アイザック・ニュートン単語

アイザックニュートン

2.3千文字の記事
掲示板をみる(59)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アイザック・ニュートン(1643年1月4日 - 17273月31日)とは、イギリス数学者、物理学者、天文学者である。

概要

力学の体系を確立し、古典力学ニュートン力学)や近代物理学の祖となった人物。現代の科学技術にも大きなを与えている。

ニュートンの残した特に大きな功績としてあげられるのが、「万有引力法則」と「運動方程式」である。それにより、古典力学確立し、体の運動を解明した。また、それ以外にもライプニッツとは別に微積分を考え付いたり、ニュートン式反射望遠鏡を発明したりしている。

有名な万有引力法則発見の逸話である「リンゴの木からリンゴが落ちるのを見て万有引力を思いついた」というのは作り話とされている。ただニュートンの生リンゴの木が存在したのは確かなようで、接ぎ木など様々な保存の取り組みが行われており、現在ケンブリッジ大学東京の小石川植物園などでその木を見ることができる。

ちなみにこれは全くの作り話というわけでもなく、実は話の出処はニュートン本人である。

彼と付き合いのあった人物が回想録の中で、『ニュートンリンゴの木の下でお茶してたら「重力について考えていた時もこんな感じだったな。どうしてリンゴはいつも下に落ちるのか。横とか上に行かないのはなんでだ?地球の中心に向かっていくのはつまり地球が引っってるということだ(以下略)」とニュートンってた』と書いており、リンゴの木を見ながら思考実験して重力のことを考えていたということらしい。

よって「ポトッと落ちるのを見てこれだと思った」は盛りすぎなのだが、ずっと重力のことを考えていた時には、リンゴの木もその視点で見ていた、ということなのだろう。

人物像

ユリウスにおける1942年クリスマスイングランドに生まれる。ニュートンが生まれる3ヶ前に父親のアイザック・ニュートン(同名)が死去、母親は再婚しニュートン族に預けられるなど、少年時代はあまり幸せ生活を送っていたとはいえなかった。の再婚に激怒し、「ごと焼き殺す」などと脅したことを悔いる本人のメモも残っている。

族の勧めでグラマスクール(文法学校)に通い、下宿先である薬剤師学関連の本に出会ったことで勉学に興味を持ち始める。その後大学勤務の叔父に才を見出され、1961年に19歳でケンブリッジ大学入学。講師の雑用係として学費を免除される「給費生」という立場だったことに加え、ネクラな性格のニュートンは周りの学生たちとなかなか打ち解けられなかったようだ。

大学生活につまづきかけたニュートンだが、恩師である数学者のアイザック・バローにをかけてもらい、優れた導を受けて1664年には奨学生の試験に合格、翌年には学位を授与される。大学に残ろうとしたニュートンだが、その年のからペストの流行で大学閉鎖されため実家に避難することになる。

実家に戻ったニュートン持ち前の引きこもりスキル大学での着想について思慮にふけり、運動法則万有引力法則学、一般二項定理、微積分など、自身の業績の大部分をこの1年半ほどの休暇で着想、発見している。

ペストが一段落してからは大学で教官職を経て27歳で教授職(恩師のバローから譲られた)に就き、35年に渡る学究生活を送ることになる。講義では自身が開拓した学を扱ったが難解過ぎてどんどん聴講者が減っていき、出席者0人というのもザラだったという。ちなみにケンブリッジ大学に飾られているニュートンの立像は手にリンゴではなくプリズムを持っている。

元来のネクラな性格と自己顕示欲の高さ、頑固さからか、この頃のニュートンはたびたび他の科学者たちといざこざを起こしている。微積分ニュートンと違うアプローチで発見したライプニッツと先取権について25年間(相手が死ぬまで)裁判で闘ったり、ロバートフックの分散と干渉の解釈や万有引力法則の先取権で対立している。

ニュートンに負けず劣らず偏屈だったフックとは特にしく対立した。フックの死後にニュートンが王立協会(現存する最古の科学学会)の会長になった後、フック一の肖像画が行方不明になってしまっており、これはニュートン政治的圧をかけたものと推察されることがある。その一方で、晩年のニュートンは自身の肖像画を描かせることに執心していた。

教え子だった財務大臣モンタギューの誘いで研究に区切りをつけ、1696年から偽造貨幣を取り締まる造幣局監事として自ら現場で手腕を発揮した。1699年には造幣局長官となり、1727年に亡くなるまで生涯この職を務めた。また国会議員も務めている。

づくりを取り締まる一方で自身は錬金術を熱心に研究しており、1979年の調でその遺からは錬金術の試であった水銀が多量に検出されている。また、経済学者ケインズニュートンの死から240年後(1936年)にオークションで競り落としたニュートンノート錬金術に関する記述がかなりの部分を占めていたという。

かつてはニュートンを崇拝する科学者たちにより業績や天才ぶりを恣意的に抽出され、科学者としてられることが多かったが、ケインズが発表した論文「人間ニュートン」では「ニュートン理性の時代に属する最初の人ではなく、最後の魔術師である」と評されている。当時はまだ、錬金術秘学などと科学化学)が近しい存在だったため、あらゆることに興味を持ったニュートン錬金術へ傾倒するのも自然といえるかもしれない。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/26(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/26(月) 15:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP