ抜けている」「俗物」。これは親しい人間ならわかってしまうらしく、悪友のYをして「歩く詐欺」と言わしめた。
少々高すぎる身長と太めのは本人も気にしており、についてはそれを摘した祖に「看取りませんよ?」と発言している。
「学舎」を最終学年まで修めた、人類最後の学位持ちの一人(生徒数の不足により校になってしまったため)。ただし人類が衰退するとともにカリキラムも以前より減っているため、彼女く「ゆとり世代」。

性格はおとなしめで人見知りしいが、親しい人の前では割とズケズケと言うタイプ

人見知りに関しては、両親に々に先立たれたこと、いきなり遠い全寮制の学舎に放り込まれたことによる影が大きい。慣れた環境に他人が入ってくるという状況が苦手で、特に歳が近くて異性だと顕著(学舎は共学だったが、少子化社会ゆえ一番歳が近い異性で4つ下、しかもその子たちと染むのにも数年を要した)。男性には全く免疫がなく、少年セクハラされた時にはしばらく固まってしまっていた。
もっとも、人見知りに関しては祖の上の形をとったスパルタ式人付き合いのお陰で善されつつある。赴任した初期の頃は突然の来訪客に対してほとんど片言でしか応対できない程、重度の人見知りであった(学舎は外部の人の出入りがかったので問題なかった)。
もともと身体は弱めだったが、何度も否応なく務やサバイバルをこなした結果、心身ともにかなりたくましくなりつつある。

特技はお菓子作り材料集めを含む作り方を、ほぼ独学で習得した。その技術はサークル仕事で存分に発揮されている。しかし料理の腕はイマイチ

国連調停官

調停官とは、国連調停理事会による旧人類である人間と、新人類である妖精さんの間を取り持つ夢の架け轢を解消するために発足した役職である。発足当時はデリケートな難しい問題もあったものの、現在ではほぼその役を終えている。妖精さんは基本的に人間のたくさんいるところに姿を現さず、かつ人間に対して非常に好意的なので、こちらが干渉しなければど摩擦自体が発生しないからである。要するに現在は閑職であり、本人の意思次第で怠けようと思えばいくらでも怠けられるらしい。
わたし」は普段は妖精さんに手製のお菓子を振舞っているだけだが、妖精さん絡みと思しきトラブルにはそれなりにに取り組んでいるようである。そのおかげで、「よくわからない問題はとりあえず調停官事務所に相談する」という認識が里に広まっているようだが。

他の主な登場人物との関係

祖父

わたし」の祖々に両親をなくした「わたし」の一の親で、幼少期は彼のもとで育てられた。当時の彼の教育方針は償必罰のスパルタ式だったため「わたし」にとっては辛いこともあったようだが、それでも信頼はしていたらしく「学舎に入れられた=を追い出された」ことは子供心に非常にショックだったようで、入学した当時の「わたし」は心を閉ざした悲観的・厭世的な子供だった。
しかし現在では彼がそうした理由も彼女なりに理解しているようであり、概ね良い関係を築いている。「わたし」が泥をかぶった事件の際にも上への報告書内で彼女を責めつつも全っていたり、彼女が理不尽な要に反抗して殴られそうになった時にそれとなく威嚇射撃…もとい「が暴発してしまった」りと気遣いがる。ツンデレ
どうやら「孫は距離感がつかみにくくてあまり可がってやれなかった」らしい。もっとも、「うちの孫は褒めるとつけあがり、スパルタ式で伸びるタイプ」とも言っているが。
趣味人であり仕事をしている描写はどないが、妖精さん謹製の知を数値化できる具によると、才媛であるはずの「わたし」の4倍近い数字を弾きだした。これはカリキラムや才の違い以上に年の功が効いているのだろう。「学者先生」と呼ばれているだけのことはある。
わたし」の食事は彼が作っている他、裁縫で「わたし」のを繕っているシーンも。

助手さん

調停官事務所で助手として働いている無口少年。よく勘違いされるが、「わたし」の助手ではなく「祖」の助手である。しかし、最近は祖が「わたし」に仕事をよく丸投げするため実質「わたし」の助手のようになりつつある。ちなみに、「わたし」が赴任するより前から働いていたため「わたし」にとっては職場の先輩に当たる。
男性に全く免疫がない「わたし」でも、少年だからか助手さんにはあまり抵抗がないようである。「わたし」にとってはのようなものなのだろうが、どうやら向こうにとってはそうではいようで…

妖精さん

人間に代わり支配的種族となった、お菓子人間さんと「楽しいこと」をこよなくするの新人類。「わたし」の職業「調停官」は、人間と彼らの間を取り持つ仕事である。前任者たちのノウハウなどがゼロの状態から仕事を始めたため、最初の頃は割と落になっていない事態に陥ったりしていたが、それらにより身につけたたくましさや機転を徐々に発揮しはじめている。
わたし」は日常的に妖精さんお菓子を振舞っているため、忘れっぽい彼らの間でも彼女は有名らしい。その魔法じみた技術を駆使して様々な「楽しいこと」を引き起こすため「わたし」にとってはトラブルメーカー、しかし自分のではどうしようもない事態を打開する最終手段でもある。

Y

学舎時代の悪友。出会った頃は双方に性格に難ありなおかげで反しあっていたが、とある出来事をきっかけに同盟を組む。Yの秘密を握っていたため「わたし」優位の付き合いだったが、現在ではYはその秘密をおおっぴらにするどころか巨大閥を作るまでに上り詰めたため、この伝家の宝刀はもう機しないと思われる。
この世界では交通手段や通信手段も衰退しているため離れ離れになった友人とはもう会えないのが普通だが、Yは国連ヒト・モニュメント計画関係の仕事に就いた影クスノキの里で働くことになったため、思いがけず再会することとなる。

関連動画

関連静画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP