今注目のニュース
夜回り先生「もう、疲れました」サイト閉鎖へ 「何人が私の本を読んでくれているのか」――ネットで心配の声も
微笑ましいスキンシップ! 『胸合わせ』のイラスト詰め合わせ
「いらすとや」検定…? ありそうでない、なさそうである選択肢から“本当にある”イラストを当てる謎ゲームが誕生

アイオワ級戦艦単語

アイオワクラスバトルシップ

掲示板をみる(165)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

 アイオワ級戦艦とは、米海軍が第二次ロンドン軍縮会議エスカレーター条項に従い、条約の基準排水量限界45000トン口径限界16インチの範疇で計画を策定。日本の新戦艦大和)へ優れた機動性を用いて対抗、撃滅することを的に建造された。同艦はネームシップを含め4隻。現在のところ米海軍最後の戦艦であり、さらに歴史上最後に退役した戦艦である。

コンセプト

 重量1.2トンの重徹甲弾を高初速で発射できる50口径16インチを搭載。最大速度駆逐艦並の33ノットを誇るなど、それまで米海軍に不足、あるいは欠落していた本当の意味での高速戦艦である。金剛上位互換とも言える性だが、実際の的は後の大和への対抗だった(諸外大和は16インチ戦艦と誤認されていた)。

 その高速性と長い航続距離から、空母機動部隊の直衛に最適な戦艦との評価を受けることもある。しかし実際には、米海軍は純然たる水上打撃戦に用いる予定で、機動部隊の護衛を行った回数はさほど多くない。空母戦艦ということなる操特性の大艦を組ませた場合、運用面でかなりの阻が生じるからである。

 偽は不明だがマーク・ミッチャー提督などは「機動部隊に戦艦の護衛は邪魔」と、寧ろ小回りの効く巡洋艦駆逐艦を大量に護衛につけることを望んだともいわれる。

 なお、金剛の機動性に対抗するため生まれた戦艦だという説がよく言われているが、アイオワ級戦艦の設計当時アメリカ把握していた金剛の最大速度は26ノットであって、これならノースカライナ戦艦でも対抗できるレベルだった。金剛の最大速度30ノット以上だという事実アメリカが知ったのはソロモン戦が終わった1942年12月で、すでに1番艦アイオワの進了した後である。

技術的特徴

 の意味での高速戦艦となるべく、他では到底量産できない高圧蒸気駆動系、実に出212,000を搭載。その上で巡洋艦並みに細長い船体を有しており、全長だけであれば大和戦艦を上回る。ノースカライナ級やサウスダコタ級では高速航行時に異常振動発生したがアイオワ級では前二級のような振動問題は発生せず、安定して30kt以上を発揮できることは大きな進歩だった。

 かつてダニエルプランで計画されたレキシントン巡洋戦艦以来、実に20年以上ぶりにアメリカ海軍は、最大30ノット以上の高速戦艦を建造、配備することに成功したのである。

 には「Mk7」50口径16インチを3連装3基9門搭載。対艦戦闘の場合、重量1.2トンえる重徹甲弾を、概ね標準的な初速で射撃可大和戦艦、あるいは近代装後の長門戦艦などのヴァイタルパートを除けば、ほぼ全ての水上艦を破壊できる威を持つ。上記のコンセプトから5インチ両用40ミリ機関てんこ盛りである。

 往々にして「自艦耐久出来ないので巡洋戦艦」という評価も受ける。それは間違ってはいないが、アイオワ級は舷側、甲共に相応の重装甲を有していること、米海軍のダメコンノウハウを考えれば、実質的に歴とした戦艦である。寧ろ彼女の敵は、敵弾よりも細長い船体により、悪の影を受け易いことだった。

 英国海軍戦艦ヴァンガードと共同行動を行った際、悪に見まわれ、ヴァンガードの倍以上もの傾斜に見舞われたこともあるといわれる。パナマ運河の制限33mという細い全幅、270mに達する全長は高速発揮には最適だったが、悪への耐久性という面では、かなり難物であった模様である。

 以上の要素を鑑みるに、アイオワ級は悪という敵を抱えているものの、当時としては世界高速戦艦と評価して差し支えない。彼女に総合で対抗、あるいは優越できそうな戦艦大和戦艦。あるいはペーパープランで終わったような各試作艦程度しか存在していないのである。

戦歴

 太平洋戦争では々しい水上打撃戦には恵まれなかったが、空母機動部隊の前衛や直衛に活躍。3番艦「ミズーリ」が、東京湾で降伏条約調印の場となったのは、あまりにも有名な歴史事実である。

 その後は朝鮮戦争ベトナム戦争などの地域紛争に参加。海兵隊や陸軍の支援として、艦砲射撃に従事。特に海兵隊からは、自らの背後に圧倒的な破壊を持つビッグガンが存在する、その安心感から非常に好評を得ていたとも言われる。その後暫くは現役、あるいはモスボールの間を行きつ戻りつしている。

 そんな第二次世界大戦の遺物が、最後の脚を浴びたのがレーガン政権時代である。600隻艦隊構想に従い、トマホークミサイル運用を始めとする、かなり大掛かりな近代装を4隻とも実施。レバノン内戦や湾岸戦争で、ミサイル攻撃や艦砲射撃で活躍している。戦艦という軍艦が、最後に経験した大掛かりな実戦であった。

退役後

 しかし、冷戦崩壊による軍縮、そして50年近い艦齢による老朽化には勝てず、1990年から1991年にかけて、相次いで4隻とも退役。現在は全艦が博物館、記念艦として保存されている。日本から一番手軽に見学できるのは、ハワイ珠湾で記念艦となっている「ミズーリ」であろう。近年は映画バトルシップ」の役としても活躍した。

 工した当時は、既に最大のライバルである日本海軍は衰退。戦艦重巡洋艦という艦艇の時代は終末を迎えており、ある意味では不遇な、しかし海兵隊などからは退役直前まで絶大な信頼を寄せられ、現在は全艦が穏な余生を送るなど「船舶」としては幸福な生涯に恵まれたといえる。

大和型戦艦との比較

 共に日最強戦艦ということで、往々にして大和戦艦戦闘になったら、そのようなシミュレートは枚挙にいとまがない。戦は戦艦という一つのファクターだけでは決まらないため、一概には言えない。但し正面切った戦闘となった場合、火力、装甲ではかなり劣後しており、大和も言われるほど機動に劣るわけではないので、不利ではあろう。

 しかし大和戦艦が第一艦隊の。つまり従来のドクトリンの延長線上にあるのに対し、アイオワ級は米海軍に「高速戦艦」という、それまで存在しなかった新しい付加価値を与えたことにこそ、大きな意義がある。その上で最強ではなくとも、戦艦として高準なバランスまっていることから、「兵器」としては大和よりも優秀とも言える。

 特に電子装備に関しては泥の差がある。当時の技術ではマイクロ波レーダを搭載していても、必ずしもFCSと連動してはおらず、人間情報方位盤に直接入しなければならない。そのために、戦後イメージほどは命中精度は上がらないなどの事実はある。しかし情報収集に優れ、先手を打てる可性が高いというのは大きな強みである。

同型艦

艦番号 艦名 起工 就役 退役 現在
BB-61 アイオワ
Iowa
1940年
6月
1942年
8月
1943
2月
1990年
10月
カリフォルニア州ロサンゼルス港で記念艦として開中
BB-62 ニュージャージ
New Jersey
1940年
9月
1942年
12月
1943
5月
1991年
2月
ニュージャージー州カムデンのホーム・ポート・アライアンスで記念艦として開中
BB-63 ミズーリ
Missouri
1941年
1月
1944年
1月
1944年
6月
1992年
3月
ハワイパールハーバーで記念艦として開中
BB-64 ウィスコンシン
Wisconsin
1941年
1月
1943
12月
1944年
4月
1991年
9月
バージニアノーフォークナショナルマリタイムセンターで記念艦として開中
BB-65 リノ
Illinois
1942年
12月
- - - 1945年8月12日建造中止
BB-66 ケンタッキー
Kentucky
1942年
3月
- - - 1945年8月12日建造中止

関連商品

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 163ななしのよっしん

    2018/07/20(金) 23:26:38 ID: uvfvWmQ6Gv

    >>161
    まあつまりだな

    アイオワ級は所詮巡洋戦艦でありサウスダコタ級のほうが大和ライバルにふさわしい(キリッ

         /_ノ  ヽ、_\
     ミ ミ ミ  o゚(()) (())゚o      ミ ミ ミ   <だっておwww
    /⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)   
    | / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //       
    | :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/      
    |     ノ     | |  |   \  /  )  /
    ヽ    /     `ー’´      ヽ /    /
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

  • 164ななしのよっしん

    2018/10/30(火) 19:06:15 ID: YLdZFxGEiw

    >>161
    アイオワ位になると、被弾面積って視できない要素ではあるだろう
    なんせ、もっとも身近な較対サウスダコタ207m)の3割増なんだし。

    まあ、>>155の「サウスダコタの方が強い」の根拠は、内容読んでると分かるんだが
    命中率を考慮せずに貫通値と防御から安全距離がどれだけあるか、だけで割り出してるので
    サウスダコタの低初速SHSの甲貫通値がやたらと高く評価される、と言うの話
    ただ、その強みが出るのも2万数千m以遠位からの話。当たればギネスに乗る勢いの距離だったりする

    低初速SHSのやたらと高い甲貫通値を出す所以であるなり弾道で、
    そんな距離で命中出せるのかと言えば神業に等しい話にしかならないと思うよ。
    高所速で弾道が低進安定するアイオワの方が当てやすいし、船体が大きいと言う事は射撃安定にも優れる

  • 165ななしのよっしん

    2019/06/27(木) 09:52:00 ID: W50o5iqpey

    短い期間だけど核弾(ミサイルではない)を装備していたと知って
    冷戦ってやっぱ使いのよく分からん珍兵器生み出すんだなって思った

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP